スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那が「ダイアモンド」と過ごす最後の旅

ロンドンの南西部から北方面にボートで行くには二通りの方法がある。一つはわたし達がロンドン中心部に出るときに使ったカナル(運河)ルートともう一つはテムズ川を渡って行くルートだ。
カナルルートは安全だが20以上の水門を抜けなければいけないので時間がかかるし、ほとんどが手動なので体力もいる。
テムズ川ルートは早いが、川の流れが速くて大きいのでカナルボートには少しワイルドすぎて危険だ。
でも旦那はその危険な方を選んだ。
まず、週末の2日間しか時間がないのと、今まで通ったことのないルートを最後に通りたいと思ったからだ。
ボート仲間の一人がカナルにボートを移そうと考えていたので、彼も一緒に行くことになった。
ボートが大きく揺れても二つのカナルボートを隣同士にしてくっつけていればその分揺れの大きさも抑えられる。
何かあったとき誰かがいれば心強い。
旦那は大張り切りだ。
どれどれ、わたしは同行しないけどテムズ川ルートとはどんなもんだろうと、ルートマップを開いて見てみる。
うわっ!ロンドン橋の下を通るの?ビックベンとかロンドンアイがあるあの辺!?
大変だー!あの辺のテムズ川はデカイ!大きな豪華客船ですら小さく見えるほどだ。そこにあの小さなナローボートが浮いていたらもうただの小舟に過ぎない、大きな船が横を通ったら大揺れどころではないではないか!いくらボートを2つくっつけても、全然しょぼい!
旦那よ、本当に大丈夫なのか。。。?
「ナローボートは毎日のようにあそこを通ってるんだ。今までボートがひっくり返ったなんて聞いたことないよ。」
って旦那、のんきだよ。。。。

出発まで1週間あったが準備することは意外に多かった。まずは大きな水門を通るために満潮や干潮に合わせて門を開けてもらう予約を取って、ロンドン中心部を通るのにも管理機関に連絡をしなければいけない。
ロンドン橋の下など広くて波が立つようなところでは小さいボートは危険にさらされやすいので、すぐに陸や管理機関と連絡が取れるように専用のトランシーバーとラジオを購入しなければいけないし、ライフガードは必須だった。
ここまで色々と準備をしだすとさすがの旦那も出発当日の朝は緊張していたようだった。
まあ、とりあえずロンドン中心部が近くなるまでは問題ないだろうと思っていたら、いきなり2つ目の水門で問題が起きた。旦那が操縦する「ダイアモンド」だけが通行止めをくらったのだ。ブラックリストのボートをその地区に入れたくないと言うのが理由らしい。
旦那はこの辺りには居座らないし、ボートはロンドンの北の新しい持ち主のところに移動するので、ここに戻って来ることはないと言っても、管理機関の職員は聞く耳なし。
結局事実を証明するのにそこで無駄に30分以上を過ごしたのだそうだ。
管理機関も相当しつこい。ブラックリストのボートの住民をどんな人たちだと勘違いしているのやら。。。
なんとか面倒なことも済んで、旦那とボート仲間の2隻のボートは旅の続きを始めた。
きっと旦那は「ダイアモンド」に出会った頃から今までのことを思い出したり、懐かしんだりしながら旅を楽しんでいたに違いない。

