スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の誕生会

9月末は娘の誕生日だ。2014年9月で娘は4歳になる。まだ4歳だと思っていても、一丁前な自己主張はしっかりする。誕生会は盛大に友達を呼んでパーティーをしたいと言い、ジャンプングキャッスルも用意して欲しいと言うのだ。
前にMAちゃんの誕生会の話を書いたときのことを覚えてる方は記憶に少しあると思うが、この国の誕生会は盛大だ。大人も誕生会をするが、子供のは結構頻繁に行われる。
仲の良い友達を数人呼んでパーティーということもあるが、娘ぐらいの年だとまだ仲の良い子も決まっていないので、クラス全員を招待するというのはよくあることだ。それプラス、まだ小さいので親も同伴してもらうことになると、それはそれは大掛かりなパーティーになるのだ。
大きい家だと問題なく家でできるが、そうでない人達は場所を借りることになる。例えば、教会や地域の公民館、公園も貸切にしてくれるところもあるし、レストランなども食事付きでパーティーができるプランもある。ピザ屋などはプランに子供たちがピザを作ったりできるものもある。
それに更にジャンプングキャッスルを加えたり、エンターテイナーを呼んだりすると、親は何もしなくても子供たちを楽しませることができる。
娘はMAちゃんの誕生会や数人の誕生会に呼ばれたことがあるので、自分の誕生会をしてもらうことをずっと楽しみに待っていた。
娘の誕生会。。。盛大に。。。。
うーん、わたし達には大きい家もお金もない。そして何よりも学校が始まったばかりの娘には特定の友達がいない。クラス全員呼んでしまったら、ちょっとすごいことになってしまう。
と、考えた末、場所はボートのコミュニティーがある目の前の原っぱにすることにした。雨が降ったらどうしようもできないが、一か八かで原っぱパーティーだ。これで場所代は無料。いつもパーティーばかりするボート仲間のPが快くイベント用テントや食べ物を置くテーブルなんかを貸してくれるというので、やったあ、これも無料。ついでにDJブースとPの弟DJも貸すと言ってくれたが、これはちょっと、と断った。
こんな時でしかラッキーとは思わないのだが、旦那もWも小遣い稼ぎに子供相手の大道芸人の仕事をときどきしているので、エンターテイナー代も無料。
ジャンピングキャッスルも旦那がお世話になってるエンターテイナーのエージェントから特別に2時間限定で格安で借りることができた。
そして、食べ物はバーベキューと決めて、Wの友達が肉屋なので低価格で質の良い色んな肉をセレクションして持って来てくれることになった。
という事は、わたし達はスナックやサラダ、飲み物に、最後にお土産として配るパーティーバックを準備すればいいだけだ。
問題は、誰を呼ぶかだ。クラス全員は呼ばないことにしたので、娘の友達と言えば、MAちゃんといつも世話になってるフランス人ママの息子、Pの彼女の孫達3人。そしてボート仲間達とわたしと旦那の友人達。。。。。ってあれ、大人の方が多いじゃん。。。。
と言うことで、事情を良く知っている日本人のお母さん達に子供達を連れて来て欲しいとお願いした。
当日、9月末の天候が不安定な時期に幸運なことに晴天に恵まれた。わたしと旦那が買い物に行っている間、ボート仲間達は娘の誕生会のために朝からテントを張ったり、バーベキューの準備、ジャンピングキャッスルにつなぐ発電機など、色々準備してくれた。それも、すごく張り切って。
日本人のお母さん達は、プレゼントまで持って遠くから来てくれた。しかも、ホームレスみたいな格好で酔っ払っているボート仲間達のことも寛大な目で見てくれていた。ついでにわたし達のボートを見学していたが、みんなわたし達の暮らしを尊重してくれた。
パーティーが終わるころエージェントがジャンピングキャッスルを片付けに来た時、ボート仲間達は「ちょっと待て!」と子供達をどけてキャッスルで飛び跳ねていたが、日本人のお母さん達はそれすらも笑って受け流してくれていた。
忙しかったけれど居心地が良く、娘も大喜びで、誕生会をして本当に良かったと、参加してくれたみんなに心から感謝した。
(もしもこのブログを見ていてくれるお母さんがいたら、こんなところでなんですが、あの時は本当にありがとう!おかげで娘にもわたし達にもいい思い出ができました。)

