スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートのトイレ

ボートを動かせなかったら水の次に困るのがトイレ。
ボートのトイレは何種類かあって、汲み取り式、カセットトイレ、垂れ流し式というのがある。
もちろん垂れ流し式は海ではどうかは分からないが、運河やテムズ川などでは違法となっている。カセットトイレはキャンプなどでお馴染みの、取り外して捨てに行けるタイプだ。
そして、わたし達のボートは汲み取り式である。ベットの下の一角にタンクがあって、そこに溜まるようになっている。家族3人で使ってだいたい3から4週間は持つ。

ボートを自由に動かせるうちは3週間おきに水の補給とトイレの汲み取りを同時にする。場所はほとんどのところが一緒になっていて、ゴミ捨て場、カセットトイレの汚物を捨てるところなどがある。
水は無料で汲めるが、トイレの汲み取りは£5から£10ポンドはかかるので、800円から1800円の間ぐらいだろうか。

わたし達のボートは1年で何度も動かせなくなる。エンジンが壊れると平気で2ヶ月以上そのままだ。日々の生活だけでもギリギリなのに、壊れやすいエンジンにお金をかけるほど余裕はない。
できるなら、新品のエンジンを買ってしまいたい。エンジンはボートの心臓なのだから、車一台購入するぐらいの大きな出費だ。エンジン購入など、わたし達にとっては夢のまた夢だ。

2012年から13年にかけての冬は大変だった。
水の補給とトイレの汲み取りをしに行けないまま一冬を過ごしたのだ。
次回は昨年の冬、どんな風に乗り切ったのかをお話しします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。