スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかのまさか!?


春休みを利用して久しぶりに日本に行って来ました。
のんびりしてきましたが、ブログの更新が伸ばし伸ばしになってしまいました。
気がつくと日々ってあっという間ですよねー。
また再開しますのでよろしくお願いします。



家に住むようになってから半年が過ぎようとしていた。
2015年、季節は春。
旦那は毎日のようにボートを移動しながら、ペンキを塗ったり修理に追われたりと、ボートを売りに出せる状態にするために働き続けた。
春になって日が長くなると、数日間帰って来ないこともあったが、ある日突然、作業が終わったのでボートを見においでという電話が来た。
わたしは、旦那はボート作業をしていると言いながらボート仲間たちと遊んでいるのだろうと思っていて、夏が終わるまで遊び続けるだろうと予測していたのに、作業が済んですぐに売りに出すと言ったので、まさかと自分の耳を疑った。そしてボートに行ってみると、中はわたし達が住んでいたことがまるで嘘だったかのように空っぽになっていて、業者に頼んで清掃してもらったのではないかと疑うぐらいキレイになっていた。わたしは心底驚き、旦那もやるじゃん、と久々に彼を見直した。
ボートはすっかり生まれ変わって、わたしは嬉しいながらもなんだかわたし達のボートが他人のボートに感じられ、あの7年間は一体なんだったんだろうかと心のどこかに埋めきれない寂しさがあった。
多分旦那も同じ想いだったのかもしれない。だから旦那は一刻も早くボートを手放したかったのだろう。

旦那はボートが売れるまでどれぐらいかかるか分からないが、とりあえず仲介業者を使わず無料で売り出しの広告を出すことにして、初めにボートコミュニティのソーシャルネットワークに買った時とほぼ同じぐらいの値段で売り出し中と掲載した。
まあ、売れなかったら徐々に値段を下げてみてもいいし、とにかくこれで反応を見てみようと思うか思わないか、なんと、信じられないことに掲載したその朝に問い合わせの電話が鳴り続けた。旦那は対応に追われるも追われないも、最初にボートを見に来てくれた人が、問い合わせの電話に何度も出ている旦那を見て焦ったのかなんなのか、すぐに買うと言い、そんなにボートが欲しかったのか、その夜にボートの全額を旦那の口座に振り込んでくれた。まるで夢のような話である。
わたしも旦那もボートが売れたと決まったときはその現実を疑ったが、口座に振り込まれた金額を見て、まさかまさかと驚いた。嬉しいような寂しいような複雑な気持ちだった。

ボートを購入してくれた人は30代後半ぐらいのご夫婦で、どこかの建設業者の経営者だった。アイルランドの地元に持ち家はあるのだが、ロンドンに滞在して仕事をすることも多いので、ロンドン生活はボート暮らしにすることにしたそうだ。
正直者の旦那は何を思ったか彼に、「このボートはお役所や組合のブラックリストになっていて、下手したら停滞場所が見つからないかもしれないし、水門すら通過させてもらえないかもしれないからディスカウントしようか?」と言った。
って言うか、それ言っちゃったらディスカウントどころか、買わないって言われちゃうんじゃ、とわたしの心配をよそに、購入者さんは「大丈夫だ。場所はロンドンの北にもう借りてあるし、北の方に行ってしまったら、そんなブラックリストも関係ないだろう。」と、なんだか別にディスカウントしなくていいよー、ってなことを言った。
おまけに、彼は今いるロンドンのマンションは引き払うので、ボートに入りきれない家具をあげるとまで言ってくれた。
旦那も人がいいが、この購入者さんもそうとう人がいい。
と言うことで、翌週にはさっそくリクライニングソファーやらベットやダイニングテーブルなんかがうちに運ばれてきた。
嘘みたいな本当の話だ。
わたし達のアパート暮らしはボートでの貧乏生活を引きずっていたので、半年たってもまだ家具がそろっていなかった。拾ってきたようなものとか、箱とかを代用して暮らしていたので、いきなりちゃんとした家具がやってきて、ボロアパートが社長室みたいに変身した。
そして、購入者さんは旦那が飛び跳ねたくなるようなことまで言ってくれた。
「今まで実は半年以上かけて毎日のように色んなボートを見てきたんだ。でもなかなかいいのがみつからなくて困っていたんだ。でもこのボートを見たときに、これだって直感したんだ。この値段でこんなに手入れがゆきとどいていて使いやすいボートは初めてみたよ。」
それは、今までボートを一生懸命可愛がってきた旦那にとっては感動的に嬉しい言葉だった。そして次にボートを引き継いでくれる人が旦那も初めてこのボート、「ダイアモンド」を見たときに「これだ!」と直感した思いと同じ思いとをしてくれたことに旦那は更に感動した。

こうしてわたし達のボートは無事に売却された。
翌週末、わたし達は最後の航海にでることになった。

次回に続きます。
スポンサーサイト
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。