日が沈み皆が帰った後、残り物をボート仲間達と食べながら、Pと旦那がみんなにビールを振舞って、またパーティーが始まった。
娘はもらったプレゼントを全てベットの周りにおいて「楽しかったねー。」と何度も言いながら眠りについた。枕元にはボート仲間達が一人一人お祝いのメッセージを書いてくれたカードがあった。

仲間がいて、助け合って、いいことも悪いことも一緒に分かち合える人達がわたしの周りにいるということは、とても奇跡的なことなのかもしれない。わたしはずっとずっとこのままでいたいと思った。
仲間達が焚き火をしながらみんなで冗談を言ったり歌ったりしている。わたしはいつものように遠くからそれを見ていた。パチパチと燃え上がる火の粉の横でゆらゆらと揺れる仲間達の影が本当に映画のシーンみたいに綺麗で感動的で、その光景をそのまま箱に入れてとっておきたい気分だった。

あの時わたしは、この光景が最後のものになるなんて夢にも思わなかったのだ。
たったちょっとの欠片が崩れただけで、仲間達が皆一斉に崩れてしまう、そんな嘘のような事件が起きたのはこの後すぐだった。
スポンサーサイト

娘の学校が始まった

2014年9月、娘の学校が始まった。
娘はまだ4歳なので幼稚園クラス。1日たった3時間通うだけで、制服も着なくていい。それでも一応学校指定のカバンだけは持って行くので、娘も少しお姉さん気分だ。それに輪をかけてボート仲間達が朝から「楽しんでおいで~。」「いっぱい学んで来るんだぞー。」と送り出してもらって、帰ってきたら「今日はどんなことしたんだ?」と言って来るので、娘にとっては学校に行くと言うことは特別なことのようだった。
それにしても、昼間っから酔っぱらっているボート仲間達に「勉強ちゃんとしてきたかー?」と言われて「イエス!」と素直に答えている娘のやり取りを見ているとコメディーを見ているみたいだ。

娘の学校が始まる数週間前、学校の先生2人が家庭訪問にやって来た。初めて学校に通う子供たちを良く知るために、ほとんどの学校で行われる。わたしは学校説明会のときに予め記載してある住所はメールボックスなので、家庭訪問に来るときはボートに来て欲しいと大体の場所と住所を担任の先生に教えておいた。
当日旦那はボート仲間達に、先生方が来るので行動を慎むようにと念を押していた。ボート仲間達もしっかりと旦那の言うことを聞いてくれて(?)、先生方が来たときはなぜかエレガントな立ち振る舞いで「ハロー」と笑顔を振りまいていた。
家庭訪問はいい感じに終わった。先生方は優しそうで感じが良く、特にボート暮らしや環境のことには触れず、普通に応対して普通に帰って行った。
学校も始まってみると、子供達もすぐに仲良くなり、親達も自然な感じで話せる雰囲気だった。
ただ、この国ではよくあることなのだが、親同士のグループが自然に3つに分かれていた。一つは白人のイギリス人グループ、次に黒人グループ、そしてわたしを含めた外国人グループだ。
わたしは気が楽ならそれでいいので、それはそれで良かった。他のグループの親達も目が合うと挨拶するし、問題はないのだ。
それが、娘が入学してから数週間ほどたった頃、ドキッとするようなこと起きた。わたし達がボートから外に出た時、娘と同じクラスの男の子がお母さんと一緒に犬を連れて散歩していたところとばったり出くわしたのだった。
いつかこんな日が必ず来るのは分かっていたが、わたしは突然で動揺した。
向こうは「あら、あなたは!?」と顔をして「ボートに住んでるの?」と聞いてきた。わたしは「そ、そうです。」と苦笑いで頷きながら旦那に娘のクラスメイトだと説明すると、旦那はお気軽にそのお母さんと立ち話を始めた。イギリス人同士話しが弾んでいるようだ。
娘もクラスメイトの男の子も特に遊ぶわけでもなく、ただぼうっと突っ立っている。
わたしはどうしたらいいんだろう。。。。
とりあえず、これでイギリス人達のグループにわたし達がボートに住んでいると知れ渡ったも同然だ。なんかちょっと面倒臭い。
翌日学校に娘を送りにいくと、そのイギリス人のお母さんは今まで目が合ったら微笑むぐらいなのに、「ハロー」と挨拶してきた。そして、いつの間にか、大雨が降って嵐状態の日は本気か社交辞令か「ボートは危ないから、遠慮しないでうちに来てね。」と言ってくれるようにまでなった。
娘も学校で「わたしのおうちはボートだよ。」と言ったりするようになり、他の親達も特にツッコミもせず、「あら素敵!」などと言うぐらいだった。
娘の学校が始まるまで神経を張り詰めて娘のことを心配し、ボート暮らしで娘がいじめられたり差別されないように彼女を守ろうと心に誓っていたほど緊張していたわたしは、すごく拍子抜けした。
人って案外自分で思っているほど他人のことは考えていないというか、興味がないのだ。
よかった。よかった。
わたしは娘の学校がますます好きになった。
朝学校の門が開くと駆け足で教室に入って行く娘を見ながら、心配ばかりしていた自分がバカバカしくなって笑えた。
世の中にはいいことも悪いことも、楽しいことも辛いことも、色んなものが溢れていて混乱してしまいそうになるけど、毎日を楽しくポジティブに生きてたくさんのことを学んでほしいと、娘の後ろ姿を見ながら思った。

