スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強烈な双子兄弟

ボートに住み始めて、あっという間に5年がたってしまった。たかが5年、されど5年だ。わたしと旦那の友人達は未だに「まだボートに住んでいるのか。」と聞く。彼らにとっては子供もいるのにまだそんな風に自由にやっているのかと言いたい気分だろうが、こっちは遊びではない。マジメに生活しているのだ。
友人達は遊びに来てくれるたびに、ホリデーに来たみたいだと感激してくれるのに、「自分だったらこんなボートに住み続けるなんてムリだなあ。」とか「いつまでこんな生活を続けるんだ。」とか言ってくれる。分かってる。そこには深い意味はないのだ。彼らの正直な意見なのだから。
そしてその友人達を更にビックリさせるのはいつもボート仲間達だった。
彼らの毎日は日常離れしていて、どうやったらこんな風に何年も生きていられるのかと誰でも疑問に思ってしまう。そして友人達は彼らにどん引きなのに、お構いなしにフレンドリーに接してくるのだ。
5年前にボートに住み始めたときは、Wを筆頭にワイルド系の住民達が騒ぎまくっていて、彼らも怖いぐらいにフレンドリーだった。5年経って、仲間は半分以上入れ替わった。ワイルド系と言うかマッタリ系だが、それでも酒を飲んで毎日河原でワイワイと遊んでいる状況は変わらない。
ヤクザみたいなPからヒッピーの若者、ヤク中ではないがヤク中みたいにみえるオッサンや山で修行中のような身なりの小汚い格好の若者。みんな個性的すぎて、さすがのWでさえコミュニティーに戻って来なくなったぐらいだ。
そしてその中に、更に個性的な双子の兄弟がいた。歳は多分40から45、声もでかいし態度もでかいのにやけに人に気を使うし、気も利く。そして、なぜそこまで?と思うぐらいお節介だ。
二人ともいつも酒を片手に持って、身なりはまるで武者修行者のようなのだがとても人懐っこいので、いつも周りには仲間達が集まる。Pもよく彼らの面倒を見ていて、彼らはPの舎弟のようにどこにでもついて行く。
わたしがベビーカーをボートから下ろすのにあくせくしていると、いつも双子の片割れがやって来て、1人はベビーカーを岸の安全なところまで持って行ってくれて、もう1人は娘を抱えてくれたりする。
気になるのは彼ら、お風呂に入ったり服を着替えたりしないので、ちょっと臭い。娘を抱っこしてくれるのはいいが、彼女の服がなんだか臭うこともある。。。。
それでも娘はなぜか彼らが大好きで、顔を見ると機嫌よく笑うのだ。と言うか、娘、まだ1歳半だからかどうなのか、その辺で酔っ払いが叫ぼうが犬が顔中を舐めようが、全く気にしない。産まれたときからそんな環境なので、慣れてしまっているらしい。ボートのエンジンがかかっても、音楽ガンガンでも、眠くなったらぐっすりと眠るのだ。
と、話は逸れたが、とにかくこの双子の兄弟、存在も匂いもすごく強烈なのだ。
そんな彼ら、まるで世の中の雑草みたいな存在でありながら、なかなかすごいのだった。
二人ともかなり優れたアーティストで、某有名な本の表紙を書いたり、映画の仕事をしたりしていた。絵を描かせると、おおっ!プロだー!と叫んでしまうほど上手い。
娘がもう少し成長したら、絵を教えてあげるんだと彼らはいつも言ってくれる。
ただ、問題は生活能力がないのだ。
せっかく手に入れた仕事も酒を飲みながらやるのでクビになったり、仕事をやっとやり終えて大金をてにしても、一瞬で道楽に使ってしまう。彼らアーティストはオーディションを受けて仕事を獲得するらしいが、遊びすぎてそのチャンスを逃してしまったりと、結局いつも文無しでお腹を空かせてPやわたし達に食べ物を分けてくれとか、せこく5ポンドだけ貸してくれ、いや、1ポンドでもと言ってきたりする。
旦那は食べ物は与えるが、金だけは次が返って来るまで絶対に貸さない。Pはなんだかんだと彼らを甘やかしているようだった。
双子は仕事も金もないのに変な意地だけはあって、何があっても生活保護を受けようとしない。国に借りは残したくないとか、そこまで自分たちを下げたくないとか言うが、そんなにプライドが高いなら意地で仕事を見つけて来た方がいいのでは?といつもわたしは思う。

