スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親としての自信を失くす

娘が産まれてから1年半が過ぎた。実のところこの間の記憶がなぜだかあまりない。双子達がご近所さんになったりとか、コミュニティーが変化してきたこととか、大きい出来事は覚えていても、細かいことは思い出せないのだ。特に子育てに関しては、おおざっぱにしか思い出せない。
1年半どうだったかと聞かれると、とにかく過酷で忙しかったとしか言えない。
娘の食にはすごくこだわり、ボートに住んでいるからと言って手を抜きたくなかったので、離乳食が始まってからはやることが更に増えた。冷凍庫がないというか、冷凍できるほどの一定の電力がないのでまとめて作ることができず、その都度手作りした。まあ、自分達の食事を作るときに取り分けておけばいいのだが、バランスよく食べさせてあげたいので手間が増える。
毎回茹でたり食器や鍋を洗ったりできるほど水もふんだんに使えないので、手作りのおやつもあまり作れず、考えた末、彼女のおやつは生の人参やセロリ、トマトなどになった。おかげで彼女はキャベツやリンゴなどをバリバリ食べてくれるので野菜を食べてくれないと困ることは未だにない。
困ったのは、すすとホコリだらけのオモチャだ。娘がなんでも口に入れ出す時期。冬は薪ストーブですすだらけ、夏は開け放した窓やドアから入るホコリで汚くなったオモチャを毎日拭き続けた。そして、もちろん床も毎日隅から隅まで拭く。水が思う存分使えないので、キッチンペーパーや濡れティッシュなどを大量に使う。なんだかお金がかかる。
そして、娘が日中狭いボートの中で長い時間を過ごさないように、色んなところに連れ出す日々。ゴミを毎日離れたところまで持って行き、コインランドリーに行ったり来たりして、やることが多いのに更に日々どうやってやりくりするか、どうやって水や電気を最小限に抑えるかなど考えながら毎日過ごしている間に、毎日が楽しいのか楽しくないのかさえ忘れてしまう。
それプラス、わたしは娘が1歳を過ぎてから仕事復帰した。パートで週2から3日だけだが、その分家事仕事が増える。もちろん旦那もがんばったが、旦那も薪割りや水の確保、定期的に壊れてくれるエンジンや発電機の修理などに追われて、育児の手伝いにも限界がある。

いつの間にか気がつくと娘が1歳半を過ぎていた。周りの同じ歳の子供達は歩き出しているが、娘はつかまり立ちすらしてくれない。というか、ハイハイもしない。わたしは娘がハイハイするのをとても楽しみにしていて、お尻にパンダやクマがついたレギンスを買っていたのだが、そのかわいいお尻が動いているのを見たことがない。いつハイハイを始めるのだろうかと毎日床をピカピカにして待っているのに、いつまでたっても娘はハイハイをしてくれなかった。彼女は座ったままいつもニコニコとオモチャで遊び、大好きな歌を歌う。
いつだったか、わたしがキッチンで作業をしてからラウンジの床で遊んでいる娘の方を見ると、娘がいない。あれっと思ったら、なんとバスルームの近くで座って遊んでいるではないか!
まさか、見ていない間にハイハイか立ち上がってここまで来たのか!?と思って観察していると、座りながら足を使ってお尻でズリズリと前に進んでいるのだ。
そう、娘はいざりっ子、シャフリングベビーだったのだ!
他の子よりも足が小さすぎるので、足の筋肉でも弱いのかと思っていたが、まさかお尻で移動しだすとは。。。。
周りはかわいいだの面白いだのと笑うが、わたしは心配で心配でたまらなかった。
ボートが酷く揺れるのと、狭い環境で娘は自分なりに生活に合った動き方をしているのかと不敏に思ったり、石炭やディーゼルの匂いで脳に障害でもあるのかと、毎日毎日ネットを見たりして心配した。
わたしが怖かったのは、1歳を過ぎたばかりの娘が保育園で覚えてきた歌を次々と正確にしっかりと歌うことだった。1歳半になり、歌のレパートリーも増え、英語と日本語でほとんど正確な音程で完璧に歌い上げる。自慢できるはずのこの行為が、なんだかとても恐ろしかったのだ。ハイハイもできないし歩けないのに歌は3歳児なみにしっかりと歌えるなんて、どこかおかしい。
この頃、娘と同じくらいの子供達は全員歩いていた。走っている子供もいた。
今まで一緒に遊んでいた友達が歩き出して、娘もそれを見て足でドンドンと床を叩いて悔しがったりするようになった。
そんな娘を見ながらずっと心配して泣いているわけにはいかない。わたしは近くの診療所に行き、保健婦さんに相談することにした。