おかしな夏

2014年夏
ワールドカップパーティー以来、なんだかよくわからない若者が川沿いに増えた。調子に乗ったボート仲間達は暇があれば彼らと騒いだりパーティーしたりしていた。
旦那も仕事から戻るとすぐにビールの缶を開けて仲間達の輪に入る。
日が長くなり、夏の眩しい光がキラキラとテムズ川に反射して、暖かい風が心地よい。イギリスの夏は何か特別な季節だという気がしてくる。
わたしはパーティーには参加しないまでも時々ボート仲間達と話したり、川沿いで娘と寛いだりする。なので、ボート住民の中でたった一人のちびっ子の娘は、突然現れるようになった若者達の人気者になった。彼らは特にわたしには話しかけてこないが、娘は構ってくれる。娘は若いお姉さんやお兄さんが増えたので、公園に行くよりも河原で遊んでいたいようだった。

ボート仲間の他にも人が増えたので、今までの夏よりもまた更に賑やかになった。それなのに、おかしなことに地域住民からの苦情が一つもこない。地域新聞でも叩かれなくなった。これってなんだか、嵐の前の静けさみたいで怖い。
わたしが旦那にそんなことを言うと、旦那はもっと怖くなるようなことを言った。
「いつもいる若いヤツら、あいつらこの地域住民達の孫や子供達だよ。あいつらがボート住民を攻撃するなとか、言ってくれてるんじゃないか?」
えー!そうなの?わたしびっくり!って言うか、旦那のんきすぎる!
これってなんだか、すごく怖い。だって、住民達も今マスコミに写真とか撮られたら、自分の身内が新聞やニュースに出てしまう可能性があるから黙っているのかもしれないけど、もうこのコミュニティーが近々無くなるって分かってるから今は目をつむってるだけってことかもしれないじゃん。なんだか、わたし達の陰で何か行われているとしか思えない。
ボート仲間達もなんだって、そんな若者達を受け入れているんだろう。なんだか人間関係の仕組みがわからなくて混乱する。

ボートコミュニティーに毎日のように笑い声が響き、通りすがりの人たちまでも楽しませるほど明るく平和な日々だったのに、たぶんその夏はわたしひとりが警戒しながら過ごしていた。
ボート仲間達のように、先のことを心配しないでその日を精一杯楽しく遊び暮らすことができたら、どんなに気が楽だろう。と言うか、そうなったら、それはそれで恐ろしい。
本当にその夏はおかしいぐらいに誰からも文句を言われず、お役所すら警告に来なかった。それってすごく変だよね?と誰に言っても、考えすぎだと笑われた。
9月になったら、娘の学校が始まる。学校が始まってから面倒なことになるんじゃないかと、わたしは本当にドキドキしていた。
それでも楽しそうなボート仲間達や旦那と娘を見ていると、なんだかんだとこっちまでハッピーになって来て、ずっとこのままでいたいと思う自分もいたのだ。
なんだか、楽しんだのか心配ばかりしていたのかよく分からない、おかしな夏だった。

