スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンザーからマーロウへ


ウィンザーに着くと、先に到着していた仲間のボートがあった。
Wはボートを止めるなり釣竿セットを下ろして釣りを始めた。
NAは翌日彼の娘と孫がウィンザーに遊びに来ることになり、無表情ながらも嬉しいようだった。
わたしと旦那は久しぶりに二人きりでウィンザーを観光することができた。小さい町なので、途中仲間の誰かと出くわしてパブに行ったり、ランチを一緒に食べたりしながら、気軽な2日間を過ごした。
Wは丸2日間同じ場所で釣りばかりしていたので、ウィンザーの町は食べ物を買いに行く以外は歩き回っていないと言う。わざわざ釣りだけのためにここまで来たというのか?ナゾだ。

さて、3週間のクルージングホリデーと決めてはみたものの、実はまだ1週間しか経っていなかった。わたしと旦那はフローリングやベビーベットなどやることがあったので、もう戻ってもいいかと考えていた。
Wはもう少し先まで行くと言った。他のボート仲間達はもっと先のレディングまで行く計画を立てていた。Wがこの先もいいところだからついて来いと言うので、わたしと旦那は流れでもう少しだけ一緒について行くことになった。NAだけが、癌の定期検診があると行ってウォルトンまで帰って行った。

ボートを動かしてすぐに旦那が異変に気がついた。エンジンのパワーがない。どんどん速度が落ちていくのだ。エンジン室を開けてみると、ビックリ!なんと「シュー」と言う音とともに熱湯が吹き出していて、エンジン室が煙で充満しているではないか!
旦那は慌ててエンジンを切り、ムリやり川のほとりの茂みの木にボートをくくりつけて止めた。パイプがどこか破裂したらしい。
Wや仲間達とエンジンの故障箇所を探し出して応急処置をしても、またエンジンをかけると湯気を立てて湯が吹き出る始末。
ああだこうだと、旦那は手も服も顔も真っ黒になりながらパイプと格闘したが、結局パイプをつなぐ新しい部品が必要だということになった。
仕方なくWが彼のボートでわたし達のボートを引っ張って、目的の町まで行くことになった。でも、テムズ川の流れがわたし達が行く方向とは反対に流れていて、ついにはWのエンジンにも負担が掛かってしまい、かなり低速度でなければ移動できなくなってしまった。
しばらくしてWは、なんと!自分のボートまで動かなくなると言って、途中でわたし達のボートを見捨てて勝手に先に行ってしまったのだ!
怒る旦那。
わわわっ!わたし、どうしたらいいんだろう。妊婦のわたしはサイコーに使い物にならない。
旦那はWの文句を言いながら、それでも煙と熱湯を吹き出しているエンジンを動かしたり止めたりしながら、根性で少しずつボートを動かした。
やっとのことで目的地についた頃にはもう夜になっていた。
本当に長かったー。
わたし達が到着すると、Wがバーベキューをしていて、わたし達に肉を焼いてくれ、Wと旦那はまた何事もなかったように一緒にビールを飲んでいる。わたし達のボートを引っ張ったせいでWのエンジンも壊れてしまったらしく、旦那はそれ以上Wを責めなかったのだろう。
とは言え、置き去りにするなんて、W、信用性ゼロの男。
幸い、エンジニアのANに連絡すると、翌日車で修理しに来てくれると言ってくれた。ついでに必要な部品も取り寄せて来てくれると言うので、わたし達はとりあえず安心して夜を過ごした。

わたし達が到着した場所はマーロウという町だった。街並みはかわいいが、小さな町だ。テムズ川をまたぐ白い大きな釣り橋があった。
翌日、わたしと旦那はANが来るまで町を見て歩くことにした。通りを歩いていると日本人グループがいた。橋の近くまで行ってみるとまた日本人がいる。最寄り駅まで行ってみると、また日本人の女性が3人グループでいて、無人駅でどうやってロンドンまで帰るのかと苦戦していたので、わたしと旦那とでその辺にいる人たちに聞いたりして、彼女達の手助けをしてあげた。
わたしはそのついでに、この辺りで日本人を数人見かけたのだが、日本人のコミュニティーでもあるのかと聞くと、彼女達はここはちょっとした観光地で日本のガイドブックに乗っていたので、ウィンザーに行ったついでに寄ってみたのだと言った。そしてちょっとした見所までおしえてもらった。
おおっ!なんと、やっとのことでたどり着いたところは、実はちょっとした観光地だったとはっ!
礼を行って汽車に乗り込む彼女達に逆にわたしも礼を言い、どうせならまた観光気分で楽しもうということになった。

