スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣きやまない娘と母を傷つける娘

産まれてきたその日から娘は15分から30分おきにギャンギャン泣いた。朝も夜も無い。長く寝てくれても1時間。とにかく泣く赤ちゃんだった。
わたしは娘のことや経済的なことを考えて、完全母乳にすることに決めていた。母乳はよく出る。でも娘は産まれてきたばかりのくせに、豪快にゴクゴクとよく飲む。30分くらいはオッパイにくっついて離れない。
オッパイを飲みながら眠ったな、と思ってベットに置くとまたすぐ泣く。今度はなんだろうと考えて、オムツを替え、肌着が痒いのだろうかとか色々と考える。でもなぜこんなに泣くのかさっぱり分からない。さっきオッパイを飲んだばかりなのに、抱き上げると口をパクパクさせて必死でオッパイを探している。
えー、だってさっき飲んだばっかりじゃない。
仕方がないのでまたオッパイをあげる。
もしかして飲み過ぎじゃないの?ネットで調べると3時間置きって書いてるものもあれば、母乳なら好きなだけと書いているのもある。
分からない、分からないけど30分おきにあげるのはどう考えてもよくない気がする。
わたしは寝る暇もほとんどなく、一日中もうろうとしながらオッパイをあげ、オムツを替え、少しウトウトとしてまた娘が泣くので抱っこして、少し寝たかと思ってベットに置くとまた泣き、オッパイをあげ、オムツを替え、というサイクルを一日中やり続ける。
ゆっくり寝る時間もなければ、ご飯を食べる時間もシャワーを浴びる時間もない。
イギリスは出産後、数時間でさっさと家に帰される。ゆっくり休んで体力の回復を待つ余裕などない。
母も旦那も産まれたての赤ちゃんにそうとうビビって、オムツさえ替えられない。お風呂にさえ入れられなければ服さえ着せてあげることもできない。
娘は3800グラムと大きめで産まれてきて、首もそんなにグニャっとしていないしっかりとした赤ちゃんだったが、それでも2人は小さすぎると言って、抱き上げて揺らすのが精一杯のようだった。
その代わり、母は家事を全て担当し、旦那もボートのことは全て受け持ち、買い物、洗濯としてくれるが、一週間分の洗濯物を乾燥機で乾かして持っては来るが、たたんではくれない。大量の衣類を母と一緒にたたむ。
赤ちゃんの衣類や小物も一回の洗濯では間に合わないので、母と一緒に手洗いをする。
そしてこんなに忙しくて疲れていて本当は誰にも会いたくないのに、友人達が次々とお祝いにやって来る。
狭いボートの中で全てが行われるので、わたしは頭がパンクするかと思うほど訳が分からなくなっていた。
この時ほど実家にいたらどれだけ楽だろうかと思わずにはいられなかった。
母は英語が話せない上に、青森の田舎で育ってきた典型的な日本人だ。怖くて一人で買い物に行けなければ、町中を歩くこともできない。東京に出るだけでも緊張するのに、一人でイギリスにやって来ただけでもすごいことなのだ。
ボート生活も、母は文句は言わないまでも、不便なことだらけだった。狭いし、キッチンは小さいし、洗濯機も掃除機もない。シャワー室は狭いし、トイレも水洗ではない。ストーブだってお湯だって指一本でつけることができるわけでもないし、生活用品も最小限に抑えているので必要な物も揃っていない。ネット環境も限られているので気晴らしに日本の動画なども見ることもできないし、周りはわたし以外みんな英語だ。
母にとってキツイ環境なのは分かっていたので、わたしはどうにもできないことがまたストレスになっていた。
旦那は帰って来ても居場所がないのですぐに外に出て行き、わたしはイライラして「用無し!薄情者!」と泣き叫び、旦那は子供が産まれたら性格が変わったなどと言うし、毎日言い争いばかりした。
赤ちゃんの世話が一切できない母にも嫌気がさしてきて、わたしはことあるごとに文句を言ったり、酷いことを言ったりした。そして娘が泣くのはわたしがボートのディーゼルや薪ストーブの煙を妊娠中にたくさん吸ったから、娘になんらかの障害がでたのかもしれないなどど悩んで泣いたりもした。
それでも母はわたしに優しい言葉をかけながらも色んな状況に耐えていた。わたしと旦那が大ゲンカをするたびに心配そうな顔をしながら静かにそこにいた。

