スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春が来て、コミュニティーが変わっていく

2011時、4月。またテムズ川にも春がやって来た。
3月までに立ち退けと警告が出されたのに、あれはなんだったのかと思うぐらい役所からは何の音沙汰もない。その代わり、ボートコミュニティーが少しずつ変わりつつあった。
ボート仲間の間では、好き放題勝手なことをやり過ぎてどちらかと言うとどうでもいいような存在のALという男が、酷く古くて大きなボートを2隻も手に入れて、「テムズ川で格安で夢のような暮らしをしよう!」とどこかに張り紙をして阿漕な商売を始め、コミュニティーのすぐ目の前に居座り出したので、それに飛びついた若者や学生たちが増えだした。
ボート仲間達も仕事をしてないようなものなので、若者達と仲良くなったりして、すっかり浮かれている。
Wがいなくなって静かになったと思ったら、休みなくまた賑やかになった。
旦那はすぐに新しい仲間に飛びこむタイプではないので、気にしていないような素振りをしながら少しずつ様子見で中に入って行っているようだ。そんなことよりも、少しは育児のヘルプでもして欲しい。
外に出ると座禅を組んで瞑想している若者や、花輪を頭に乗せたヒッピーから、大きなキャンパスに不思議な抽象画を書いてるものまで、コミュニティーは春と共に天国になってしまった。。。。
わたしはその中でほとんどいるかいないかの存在で、時々ヒッピー達の横を娘を抱っこ紐で抱え、大きなゴミ袋を両手に抱えて通り過ぎているだけだ。
彼らは特に自分達以外のことには興味がないらしく、たとえボート仲間の誰かが困っていたとしても気にもしない。
時代も少しずつ変わるものだなあ。
そんなことをと思っているある日、ワイドスペースの大きいカナルボートに住むPと言う男がいきなりやって来てコミュニティーに居座った。
彼は45から50歳ぐらいのイギリス人で、体格がよく、頭は丸刈りで、怖そうだけど優しい目をするヤクザの親分を思わせる風格だった。ボートには同年代ぐらいの彼女と犬と一緒に住んでいる。そしていつも似たような風格の友達や子分みたいな人達がボートにやって来る。
なんだかよくわからないが、すごく気前がいい。ボート仲間や若者全てにテイクアウトの中華をご馳走したり、お酒を振舞ってパーティーをしたりする。
そして皆に優しい。ほぼ引きこもり気味でどうでもいいような存在のわたしにすら気をかけてくれる。
旦那もPは宝くじでも当たったんだろうか?それにしても太っ腹だしいい奴だ。と絶賛だ。
いつの間にかみんなPのボートに集まるようになり、ボートコミュニティーにまたまとまりが戻って来た。
若者達でさえ、わたしが通りかかると手を振ってくれるようになった。
なんだかPの影響力がすごい。

コミュニティーの状況も少しずつ良くなり、暖かくなってわたしの気分も良くなってきた。
川の流れを気にしなくてもボートを動かすことができるようになって、少しずつ薪ストーブも使わなくなったので、少し楽になる。
わたしは出産後7ヶ月目にして初めて何か行動を起こしたいという気になった。
長いようだがあっという間だった。毎日育児と家事、ハードな冬のボート生活に追われて、やることがたくさんあったので、それはそれで充実していた。それに小さな可愛い娘を毎日独り占め感覚で世話をするのも楽しかった。できればこのまま引きこもって娘といてもいいくらいなのだが、そうはいかない。娘だって春の空気を吸って自然に触れたいだろうし、他の子供達と触れ合うことも必要だろう。
そろそろわたしも外の世界に出なければ。

春と共に少しずつ色んなことが変わりつつあった。
もしかしたら何かいいことがあるかもしれないとすら思った。
でもいつものように、そんなわたしの予感は外れた。
今思えば、この春を栄にボート生活は変わっていったのではないかと思う。
わたしはこれからのことなど深く考えず、その時はただ「今」だけのために生きていた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

瞑想する者…お花の冠のヒッピー…なんか面白くないですか!?いや〜、色んな人達が垣間見れて楽しいかも。周囲に被害を(暴力とか)もたらさないとこ、いいかも…そのPさんは良い人っぽいですね、周囲に良い影響を与えるなんてなかなか出来ることではないと思う。
子育てしていると、自分のことは最後になってしまうでしょうから、時間が過ぎ去るのは早いでしょうね。でも、これからのことを深く考えないように…というのは旦那さんに似てきた??
なんか春って新しいことの始まりって感じですよね。これは日本人だからそう感じるのでしょうかね。

Re: No title

ヒッピー達が出現した時は、わたしも面白い!と思いました。確かに暴力とかするタイプじゃないです。まったく正反対な感じです。平和が一番ですよねー。
Pは本当にいい人です。今でも頼り甲斐があって、カリスマ性もあって、状況が変わっても彼自体は変わらずこれからもやっていくんだと思います。
なんだかだんだん環境になれてか、頭がぼうっとしてるのか、今やることで精一杯だからか、あのときは本当に先のことは考えないようになってましたねー。でも本当はただ旦那に似てきただけかなあ(笑)

春ってやっぱり日本人だからですか?新しいことの始まりですよね?新しく芽がでたり、緑が茂ってきたり。でもどうしてイギリスは9月が始まりの時期なのかさっぱりわかりません。旦那は一年の始まりは元旦だ!って言ってますが。。。。春はまた違う意味で始まりなんですよねえ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Wがいなくなったと思えば…

Pさん、親分て感じだね!
なんやかんやでコミュニティーの人たちも入れ替わるんだね。
こどもが産まれて、たくさん苦労しただろうに、やっぱり動き出そうと思うのが春なのは、日本人特有なものなのかな…。

Re: Wがいなくなったと思えば…

Pは親分だよー。人にはやっぱり親分気質ってあるんだろうねえ。
ボート生活は特に人の移り変わりが早いような気がするなあ。長く続く人と、そうじゃない人が同じぐらいの割合でいるからかなあ。
春ってやっぱりなんかしようって思うよねー。
春が始まりって国は日本の他にもいっぱいあるのかなあ?
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。