その頃わたしは、やっていることをが手につかないぐらい旦那の旅路が心配で仕方がなかった。
ボートが万が一ひっくり返ったりでもしたらボート代を購入者に返して、こっちは大きな損害だ。保険会社の連絡先を旦那にわたしておくんだった。とか、またいつものように後悔やありもしないようなことを無駄に心配していた。と言っても、今思えば旦那の身の心配より、ボートの心配ばかりしていたような気がする。。。。
そんなわたしの気持ちを知ってか知らずか、旦那からは電話もメッセージも送られて来ない。こちらから電話をしようかどうかと迷ったが、手が離せないときだと困るだろうと思い、「調子はどう?」とだけメッセージを送った。
夜の7時ぐらいにやっと電話がかかってきた。
旦那、すごくハイテンションだ。。。
テムズ川が大きくて海を渡っている気分だったとか、ビックベンが目の前に立ちはだかり、タワーブリッジやロンドン橋の大きさを体で感じたのだと言う。
その日はロンドンの中心地を抜けた辺りにいたが、カナルは夜8時以降はエンジンを消さなければいけないのと、疲れていたのでそこで一晩過ごしてから翌日目的地に向かうと旦那は言った。
わたしはやっと安心して夜はゆっくりと過ごせると思っていたが、その夜の11時過ぎ頃旦那から電話がかかってきた。
「このボートに寝泊まりするのも今日が最後だと思うと。。。。」
あれ、あれ?旦那、泣いてるのー?
「色んなことをいっぱい思い出して、このまま寝たらいつの間にか朝が来てしまうし、寝たくない。。。。」
子供か、あんたは。。。。
旦那は滅多なことでは泣かない。いつも明るくて強気の旦那が泣いてるよ。。。。
わたしはいつまでもウジウジとしつこい酔っ払いみたいに(と言うか、酔っ払ってるのか。。。)同じようなことを繰り返す旦那に付き合った。
そうだね、本当だね。初めて「ダイアモンド」に一目惚れした時から、わたし達の生活は全て彼女と共にあったのだ。旦那はその大好きな彼女を今までずっと精一杯心を込めて面倒みてきたのだ。誰よりも彼女に思い入れが強かったのは旦那だ。
彼女を誇りに思い、時には信頼して、また時には心配して。どんなにエンジンが動かなくなっても、言うことを聞かなくても、また一から、またやり直しと、ずっと彼女に付き合ってきたんだもんね。
わたしは胸が痛かった。
わたし達がお金持ちだったら「ダイアモンド」も旦那のそばに置くことができるのにね。
生活のために家族のために、諦めなきゃいけないことってあるんだよね。旦那は大好きな「ダイアモンド」をわたしと娘、それから3人のこれからのために手放すのだ。
これからは、いっぱい遊びに行ったり友達に会いに行ったり、今まで以上に好きにしていいから。「ダイアモンド」のことが懐かしくなってまた泣きたくならないように、家族3人でいっぱい楽しい毎日を送ろう。あの時彼女を手放して結果良かったよねって思えるように、またこれからも色んな思い出をいっぱい作って行こうね。

翌日、旦那はスッキリした様子で帰ってきた。リュックサックにはお礼にもらった予定よりも多めのお金と娘にとぬいぐるみのプレゼントまで入っていた。お昼はステーキと美味しいビールまでご馳走になってきたと、昨日のあんたはどこ?と言いたくなるぐらいご機嫌で帰ってきた。
旦那、単純すぎるよ。。。

こうして旦那が「ダイアモンド」と過ごす最後の旅が終わった。
まるでこの間の出来事のようなのに、信じられないことにあれからもう少しで一年が過ぎようとしている。
スポンサーサイト

最後のクルーズ

天気の良い初夏の週末、わたし達は家族揃って最後のクルーズに出ることになった。
ボート購入者のご夫婦も旦那にボートの操縦をおしえてもらうことになっていて、一緒にクルーズに参加した。二人ともとても愛想が良くて親しみやすい人達だった。わたしはボートに住むと聞いてヒッピーみたいな人を想像していたが、二人ともジーンズにトレーナーでいたって普通の感じで、のんびりと人生を楽しんでますというのがにじみ出てるようにリラックスした印象を与えるようなカップルだった。
奥さんは娘を可愛がってくれて、実は恥ずかしがり屋の娘もいつの間にかわたしの横に隠れるのをやめて彼女と話をするようになっていた。旦那と彼女のご主人がエンジンや発電機など外のことを見ている間、わたしは彼女にボートの中のボイラーの使い方やバスルームやトイレ、薪ストーブなどの使い方を説明した。
こうやって一つずつ説明すると、やっぱりボート生活はやることが多いなあ、と改めて思った。家の方が断然楽だよと言いたかったが、これからのボート生活に胸を弾ませている彼女にはそんなことを言っても無意味そうだったのでやめた。
ご主人の方は、薪割りや石炭、灯油の調達などから、トイレの汲み取り方、水の補充の仕方、発電機の使い方や電気のしくみ、エンジンの簡単なシステムからボートの操縦まで覚えることが多すぎて少し緊張しているようだった。
なんだかんだと出発まで時間がかかってしまったが、ボート購入者の二人は交代でボートを操縦した。旦那がつきっきりで教えているが、やはり大きなボートが横を通ったりカヌーの集団が通り過ぎる時は怖がって旦那に舵を託していた。
分かる、分かる、あたしも肝心な時にうまく舵が取れないし、旦那がトイレに行きたいから少し代わってくれなんて言った日には、どうか余計なボートなんかとすれ違わないように!と祈りながら操縦したものだ。
カナルボートはゆっくりと動く。よっぽどのことがない限り他とぶつかったりしない。それでもわたしは反対岸に正面から突っ込んでしまったりするから、わたしに関してはボート操縦のセンスが完全にないのだと思う。

