スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の悲しみ

2011年9月中旬、それは突然やってきた。
なんでもない普通の朝だった。旦那は仕事に行き、わたしは娘に朝食をあげていた。
珍しいことに義姉から電話がかかってきたのだ。義姉は旦那に電話をしても、わたしにかけてくることなどない。どうしたんだろうと思い電話にでると、旦那に電話をしても応答がないのでわたしにかけて来たのだと言い、「マム(お母さん)が死んだかもしれない。」と言った。
寝ている間に心臓が止まり、朝には亡くなっていたのだそうだ。
誰よりも元気で良く働き、世話好きで頼り甲斐のある義母だった。前日までピンピンしていたのだ。誰がその夜に亡くなってしまうなんて想像できただろう。
言うまでもなく旦那はパニックになり、Pが車を出してくれたお陰で、なんとかその日は早いうちに旦那の実家に向かう列車に飛び乗ることができた。
こんな時は、ボート仲間達は本当に頼りになる。帰りがいつになるか分からないわたし達のために、留守の間ボートを見てくれるし、何かあればすぐに連絡が来る。

義母が亡くなった最初の一週間はイギリス版ドッキリカメラかもしれない、そうであって欲しいと願い続けた。葬式などが始まって、やっと事実と向き合うようになった。そして悲しみと同時になぜか怒りまで込み上げてくる。歳をとってからも孫達の面倒をみて、自分の旦那のために家事を完璧にこなし、その上子供達の心配までして、どうして自分の旦那よりも10歳も若いのに先に行かなけれないけないのだろうか。
義母はボート暮らしのわたし達の貴重な理解者のうちの一人だった。クリスマスになると、湯たんぽや携帯ラジオ、保存のきく缶詰などボート生活で活躍しそうなものを買いためてたくさん持たせてくれる。娘のために細々とした赤ちゃん用品からおもちゃまで、どこかで見つけては買ってきて次に会う時まで渡すのを楽しみにしていた。わたしの母が来た時は、母に娘をいっぱい抱っこさせてあげて、「自分はイギリスにいて、日本にいる彼女よりも多く孫娘にあえるから。」と言っていた。それなのに、義母が楽しみにしていたわたし達の娘の初めての誕生日の2週間前に帰らぬ人となってしまったのだ。
ボート生活が辛くなって義母の元に長く滞在したときも、ずっとわたしの世話をして気にかけてくれた。不便な生活の中で義母がいる家はわたし達にとって憩いの場所だった。彼女がいなくなってしまった家は、もう前と同じように寛ぐことはできない。
旦那や家族はわたし以上に混乱と悲しみの中にいただろう。わたしですら立ち直るまで時間がかかったのだから。

最愛の母を亡くして旦那は弱気になってしまったようだった。ボート生活が少し行き詰まると、もうこんな生活をやめて家に住みたいと言うようになった。貧乏でタフな生活は、仲間がいて楽しいときは張り切って毎日を過ごすことができるが、精神的なダメージをうけると、がんばる気力が薄れてしまう。しかも、じゃあ家に移りましょうかと言ってすぐにできるわけではない。ボートのローンと家賃の二重払いは到底ムリだし、ボートを売りに出してもすぐに売れるかは分からない。旦那はこれからのことを考えるのすら困難なようだった。
それでも冬はやって来る。薪割りやら、水汲みやら、寒さの中やることはやらなければいけない。義母のいないクリスマスをやっと乗り越えて、ハッピーとは言えないニューイヤーを過ごし、春が来るまで相当辛くて悲しい思いをしていただろう。それでも、旦那はわたしや娘の前では絶対に泣かなかったのだ。
わたしもまた、子育てをしながらの冬のボート生活は辛かったが、旦那にそれを愚痴ったりイヤな顔を見せないようにして過ごした。旦那のために、状況を何も知らない娘のために、できるだけいつものように、普段のようにと思いながら毎日を送っていた。

ある時ふと思った。
義母はボートで暮らしているわたし達をどんな風に見ていたのだろう。楽しそうに見えていたのだろうか、それとも大変そうだと思っていたのか。言いたいことや助言したいことはたくさんあっただろうに、黙っていつも理解を示してくれていた。気苦労はかけていなかっただろうか。
何をどんな風に思っても義母に問いただすことはできない。
今わたしと旦那ができることは、義母が良くやったと喜んでくれるように、毎日精一杯暮らしていくことだけだ。

長い長いわたし達の冬はまだまだ続く。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

理想的なこの世の去り方かもしれません、でも残された家族にとってはあまりにも急で受け入れるは大変だったでしょう。スカイさんに義母様の亡くなり方はよく聞きます。私の友達の元気な祖母も翌朝亡くなっていた…と。よく努力して普通に振舞おうとされましたね!偉い。2人して落ち込んでいても確かに前に進みませんもんね。うちは義母がもう80越してますので、いつそのようになってもおかしくないなあ…
またまたボート仲間に感謝!ですね。
義母さんは、「大変そうだけど楽しこともあるボート生活だな、家で暮らしても大変なことあるし同じか?」とみてたかも。

Re: No title

Junebugさんのコメントにいつも癒されます。
そうなんですよね。苦しまないでこの世を去ったんだと思うことが唯一の救いですが、家族は「なぜ?」という気持ちのままずっと暮らして行かなければいけないんですよね。
義母はそうですね、大変だけど楽しそうにしてるって思っていたんでしょうかねえ。

義理のお母様が80を越されてるんですね。ずっとお元気でいてくれるといいですね。
わたしも自分の両親ももちろん、残された義父を大切にしないとですね。

No title

自分の文章が、読みにくいことになっていた!読み返したと思ったんですが。私の両親は健在で、父が来年80歳です。小さい頃は両親が歳をとるとか考えてもなかったれど。
義母は一人暮らしですが元気なほうです。目もみえるし、数年前まで運転もしてた。最近、遺言状の書類制作に立ち会ったんですが不思議な気分ですね。でも大事なことかも。
まあ、自分たちが先にいかないようにするのも親孝行でしょうかね。

Re: No title

そうですよね。小さい頃は自分の親が歳を取ることなんて本当に考えてもなかったですよー。お父様が来年80歳ってことは傘寿ですね。何か大きいお祝いをしないとですね!
遺言状の書類制作に立ち会うなんて、なんだかドラマみたいですね、って、確かにこの国ではやるんですよね。後のことを考えたら大事なことですよー。
確かに、親よりも先にいかないでいるのも大事な親孝行です。お互い健康に気をつけて親を悲しませないようにしないとですねー。

本当に突然だね…

お義母さん、良い人だったんだね。
スカイさんも、大事にされていたんだね。
よく嫁と姑は上手くいかないとか聞くから…。
しかも、ボート生活に理解を示してくれるなんて、考えが自由な方だったんだね。
愛する者を失った悲しみは、時間しか解決方法がないよね。
わたしも最近漸く普通の生活が送れるようになったけど、スカイさん一家はそんな辛い気持ちのまま、ボート生活をするのは、かなり大変だったと思う。
自分は当時は1ミリも動くこともできなかったよ。
お義母さん、天国で娘ちゃんの成長を見守ってくれているだろうね。

Re: 本当に突然だね…

そうだね。義母がいい人だったのは本当にラッキーだったよ。よき理解者だったし。
悲しみってだんだん悔しい気持ちに変わって諦めにかわるんだね。時間って色んな風に物事を解決してくれるね。
よねっちも本当に良く今まで乗り越えてきたよ。これからももっともっと時間はかかるよね。
本当に、お互い天国で見守ってくれてると思って日々やっていこうね。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。