季節はもう少しで10月になろうとしていた。夜や朝方肌寒くなる。わたしは薪ストーブをつけるが、火がつくまで長い。娘は泣くし、その間母は娘を抱いてあやしているが泣きやまず、薪が燃えきらないのかストーブから煙がガンガン出てきてボート中に充満するしで、わたしは娘を連れて外に避難しない母にイラっとして酷い言葉を一気に投げつけてしまった。そして少しして母は「外の空気を吸いに行く。」と言っていなくなってしまった。
それからすぐに旦那が帰って来た。その時わたしはギャンギャン泣く娘の横で子供のように泣きじゃくっていた。旦那に、「母に酷いことを言ったら出て行った。」と言うと、旦那はすぐに外に飛び出して母を探しに行ってしまった。
わたしは自分のことが嫌で嫌で仕方がなかった。ボート生活全てを責めた。そしてわたしもボロボロのまま娘を抱いて母を探しに行こうと外に出ると、母が旦那に手を引かれて帰って来た。
旦那はわたしを少し責めたが、ため息を吐いて何かを諦めたように黙って外に出て行ってしまった。わたしは母に何も言えなかった。顔さえも見れなかった。なぜだかわからないが、心の中で「ごめん」と繰り返すだけで言葉にならない。
母はわたしにとって一番の理解者で、どんな時もどんな状況でもわたしは母に素直に色んなことを話してきた。わたしが世界で一番心を許せる存在なのだ。そんな大好きなお母さんをわたしはすごく傷つけている。
母は無理やり笑顔を作りながら「一人でちょっと出るのも悪くないわねえ。」とボソって言ってから、夕食を作り始めた。
ここが日本なら、ここが実家なら。いくら娘が泣いたって旦那は外に出なくてもいいし、父がいて、弟夫婦がいて。母の使い慣れた台所と母がゆっくりと休めるベットがあって、日本のテレビを見ながら気晴らしをして。ゆっくりお風呂に浸かって、もう少しだけでも長く眠れたら。それだけで本当に幸せなのに。
母は残りの2週間の滞在が永遠に続くのではないかと思うぐらい長く感じていただろう。

わたしはその日、母と一言も口をきけないままでいた。
自分がまったく違う自分になったようで訳が分からなかった。大好きな母がすごく遠い誰かに見えて悲しくなった。

次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん…涙が滲みました。赤ん坊が産まれて母親の性格が変わるってよく聞きますよ。でも、スカイさんの状況はとても難しかったでしょう。案外、お母様が来ない方が気持ち楽だったかも!??でもお母様は少しでも何か手伝えたらと思って渡英されたんですよね…
酷い事を言う自分が嫌になるってとこ、よく共感できます。でも、母親って凄いですよね、受け入れますよね。私の母親もそんな感じです。

きっとお母様は分かって受け入れていたと思います。

カーチャン強し!

その状況で、お母さん来るのは凄いね!

スカイさんのお母さんも、スカイさんと同じく芯の強い人なんだね。
ボート生活に適応できるとは。さすが親子!
あたしは、子供が小さすぎるってビビってるお母さんに笑っちゃった!
2人も育ててるはずなのにね〜〜。
お母さんは、いろいろ言ってもすべて受け止めてくれていたみたいだね。

娘ちゃん、そんなギャン泣きする赤ちゃんだったんだ〜〜。
前に行ったレストランでは、少しグズってたけど、いつも元気溌剌みたいなイメージあったから、驚いたよ。
子育てって、めちゃくちゃ大変なんだね…。

Re: No title

Junebugさんのコメントも涙が滲みました。本当ですねえ。母が来ていなかったら楽なところもあったと思います。それでも、家事をしてもらって、美味しいご飯を食べれたってことは、今思えば自分に必要なことだっただろうなあと思います。
母親って本当にすごいですよね。受け入れてくれるんですよねえ。
いくつになっても母親に甘えて八つ当たりし、ついでに旦那も犠牲になるって、なんだかなあ。。。って思っちゃいます。

Re: カーチャン強し!

本当、この状況で来ると思う母がすごいと思う。確かに。
よねっちはあたしの叔父を知ってるよね。母の弟。兄弟揃って変わってるというか、状況が読めないと言うか、天然?
でも、なぜだか情があついんだよ。2人とも。。。。
母は、わたし達が赤ちゃんの頃はどうやって育てたか必死すぎて忘れてしまったらしい。。。。しかも、自分で世話して赤ちゃんに何かあったらと不安だったみたい。
そうなんだよ。娘、よく泣く子供で、あたしはどこにも行きたくなかった。。。。
今は、喋るよ。本当によく喋る。。。朝から晩までずーっと。。。。

No title

うちも状況はちょっと違うけど、出産後、母とケンカしたよ。自分も初めての出産育児でいっぱいいっぱいでさ。旦那とは、娘が生まれた日から生後一ヶ月まで離れてたから、まだ独身で実家にいた妹がいろいろ助けてくれた。
スカイさんの旦那さんのように、母との仲を手伝ってくれて。
出産後はやっぱり女性ホルモンのせいよね。今思うと、なんであんな些細な事でって思う。
うちの母もほとんど県内から出た事ない人で、同じく、東京っていうだけで心配なのに、一人でヒースロー空港まで来たよ。
まぁ、これが津軽衆ってヤツですかね。うち隣の駅ですから(笑)シャコちゃんの駅
次回は、スカイさんのお母さんとうちの母が一緒に、英国再訪っていかが?

Re: No title

そうだったんですかー!? そう、女性ホルモンのせいって言いますよねー。
おさぴょんさんのお母さんもこっちまで来てくれたんだー。母親世代には長い道のりで不安もいっぱいだったでしょうねー。
それにしても妹さん、大人!そういう人がいてくれると助かりますよね。
お母さん同士でこっちに来てもらうのはすごくいい案!お互い津軽弁だし気が楽だと思います。
ちなみにわたしとおさぴょんさんが会うときは、もちろん津軽弁ですよね?

No title

あだりめだぁ、津軽弁に決まってるべぇ、がっぱどぉ楽しみだぁ。

Re: No title

いがったじゃあ〜。そいだば気もらぐだな〜。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。