しばらくして皆ボートの感覚になれてきた頃、ご夫婦は初めてテムズ川に面した景色を落ち着いて見ることができるようになったようで、とても感動しているようだった。
旦那も自分の庭でもないのに、この美しく広がる景色が自慢のようで誇らしげにしていた。
わたしは皆が景色を堪能しているあいだボートの中に入った。
変なの、本当に何もない。
誰か他人のボートにおじゃましに来たみたいにラウンジの端っこに腰を下ろす。
「ダイアモンド」は初めて出会ったときから、わたし達が暮らしていた時、辛かったとき楽しかったとき、嵐で大揺れしているときも大雨に打たれていても、ずっと変わらない。そして他人のものになってしまった今も、最後のクルーズのこのひと時も、表情を変えずに静かにわたし達を乗せている。
テムズ川の流れにずっと身を任せながらあるがままを受けとめて今まで来たのだ。その無表情さがときには寂しく思えたり、ときには安心感さえ覚えたりした。わたしは本当は知らないうちに助けられたり学んだりしていたのかもしれない。
本当は直前まで「ダイアモンド」に乗ったら色んなことを思い出して切なくなったり名残惜しくなったりするんだろうなあと思っていたが、わたしの気持ちも「ダイアモンド」と同じだった。流れるように身を任せて、別れるときはそれを受け入れるだけなのだ。
「お家に帰りたい。」
娘にとってはボートも景色も生活の一部だったので飽きたらしく、しばらくしてからわたしと娘だけバスで帰ることにした。
「お家に帰りたい」かあ、娘の家はもうここではないのだ。

わたし達は途中で降ろしてもらい、娘と二人でボートにお別れをした。
「今まで本当にありがとう。またいつかどこかで会おうね。」
わたしと娘が岸から離れて行く「ダイアモンド」を見ているあいだ、購入者のご夫婦は旦那がボートを操縦する横でいつまでも、わたし達が見えなくなるまで手を振っていた。
「良かったね、すごくいい人達に買われて。」
わたしが娘に言うと、娘は「ダディーのボート、いつまで貸してあげるの?」といった。
って言うか、へ?娘、分かってないじゃん、全然。
「ボートはあの人達に売っちゃったから、もう彼らの物になっちゃったんだよ。だから、あのボートに乗るのはこれで最後、さよならだよ。」
「じゃあ、ダディーはどうするの?」
娘はポカンとしながら言った。そして「ダディー、ボートがなくなったら泣いちゃうね。」と続けて、「ダディーがかわいそう。」と言った。
なんか実は娘の方が旦那の気持ちを分かっているようだ。
わたしは心のどこかで面倒なことがなくなって実はホッとしていた。

「ダイアモンド」との最後のクルーズを旦那はどんな風に感じているんだろうか、落ち込みながら帰って来るんだろうか、それとも開き直って戻って来るんだろうか、などと考えていたら、なんと旦那は大喜びで帰ってきた。
なんでも購入者夫婦はやはりボートの操縦が不安なので、日当を払うので次の週末にロンドンの北までボートを動かして欲しいとのことだった。
旦那はまたボートを操縦して、しかもお金までもらえるのだ。
そんなことでその日は旦那最後のクルーズの日ではなくなった。
子供みたいに浮かれて嬉しそうな旦那を見て、娘の言葉がわたしの胸に突き刺さった。
「ダディーかわいそう。」
わたしもなんだかこっそりつぶやいてしまった。
「旦那、なんだかかわいそう。。。」
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。