スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしが母にするべき、たった一つのこと

ボート生活での子育てが始まって1ヶ月経とうとしていた。わたし達がNAの善意で借りていた停滞場所も期限が過ぎるので、ボートをまたコミュニティーの場所に戻すことになった。
コミュニティーの仲間達はいつもと変わらず、川辺で呑んだくれて騒いでばかりだが、わたし達がボートを停めるのを手伝ってくれたり、娘を見に来てくれたりと仲間意識は強い。
生真面目な母は、川辺で寝そべったり座り込んで雑談している仲間達に深々と頭を下げ、「娘がいつもお世話になっています。」と丁寧に日本語で挨拶し、お土産に買ってきた扇子やタオルなどを差し出している。ホームレスなみの身なりの仲間達もびっくりして立ち上がり、なんだか一緒にお辞儀をしている。
なんなんだか、一体。。。。

わたしの状態といえば、体力的にも精神的にも悪化していくだけだった。旦那とは出会ってから今まで、こんなにケンカしたことはなかった。母はわたし達の怒鳴り声と娘の泣き叫ぶ声ですっかり滅入ってしまい、人一倍おとなしいのに、更に無口になってしまった。
これでコミュニティーに移動して電気も水も制限される生活にはムリがあった。
そこで旦那は育児休暇を1週間早めに取って皆で彼の実家に行くことにした。母もわたし達の結婚式以来旦那の両親に会っていなかったし、旦那の両親にも孫を見せてあげたかった。
せっかく母が日本から来てくれているのだから、途中で湖水地方にでも寄って一泊して行こうかと話していると、貧乏夫婦のわたし達に気を使ってか、母が全額負担するので好きなだけゆっくりしなさいと言ってくれた。

車で6時間の道のり。娘はとにかく泣き続けた。湖水地方も素晴らしかったが、せっかく旅行に来たのに、わたしは気が立ってイライラしてばかりで一日中旦那とケンカばかりして、母のこともほとんど無視し続けた。心配ばかりかけて旅費さえ負担してもらっているのに、素直に母に接することさえできないわたし。。。
そのまま義理の両親に会いに行き、義母は母をとても気遣ってくれた。わたしは機嫌が悪いのを隠していたので、すごく疲れてしまった。
それでも、義理の母が孫が多い分慣れているようで、娘の面倒をよくみてくれたし、ゆっくりとお風呂に浸かったりできたので、皆の気分は少し楽になったようだった。

母が帰国する数日前にボートに戻り、またボート生活が続く。
母は水を節約しながら洗い物をして、ギリギリまでシャワーを浴びるのをためらい、顔もメイク落としで拭くだけなどして、本当に精一杯わたし達の生活を尊重してくれた。
そしてこれでもかと言うぐらいわたしの大好物をたくさん作ってくれた。
母の滞在中、彼女のストレス解消は週に一度旦那に連れて行ってもらうスーパーでの買い物と、日本食品店での買い物だったようだ。その度に週に一回発行される日本人用の無料情報誌をもらってきて、丁寧に目を通していた。
それから毎日、毎日、娘が寝入った顔を本当に愛おしそうにいつまでも見ていた。
母が帰ってしまう。わたしは色んなことを後悔した。そしてそれを埋めるために何を母にしてあげればいいのかさっぱりわからなかった。
それなのにわたしは母が帰る日の朝ですら、泣き続ける娘のあやし方が乱暴だと母を責めて困らせた。実際、ちょっと揺らしていただけなのに、わたしは娘に関することは何もかも心配で不安だったのだ。今思えば、かなり過剰だったと思う。
空港に着き、いよいよ母ともお別れだという時にわたしはやっと母に「酷いことをいっぱい言って、旦那とケンカばかりして心配させてごめん。」と初めて誤った。
母はわたしのおかげで普通の人が体験できないような経験をして、孫に会え、行ってみたかった湖水地方にも行き、旦那の兄弟や両親達に会えて本当に良かった、わたしにはたくさん迷惑をかけただろうけど、来て良かったと言った。
わたしはなぜだか、絶対に泣かないようにした。本当はすごく泣きたかったのに、一生懸命に堪えた。
旦那は別れ際に母にハグをして、「サンキュー、体に気をつけて。」とゆっくり何度か繰り返した。
娘はこんな時ばかり、わたしの腕の中でよく眠っている。
旦那は、わたしと母がキスやハグさえし合わないことにヤキモキしているようだった。
毎回わたしが家族に会ったときも、別れる時も、なんでいっぱいハグをしないのかと不思議がる旦那。。。。
旦那には説明してもわからないのだが、わたし達はハグをしなくてもキスを交わさなくても家族の絆は変わらないのだと分かっているのだ。たとえ、こんな風にぎこちなく別れる時でも。

母がセキュリティーチェックの入り口に向かって行く。成田空港には弟が迎えに行くことになっていたので安心だが、わたしはギリギリまで母が無事に搭乗口までたどり着き、日本行きの飛行機に乗れるか心配した。
母は「大丈夫、大丈夫、あんたこそこれから大変なんだから、しっかりしなさい。」と言ってから静かにゲートの中に入って行く。
姿が見えなくなる直前に母は何を思ったかこちらを振り向き、わたしはすぐそこにいるのに大きく片手を振りながら「ありがとうー!」と言った。そしてそのまま中に入って行ってしまった。
涙がボロボロとこぼれ出た。
わたしは母に色んなことをしてもらい、「ありがとう」さえ言っていなかったのだ。
旦那ですら「サンキュー」って言っていたではないか。
どんなにたくさんの「ごめんなさい」よりも、わたしが母に言わなければいけなかったことは、たった一言「ありがとう」だったのだ。