サッカーワールドカップで騒ぎ出したボート仲間達

あけましておめでとうございます。
今年はもう少し早いペースでブログを進めて行こうかと思っています。現在までもう少しなので、飽きずにお付き合いください。
またこの年もどうかよろしくお願いします。


2014年6月末、サッカーのワールドカップが始まった。町中がサッカー色に染まって、もちろんボート仲間達もサッカー、サッカーと浮かれまくった。
こんな楽しい夏の始まりに取材陣が面倒だからと隠れているわけにはいかない。と言うか、ワールドカップのおかげでメディアの興味対象がサッカーに行ってしまったのか、それともWが取材に応じてくれたので彼らも満足したのか、取材者がパタリと現れなくなった。
ボート仲間達はコミュニティ最後の夏になるかもしれないのだから、もう思い切ってお祭り騒ぎだー!と思ったのかどうかはわからないが、サッカーワールドカップパーティーをすると言いだした。Pが率先してなんと川沿いに大画面テレビを置き、屋台用のテントまで立て、また謎のDJブースまで出現した。
どこからこんなものを。。。。と旦那に聞くと、旦那は「え?知らなかったの?」と言う顔をして言った。Pの弟さんがフェスティバルやDJを用意する仕事をしていて、彼もDJの仕事を週末するそうで、こんなものを準備するのは簡単なのだと。
P自体も正体不明だが、兄弟そろってそんな感じなんだ。。。
と言うことで、ワールドカップパーティーが始まった。

イギリスが試合をする日、張り切ったボート仲間達は顔にイングランドの国旗を書くと言ってきた。なぜかフェイスペインティングの道具を持っていたわたしは、旦那も含めて何人かを赤と白で塗りたくってあげた。
仲間達はほぼ全員イングランドの国旗がついたTシャツを着て、大画面に向かって応援だ。
川沿いはボート仲間達の他にも、通りかかった人達やどこからともなく現れた人達でいっぱいになった。
スポーツ観戦は人々を一体にする。
イングランドの選手たちが入場するとみんなで大喝采!
誰もが本当に生き生きとして楽しそうだった。
そして、、、、
イングランドは負けた。。。。

がっかりして終わりかと思いきや、彼らはサッカーの結果などお構いなしにパーティーを始めた。
コミュニティと民家から少し離れたところでパーティーは行なわれていので、娘を寝かしつけたりしていたわたしは、どんな風にパーティーが繰り広げられているか知らなかった。気になるので夜も更けてからちょっとだけ覗きに行った。
そして、びっくり!
どこからやって来たのかたくさんの若者がいて、みんなハードテクノにあわせて踊っている。ドリンクバーまであり、ディスコライトが点滅していた。
って言うか、そこまでするか? と、わたしは唖然とした。
もう、その空間は野外フェスティバルだ。
旦那も含め、数人がまだ顔にイングランドの国旗を塗ったままなので、暗闇とライトの加減で、誰が誰だかさっぱり分からない。
こんなにどんちゃん騒ぎして。。。と思っていると、今度はPが打ち上げ花火を始めた。。。。。もうめちゃくちゃだ。
あーあ、これっていいのかなんなのか。。。。

ボートコミュニティーで仲間達が一緒に過ごす最後の夏になるかもしれなかった。みんな、楽しく過ごしたくてしょうがないようだった。
マスコミや地域住民たちの苦情がくるだろうなあ、と思いながらも、わたしは無邪気なボート仲間達が楽しそうなので、こんな夏もあってもいいだろうと思った。
いつかは幻だったみたいにこの光景もなくなってしまうことを、わたしははっきりと分かっていたからだ。

楽しそうな仲間達


プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。