娘を保健婦さんのところに連れて行く数日前、わたしは偶然に電気屋のSの逃げた元奥さんに町でバッタリ会った。彼女とSの間に産まれた娘さんはもう小学生になっていて、学校で毎日を楽しく過ごしていて、Sの元奥さんも小さいながらも国から与えられたアパートで平和に暮らしてるようだった。
彼女はまだボート暮らしをしているわたしを心配してくれて、娘のためにボート暮らしは早く抜け出した方がいいと言った。
わたしが、娘がシャフリングベビーで未だに歩かないと言うと、Sの元奥さんはびっくりした顔で「わたしの娘もそうだったのよ!しかも彼女が歩いたのは2歳半過ぎてからだったの!」と言った。そしてわたしと彼女は、ボート生活で自分の娘を窮屈な環境においてしまったのではないかということを話した。
もしそれが本当だとしたら、わたしは娘に酷いことをしているのではないかと自分を責めた。
わたし達がボートを買うと決めなかったら、もう少しお金があったなら。
考えても後悔しても、今の暮らしをこれ以上変えることはできなかった。
時間がある限り娘と外に出て、できる限り娘が健康でのびのびと暮らしていけるように尽くすしかなかった。
わたしの中では今の状態でのボート暮らしには限界があった。旦那もそれを感じていた。
そしてわたしは母親としての自信を完全に失くしてしまっていた。

次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、スカイさんの立場なら私も凄く心配する。旦那さんはその時どうだったのでしょう?ーまあ、いずれ歩くだろうだったのでしょうか。ボートは揺れるからそうやって移動するのかなあ。でもバランス維持が人並み以上になりそうですね。(笑)いやいや、失敬。ずっと立てないのかも!?と不安ですよね。
母親として自信無くすなんて、これから先もあるかもしれませんね、子育てって凄く責任あるし。ただ、ああ〜もう適当に勉強して元気に育っていけ〜。とも思いますよねね?この後、娘さんはどうなったのでしょうか……

Re: No title

ボート生活で、あれって思って気がついたのは、Junebugさんが言うみたいにバランス感覚がよくなってることです!
ボートが動いていてもわたし達は普通に歩けるのに、遊びに来てくれた友人達はヨロヨロしたりぶつかったりしてます。
ボートってわたし達が感じてるよりも結構揺れてるんだと思います。だから娘もSの娘さんもまだ立っちゃいけないんだって自然に体が思って立たなかったんですかねえ。
旦那も相当心配してました。ただ、わたしみたいに見るからに心配って感じではなくて、人前では「そのうち歩くだろう。」って気にしてないフリはしてました。なんでだか、どんなときも強がりな旦那の性格。。。時々ナゾです。
ねえ、本当です。適当に勉強して元気に育ってって〜って思います。そんな気軽さで本当はいいんですよねー。

そりゃあ当時はさぞかし心配だっただろうね…。
ネコの事ですら、毎日心配して会社へ行くわたしは、子どもだったらとっくにノイローゼになっていたかもしれないよ。
陽気な旦那さんでも心配するくらいなら、母親としてはよほど心配だったね。

ちなみに、ボートは意外に揺れないけどやっぱり揺れてるなあ〜〜と感じたよ!
日本は地震がしょっちゅう来るからか、あんまり違和感はなかったな!

Re: タイトルなし

自分のネコも子供も心配な気持ちは一緒だよー。仕事してる間って確かに色々と心配するよねー。守ってあげれるのって、自分達しかいないもんねえ。
あの時は旦那も心配してたよ。顔には出さないけど、ストレスだったと思う。

そう言えばよねっちはボートに泊まってたとき、ヨロヨロしてなかったね。ボートが動いてないのに揺れるから酔っちゃう人も結構いるんだよー。
揺れると確かに地震に似てるね。まあ、地震の方が揺れの予測ができないし怖いけど。。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。