帰りの車の中でわたしは声を出して泣き続けた。
旦那は娘がおとなしいと思ったら次はわたしかと、どうでもいいことを言った。
母が帰ってしまった。
次に会う時は、もっともっと母を大事にしようと誓った。そして、今度こそはちゃんと「ありがとう」を言いたいと思った。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

いや〜涙がホロリとでます。お母様が私の母親と似ているなあと思いました。あっ、でも注意はしてくるかな。
私がいまとっさに思い出したのが、結婚して日本を去る時に父親に「今まで有難うございました」と言った時に涙が溢れました。母は一生懸命こられえていたようですが、涙が見えてました。とにかくひたすら「ありがとう」と言って手を振りました。あー、だめだ。書いてて涙がでる。まだ健在ですが、歳をとっていくのを見るのは辛いですね。
その後、ありがとうが言えました〜?

泣きそうになった

スカイさん、そっちでアップするとこっちは朝の通勤時に読むことになるんだよ(笑)
電車の中で泣きそうになっちゃった。
自分が入院したとき、父母が来てくれて、帰らないで欲しいと思ったのを思い出したよ。
お父さんもそうだけど、お母さんは大切にしようと思ったよ。

No title

もぅ、涙ボロボロだよぅ。
今日は久々にお化粧してお買い物に行こうと思ってたのに、出掛ける前に読んだら、、、、お化粧した顔がモンスターになっちゃったぞ。
津軽衆って意地っ張りだからね。それに言葉もキツイ。でも中身はあったかい人達なんだよね。素直になれない津軽衆なのよ。
いくらケンカしても、お腹で40週もいっしょにいた自分の娘のこと、一番理解してるし、言葉にしなくてもわかってるはず!!
あっ、でも時には言葉も必要だよ。私も素直に言えないけど。。

Re: No title

分かる!分かります!コメント見ていて頷きながらジーンときちゃいました。外国にお嫁に行ってしまう娘を見送ったときのご両親は、色んな思いで胸がいっぱいだったでしょうね。これだけで短編ドラマができそうなぐらい感動的なコメントありがとうございます。
確かにその通りです。両親が、特に母親が歳をとっていくのを見るのは辛いです、本当に。
わたしはその後、また母に再会したときは噓のように普通に戻っていて、ほどよく甘えながらもいっぱいありがとうが言えました。そして、あの時の気分や気持ちを全部素直に伝えることもできました。今では笑い話です。
母はやっぱりどんなことでも、優しく受け入れてくれるんですねえ。

Re: No title

ごめんなさい。笑っちゃいました。お化粧、その後直したんですよね?
津軽衆って確かに意地っ張り。おとなしい母親も、やっぱりそう!
今考えれば信じられないけど、確かにお腹の中からずっと母親って一緒だったんですよね〜。
わたしも津軽衆で素直になれないところもあるけど、大事なことはやっぱり言葉で表現しないといけないですよねえ。
ううう、いざとなったら恥ずかしくなってしまうわたし。。。時間が経つと素直になれるんだけどなあ。。。

Re: 泣きそうになった

ごめん、ごめん。重くなるだろうなあって思って、ちょっと崩して表現してみたんだけど、電車の中で泣いたらおかしいよね〜。
入院してるときは心寂しいよね。帰らないでって思う気持ち、分かるよ。
退院後は、一時的に実家に帰らなかったの?よねっちは頑張り屋だからなあ。

お父さんは日本に帰ったとき、上半身裸で外で体操してて、ああ、彼は当分大丈夫かあって思ったけど、お母さんはねえ、あたしも本当に大事にしなきゃなあって思うよ。年取ると体力的にも精神的にも弱ってるんだよね。

No title

このブログを昨日見つけ、最初から順を追って読ませてもらっています。読むのをやめられず、一日でここまで来ました。

泣けました…

当方、イギリス生まれのオーストラリア人パートナーと、オーストラリアで生活中です。年金暮らしなので裕福とは言えませんが、キッチンシンクに残った油を熱湯で流して洗ったとき「なんと贅沢なんだろうか…」と思わせられました。田舎にいる自分の母を思って泣けました。

残りのブログも、読むのを楽しみにしています。

Re: No title

ばんじょーさん、ブログを読んでくれてありがとうございます。
長々としたブログをここまで読んでもらって本当に嬉しいです。
オーストラリアへ一度は行きたいと思いながらまだ行ったことがないのですが、きっと素敵なところでしょうね。

ボート生活が辛くてそれを少しでも吐き出したくてブログを始めたのに、その辛いボート生活が実は色んなことを教えてくれていたんだと、実はブログを書きながら気がついたんです。こうして遠くの国に住んでいる誰かに何か伝えることができてるんだと思うと、すごく感動します。
コメント、本当にありがとうございます。
これから話はどんどん重くなっていくんですが、どうか諦めずにお付き合いください。がんばって書きます!

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。