スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和な臨月

イギリスの秋にしては天気が良く暖かい日が続き、これは現実かと疑ってしまうぐらいに平和な日々を送った。
夏の終わりになると、あちこちでバーゲンが始まる。それに便乗して旦那がフローリング材を買って来た。ボートが狭いので余計にお金を使わなくて良かったと言っていたが、細かい値段はおしえてくれなかった。
すごく怪しい。
そして、ベビーベット用にする棚用の板と留め具を買って棚を作り、拾ってきた古い小さなタンスにニスを塗って、赤ちゃんのオムツや服を収納することにした。
わたしはその間、ボートを隅々まで掃除した。タンスに塗った残ったニスを壁に塗ってピカピカにしたりもした。

20150611070227c23.jpg
ベットの足元に作った赤ちゃん用のベットの棚


NAと旦那はエンジンを組み立て終え、ANは逃げたくせに何事もなかったようにやって来て、エンジンの最後の仕上げをしてくれた。
優しいNAは、わたしの母親が来たらボート生活が大変になるだろうからと言って、知り合いに頼んでその人のボート停滞所を1ヶ月だけ借りれることになった。そこには電圧を繋げるところと水道があったので、発電機を使わなくてもいいし、水がなくなることもなかったので、それだけでもすごく助かった。
実際わたしは、母のことをすごく心配していた。母は初めての孫の誕生を心待ちにしていて、どうしても出産に立ち会って、わたしと子供の世話をしたいと言ったのだった。日本で普通に暮らしている母に水も電気も自由に使えない暮らしは大変だと念押ししたが、自分が子供の頃はもっと不便な暮らしを普通にしていたし、産後の世話をする人が必要になるだろうから、ということで、はるばるボート生活をしに来ることになった。
それでもやはり、60代の母にはキツイだろうなあと心配していたところに、NAがまたもや助け舟を出してくれたのだった。
こうして、母がイギリスに到着する前日にボートを移動することになった。
とりあえず、コミュニティーから離れることも、母にとって静かで良いだろうと思った。

母はなぜだかボート生活にすんなりと溶け込んでいた。
初めのうちは母がラウンジで折り畳みベットに寝て、子供が産まれたら夜泣きがうるさくて仕事に行く旦那に差し支えるといけないので、旦那がラウンジで寝ることになった。ちなみに旦那は育児休暇を母が帰った後にとることになっていた。
わたしと母は久しぶりに親子でゆっくりとした日々を過ごす事ができた。二人で赤ちゃんの寝床を準備したり、衣類などを買いに行ったりした。幸い母が日本からすでに買って来たものやもらいものがたくさんあったので、そんなにお金を使わなくてすんだ。
旦那ももちろんだったが、わたしと母は子供が産まれるのが待ちどうしくて、そして楽しくて仕方がなかった。

予定日前日の午後、16時間という格闘の後、無事に女の子の赤ちゃんが産まれた。覚悟していたよりは大変だったとは思っていたが、母曰く、「難産だった。」ということだ。わたしは必死すぎて何もかもどうでも良かったが、一睡もしていない母が「頑張りなさい。」と声をかけている横で、旦那が「まだか〜。」とか「お腹すいた〜。」と言ってタバコばかり吸いに行っていたことだけは、ハッキリと覚えている。。。。

こうしてわたし達のボート生活に新しい家族が加わった。
世界に一つしかない大切な宝物と引き換えに、分かってはいたが、わたし達の生活は180度変わった。そしてこれはまったくの予想外だったのだが、出産と同時にわたしの性格も180度変わってしまったのだった。。。。。

2010年9月末、子育てをしながらのボート生活がついに始まった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

優しいお母様ですね!!はるばる何千マイルも海の向こうから来てくれて!NAさんも気遣いも嬉しいですよね。
難産だったとは!よく頑張りました〜。「腹減った」とかいう旦那さん、ぶっ飛ばしたかったのでは!?
ええーつ!スカイさんの性格が180度変わった?!イライラ・凶暴(狂暴?)
になったのか、どーでもいいや〜となったのか気になります!!

Re: No title

そうなんです。難産でした。出てこなくて吸引機で取り出したんです!旦那はショックで硬直していて、母は手を合わせて神頼みしてたらしく、わたしは助産婦さんにすごく助けられました。。。
でもねえ、「腹減った」とか、旦那よ。。。ってなっちゃいますよー。ドラマみたいに手を握ってとか、そんなのやってみたかったです。
ふふふ、今思うとわたし、すごく悪い性格になってました。笑いごとじゃないんですが。。。
ブログに書くのも恥ずかしい状態だったんですが、なんとか書きます。今なら時効でしょうか。。。?
また次回を楽しみに待っててください。

とうとう産まれたね!

お母さん来てくれてたんだね。
あたしが再会した時は、スカイさんかなり性格が穏やかになった気がしたんだ。
最初に会った時はキツい人だなあってちょっと思ったから、母性ってスゴイと思ったけど、一時的に悪く変わったの?
次回も楽しみにしてるね!

Re: とうとう産まれたね!

お母さん、今までで2回も来たんだよ。もう体力的に来れないって言ってるけど。。。
ふふふ、最初に会った時はキツかったんだね(笑)
一時的に悪くなったのか、本質が出たのかはわからないけど、疲れていたのかなあ。
それでも悪いヤツだったことは確か。。。
次回をお楽しみに。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。