スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地のお母さん達が怖い。。。

わたしのイギリス生活が少し長いからと言って何でも知っているわけではない。特に育児サークルや子供グループなどとは今まで無縁だったので、どこに行っていいかすら分からない。
とりあえず、近くの地域センターなどをネットでチェックして赤ちゃんを遊ばせるようなグループをいくつか抑えておいた。かと言っていきなり飛び込むのも勇気がいるので、日本人用のコミュニティーのサイトから近くのグループを見つけて参加してみることにした。

日本人のお母さん達はみんな優しくて、とても話しやすい。お陰で精神的にも楽になってきた。少人数のグループだが、娘と同じくらいの子供から話ができるくらいの子供までいる。居心地がいい。
何度か通ううちに楽しくなってきたので、その勢いで現地の子供グループに参加することにした。
初めてで緊張していたが、特に問題なく小さな娘を遊ばせることができた。狭いボートと違ってスペースもあり玩具もたくさんある。他の赤ちゃん達も周りにいて娘は楽しそうだ。
4、5回通うと同じ年ぐらいの赤ちゃんがいる人たちと少しづつ話すようになった。挨拶をかわしたり、短い会話をしたりしだしていい感じだ。

ある日わたしはボートの外で娘を抱っこしながらボート仲間数人と話をしていた。そこを現地の子供グループで少し話をするようになったイギリス人のお母さん2人が子供をベビーカーに乗せて前を通りかかったのだ。
彼女達はわたしを見て「あら!」と言うような顔をして、わたしも散歩中なのかと尋ねてきた。
わたしはちょっとご近所さんと話をしているのだと言うようなことを言うと、彼女達はボート仲間達ともいい感じに話をして、わたしに「ボートに住んでるなんてステキね。」と言って、笑顔で去っていった。
ボート仲間達は、「感じのいいママ友ができて良かったじゃないか。」と言ってくれて、わたしもなんだか分からないが、ちょっと嬉しい。
翌週に気分を良くして張り切ってグループに行くとあの川原で偶然会ったお母さん2人がいるので、ハローと挨拶しに近づいたら、完全無視。目も合わせてくれない。
なんだ、どうしたんだろう?
少ししてわたしは思った。ああ、そうだった。わたし達は地域の新聞に酷いことを書かれて、テムズ川のジプシーだとレッテルを貼られたんだった。誰もそんな変わった人とは付き合いたくないし、子供にも付き合ってほしくないだろう。
日本人のお母さん達が大らかで理解力があったので、ボートの話をしてもみんな快く聞いてくれていたが、この界隈に住んでいて事情を分かっていたらそうはいかなだろう。
わたしは急に寂しくなり、その子供グループに参加するのを止めてしまった。
小さい娘には広い場所で遊んでもらう機会を作ってあげたいので、わたしは他のグループに通いだした。赤ちゃんマッサージや童謡を歌ったり、読み聞かせなど無料のイベントはできる限り全て参加した。その際はどんなによく話をするようになっても、他のお母さん達にはボートに住んでいることは一切言わないようにした。
外に出るときも、中に入るときも、辺りを見回してから行動するようになった。
旦那もボート仲間も、そんな人達は気にしなくていいと言うが、そうはいかない。自分一人だけならわたしもいちいち気にしないが、娘のことを考えると彼女には嫌な思いをさせたくない。まだ小さいから分からないと周りは言うが、その小さな子供達もどんどん大きくなって、親とまったく同じことをしだすのだ。

この頃、わたしはボートに住んでいる貧乏家族という自分の現状を恥ずかしいと思うようになっていて、少しずつ自信をなくしていた。いつの間にかボート生活から抜け出したいと考えるようになっていた。
今思えば、旦那やボート仲間達が言っていたことは正しかったのだと思う。わたしの生活を偏見の目で見るような人がいても気にすることはなかったのだ。仲良くなったママ友の中には、わたし達の生活を尊重してくれて、手助けしてくれる人もいてくれるのだ。
そんな貴重な暖かい友人ができるまで、わたしは一人で人目を気にしながらビクビクとボート生活をしていたのだった。
それでもどんなに不安で辛くても、人にはそれを見せないようにしていた。娘のためにいっぱい明るい歌を歌い、小さなことでも声を出して笑うようにした。
そんなわたしを旦那は、彼が仕事をしている間、ただのん気に子供を遊びに連れ出すだけなので平和でいいなあと思っていたようだ。それこそのん気である。

この時期わたしはある意味孤独で、逃げ場がなかった。
そして、あっと言う間に辛い冬が近づいていた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よく極端な無視なんて、できますね!こっちから願い下げ!と強気になれるといいけどなかなかですね…
私は時々自分に「私は私。他がどう見ようが知ったことか」と言い聞かせる時があります。
母親(父親も)は子供を精一杯守ろうともしますよね、出来るだけのことをしてあげようとしますよね。こういう極端な人達から守ってると思えばいいですよ。言うのは簡単ですが…
冬場は辛かったんでしょうね、私の憶測ではPさんが救ったのでは…

異国での育児は大変だね(>_<)

そうかあ〜〜、そんなことがあったんだね。
それは辛かっただろうね。
どこにでも、偏見の目で見てくる人はいるよね。
自分がガマンすればいいだけなら良いけど、お嬢さんになんか降りかかると思うと気が気じゃないよね。
ママ友って難しそうだな…。

Re: No title

そうですよね。でも、こんな人がいるってことは、わたし達ボート仲間達のことをよく思ってない人がたくさんいるんだろうなあって、その時は怖くなってしまいました。
わたし達よりも、関係の無い娘が被害にあうんじゃと思っちゃいました。でも今は確かに、「自分は自分」って言ってあげてます。
冬は辛かったです。その通り、Pにはたくさん助けてもらいましたー。

Re: 異国での育児は大変だね(>_<)

そう、あの辺りはちょっとキツかったかなあ。
周りの目って気にしなきゃいいんだけどねー。娘を想うとどうしてもねー。

ママ友ってねえ。。本当は今でもどこまで付き合ったらいいかとか、人種によって付き合い方も違うんだろうなあとか、分からないことだらけ。尊重するようにはしてるよー。いい人もいっぱいいるしねー。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。