気分良くボートに戻るとWは釣りをしていた。他の仲間はレディング方面に行くと行ってボートにエンジンをかけている。
昼過ぎ、ANはまだやって来ない。
Wが電話をすると、部品は買ってあるから、もう少ししたら出発すると言った。
待てども待てどもANはやって来ない。
Wも旦那も何度も電話をするが、「大丈夫だ。部品もあるし、すぐに行くから。」とANは繰り返すだけで、終いには電話にも出なくなった。
そして日が暮れた。。。。。
仕方がないので、3人でまたバーベキューをして夜を過ごした。
ANは結局来なかった。。。。
わたしは心配で何度もWと旦那に聞くが、「来ると行ったんだから、明日来るだろう。」とのんきなことを言われるだけだった。
Wなんかは「これがリバーライフだ。川の流れのようにゆっくり生きるんだ。焦るな。」と意味不明なことまで言っている。
って言うか、焦ってわたし達を置き去りにしたのは、一体誰だ?
うーん、AN、明日は来るのだろうか。そして、部品は本当に買ってあるんだろうか?
不安な夜は早く寝るに限る。早く寝ると、早く朝が来るような気がして、わたしはさっさとベットに潜り込んだ。
Wと旦那の話し声が外から聞こえ、わたしはいつの間にか眠ってしまった。
かくして、ANは本当に来てくれるのだろうか。。。。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

例のANさんですね?きっと来てくれたでしょう(?) いや〜、ハプニング続きますね。でもWさん、置いて行きっこはないでしょー。川の流れに置いて行かれたんですね…。「川の流れのようにいこう」??(笑)旦那さんを試したのかな?自力でやれや〜、みたいな。
日本人ってよーくどこにでもいますよね。よくチェックしてるというか…
でも、私もどこか旅行行く時は大抵調べるかなあ〜。

Re: No title

そうです。いつもエンジンを直してくれるANです。来てはくれたんですが、今回はちょっと。。。
また次の更新でどうなったか楽しみに待っててくださいね。
Wはいつもこうなんです。。。これって自分勝手なのか、人ってこんなもんなのか。。?っていつも思います。
日本人ってわたしも含め、どこにでも出現しますよね。マーロウは予定外で行ったので下調べはしてなかったんですが、ウィンザーはちゃんと調べてから観光しましたよー。
でも、知らない土地に日本人がいたら、嬉しいというか安心するのはわたしだけでしょうか。。。?

No title

こんにちは。
だいぶ前からお邪魔してたんですが、コメントは初です。
ハプニングも乗り越え、逞しく生きてるとこが素晴らしい。私もめげないで頑張る!!
マーロウとウインザーの間くらいに住んでいます。またこちらに来ることがあれば、お会いしたいなぁ〜。
本州最北端出身者より。。。

Re: No title

おさぴょんさん、はじめまして。
ブログを読んでもらって嬉しいです。ありがとうございます。
すごく素敵なところに住んでるんですね。
あれからウィンザーは日本から家族や友人が来るたびに何度か行きました。実はそれほど遠くないんですよね。その先もまた行きたいです。
日本の色んな土地からイギリスの色んな場所に日本の方々が住んでいて、みなさんそれぞれ色んな想いをしながら暮らしてるんですよね。
わたしもそれを思うと励みになります。
ブログもまだ2010年の出来事ですが、2015年の現在まで、これからもっと過酷になっていきます。。。
重くなってくることもあると思いますが、めげずにこれからもよろしくお願いします。
こうやってコメントをもらうととても嬉しいです。
またいつでもコメントしてくださいね。

No title

数少ない同じ県出身で嬉しいです。
ボートでの生活ゆったりしてて憧れると思ってたけど、実際生活するとなると大変なんですね。うちは、夫婦揃って機械音痴なんで、きっともっとトラブル続きになりそう(笑)

Re: No title

わっ!同じ青森県出身なんですかー? それは嬉しいです!!
本当に、なかなか会わないですよねー。わたしは津軽出身で、両親と話すときは津軽弁です(笑)
ゆったりとしたボート生活を送っている人達って実はいっぱいいるんです。みんなどんな環境でどんな状況かによって生活が違ってくるんだと思います。お金がなくてもボート仲間達はのんびりと暮らしてます(^-^)
機械音痴、分かります。わたしもそうです。。。本当にボート生活では使い物になってないんです。。。

No title

おぉぉぉ~~、数少ない県出身者のうえ、津軽までも一緒ですか。嬉しいです。
我が家、津軽弁バリバリ(死語ですね,笑)ですよ。ちなみに、横綱・旭富士出身のとこです。青山良平(RAB) ローカル過ぎて知らないかも(笑)と同じとこです。
近い将来、お会いしたいです。よろしくお願いします。

Re: No title

わわっ!わたしの地元すぐそこじゃないですか?うちは立佞武多やるとこです!
青山良平、知ってます(笑) 昔「ズームイン朝」って番組で青森担当してた人ですよねー。
日本に帰るときは、地元で会うのも楽しいですねえ。
近い将来会えたらいいですねえ。地元の話で盛り上がりますよーきっと。

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。