そしてある日、双子の知り合いがオーディションの話を持ってやってきた。
面倒なので受けないと言う双子兄弟に、旦那やPが激怒してムリやり受けさせ、とても簡単に仕事をゲットして珍しくスタジオにこもり、某有名な映画の仕事を終えて大金を手にすると、何を思ったか、前回登場のTOのボートを購入したのだった。
TOはなんだかんだと、結局ボートを予定の半額以下で手放し、晴れて陸の人間になってどこかに行ってしまった。最後の日、なぜだか夜中にこっそりと旦那だけに挨拶をしに来て、少ない荷物を彼の弟の車に積んで静かに引っ越して行った。
そして強烈な双子は、なんだかわたし達のご近所さんになってしまったのだった。
いいのか、悪いのか、静かだったボート周辺が急に賑やかになってしまった。
それから顔をあわせる度に、わたしに「ユーの旦那とPはオレたちにボートを与えるきっかけを作ってくれたんだ。オレたちは一生ユー達を守り続けることにしたんだ。」と言って来る始末。
困ってしまう。
そして、日本語で「忠誠を誓う!」って何て言うんだ?というので、その通りにおしえてあげた。
それからは、わたしの日本人の友人が訪ねてくる度に飛んで来て「チュー、セイヲ、チカウー!」とガッツポーズをするので、みんなビックリ。なんなのこれ?状態だ。
とにかく、ボートのドアを開ける度にそこにいるので、わたし達の友人も、彼らが面倒だからと言ってあまり来なくなってしまった。。。。
こんなんだから、「いつまでこんな暮らししてるの?」って言われてしまうのだ。

それでもわたしは、前よりもずっと居心地が良くなった。彼らは本当にわざとらしいくらい色んなことを手伝ってくれるし、どんなことも親身になってくれた。
地域の年寄り住民にわたしがイヤミを言われている時も、すぐにボートから出てきて助けてくれたし、旦那が出かけて帰って来ない夜は、発電機を中に入れてくれたりする。
ほとんど毎朝、コーヒーを作りたいからお湯を分けてくれと、バシャバシャとテムズ川ですすいだカップを渡されるが、(最初は本当にビックリした) それも日課になっていた。彼らが朝出てこないとなんだか心配になる。

いつも貧乏でボート仲間達のレベルも世の中の範囲で見たら低いが、わたしの中では自慢の仲間達だった。
ボートに住み始めたころから日本人の友人達に「本にしたら?」とか、「ブログを書いたら?」とか言われることが多かった。その度に、そんなことは絶対にしないと言い続けていた。マジメなボート生活を好奇心だけで笑って流されるのがイヤだったのと、貧乏で惨めな生活を書いて、わたしのことを毎日心配している親を悲しませたくなかった。
それでも、双子兄弟がご近所さんになった頃から、理解してくれる人達が少しでもいてくれるなら、こんな生活がありこんな人達が一生懸命生きてると伝えたい気持ちになり始めていた。
大きな世の中でほとんど価値のない小さな存在が、わたしの中では世界に一つの大きな存在なのだ。
それでもこの頃、わたしはまだためらっていた。
変わった生活をしているくせに、わたしはいつも何か始めるのが怖い。
自由奔放に生きている双子兄弟に助けられる日々の中、わたしは彼らに何ができるのだろうかと考えるようになった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あー!変なサイトに飛ばなかった!ちなみに新しいこの記事のコメントは前回のコメント欄に書かせて頂きました〜。

Re: No title

変なサイトに飛ばなくて良かったです。旦那のスマホからテストしてみたんですが、特に異常はないようで、でもブログサービスに問い合わせのメールを送ってみました。
ブログやってる割にはテクノロジーに弱くて、あまり使いこなせてないので、ちょっと不安ですが。。。。
世の中に色んな物が普及する分、対処することも増えて困っちゃいますね。

ブログ面白いよ〜〜

スカイさんがブログを始めてくれて、本当に良かった。
読んでいて面白いし、文章も昔見せてもらった時より格段に上手くなっている!
英語が上達するのはわかるけど、日本語のレベルがアップするのはなぜ?(笑)

Re: ブログ面白いよ〜〜

よねっちにそう言ってもらえると嬉しいよー!ありがとう!
書くのは大好きで、昔からどうでもいい事書いてみたりはしてたけど、手書きじゃなくてタイプする方が断然楽だなあ。漢字が大の苦手項目だから、自動的に出てきてくれるのも助かるんだよー。
きっとあたしの文章力ではなくって、テクノロジーのお陰なんだと思うよ。使いこなせてない方が多いけど。。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。