スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち退きの警告が出た


わたしはよほど疲れが溜まっていたのか、安心したのか、旦那の両親の家では初日から丸3日間高い熱をだした。
義母はわたしの世話から娘の世話まで献身的にしてくれて、わたしは時間になるとベットの上で娘に母乳をあげるだけで良かった。おかげでわたしはかなり回復して、クリスマスには旦那も来て、家族で楽しいクリスマスを迎えることができた。この時ばかりは、わたしはボート暮らしのことをすべて忘れるようにしていた。
わたしがリラックスしているからか、娘がそんな時期なのか、クリスマスが終わったあたりで娘の泣く量が急に減った。わたしと旦那の仲も回復していった。
娘が産まれてから初めての年越しは、ボートで家族3人、ボート仲間達に囲まれながら過ごしたいという旦那の希望で、わたし達は年越し数日前にボートに戻ることになった。

帰省日の前日、ボート仲間から連絡がありコミュニティーのボート全てにお役所から立退きの警告の紙が貼られたのだという。なんともご丁寧に彼らは護身用にリバーポリスを引き連れてやって来たのだそうだ。ボート仲間達は見た目は小汚く、騒ぐのが大好きだが、基本的に草食動物タイプなので、怒る人も反論する人もいない。黙って警告を受けるだけだ。
警告の紙には、3月までに立退かないと罰金をとるか法的手段を取るということが書いてあった。なぜ3月かと言うと、冬場のテムズ川は流れが早く、満潮と干潮の差も激しいので、安全上ボートを無理やり動かさせることはできないのだ。
実は昨年もこの時期にまったく同じ警告を頂いた。でも、コミュニティーがある場所は誰か個人の土地でお役所の管理下にないので、法律というものが存在しなかった。ただ、近くの住民達、ほとんどが長く住んでいるお年寄り達がコミュニティーの存在を良く思っていなかったので役所に文句を言った結果だった。
とりあえず旦那はいつものことで、法律が確定しないうちはどんなに脅しを受けても動く権利はないから心配ないと言った。
問題はこの後だった。
わたし達がボートに戻るとボート仲間の1人が地域版の新聞を持ってきた。ありもしないようなことが事実のように書かれ、わたし達ボート住民は「テムズ川の海賊」などと表現されている。しかも、違法滞在者の外国人をかくまっていて、子供もいると書かれている。
あれ?ちょっと待った。このボートコミュニティー、完全なる外国人ってわたしだけではないか。ってことは、子供がいる違法滞在者とはわたしのこと?
旦那に聞くと、わたしは旦那と結婚して正当なビザを持っているのでわたしのことではない、と言う。
いやいや、どう考えたってわたしのことだろう。
と言うことで、もともと近くの住民には良く思われていなかったわたし達だが、新聞記事のせいで、わたし達のことを知る地域住民の範囲が広がってしまったのだ。

わたし達は誰も冬の間はどうすることもできなかった。
わたしと旦那はメールや電話、時には徒歩で停泊場所を探しまわったが、空きがないのだ。あったとしても、高い。異常に高い。ボートのローンを払いながら払える額ではない。こんなんだったら、結構いい家に住めるか、小さいマンションが買える勢いだ。やっと見つけても、遠すぎる。環境はいいだろうが、旦那は確実に仕事を辞めて新しい場所で職探しをしなければいけなくなる。
娘のギャン泣きも落ち着き、旦那との仲もようやく元に戻ったのに、また次なる問題がやってくる。考えるだけでストレスになるので、春まで何も考えないことにした。それでなくても、冬のボート暮らしは過酷なのだから。

そのころ、コミュニティーの中でWは一番安心できる位置にいた。過酷な冬もほとんどAのところにいたので乗り切ることができた。そして、コミュニティーの場所が面倒なことになってきたので、Wはさっさと自分の大きなボートを売り、釣り用の小さいボートだけで身軽に動き回ることになった。
わたしも娘を抱え、水も汲みに行けずトイレも汲み取れない状況で大変だったので、何度かAの家に寝泊まりして自分を充電しながら、なんとか春まで過ごした。

どうか春には地域の人々が、小さい記事になったわたし達ボート住民のことを忘れて欲しい。わたしは冬中そんなのことを願っていた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわ〜、知りもしないで記事を作り上げる。嫌ですね。事実を知らず、決めつけてしまうって怖い。
クリスマスを旦那様の実家でゆっくりと過ごせたのは良かったですねー!疲れですよ、疲れ、その高熱は。

ボートの停留って、時期とか場所とか、場所取りが意外や大変ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

そうなんです。でも、ボート仲間達はどんなことを記事にされても何も言わないんですよ。なんでだろう。。。?
あの年のクリスマスは久々にゆっくりできました。疲れると免疫力が低下して熱が出るんですかねえ。

ボートの数が停泊場所よりも多いんですよね。特にロンドンは。それで、不動産物件のように場所代も値上がりしていくんですよねー。やっぱり人生、お金ある人が勝っちゃうんですかねえ。。。

次から次へと大変だ〜

クリスマスはゆっくりできて良かったね!

ボートの停泊場が少ないのに、どうしてボートのライセンスだけバンバン発行するのかね…。

Re: 次から次へと大変だ〜

ボートを所持してるってことは、お金を払ってライセンスを取るのが義務だからねえ。。。
場所がないのにどうしてボートを作るんだろう。。。っていうのもあるけど、ボートを作るのが商売の人は儲からないもんねえ。
停泊場所をもっと増やしてくれたら一番いいんだけどねえ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

7月12日、16日、17日に秘密のコメントをしてくださった方へ

大変丁寧なコメント、本当にありがとうございます。
どうやってお返事をお返ししようかとすごく悩んだのですが、コメントの返信から返答することにしました。
ご期待に添えることはできないかと思われます。本当にすみません。
ブログを見てもらって本当にありがとうございます。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。