スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの展開、ボート生活ついに脱出か!?

なかなか春にならないもどかしい4月、わたしは風邪を引いた。何をしても良くならないので、しかたなくドクターに診てもらうことにした。
娘と一緒に待合室にいると、あの優しい保健婦さんが通りかかった。そしてわたしと娘を見るとすぐに話しかけてくれて、娘が普通に歩いていることを喜んでくれた。
保健婦さんはわたし達の生活を心配してくれて、わたしが家はお役所に断られて、まだボート生活をしていると言うと、彼女は「わたしが役所宛に手紙を書いてあなたに送るから、それを持って今度は役所に直接行きなさい。」と言った。
ありがとう。本当にありがとう。こんなわたし達のためにこうまで言ってくれるなんて。
わたしは彼女のその言葉だけで充分だった。たとえ、手紙が届かなくてもそうやって気にかけてくれる人がいてくれるのだと思うだけで、その時のわたしは救われた。

全く期待していなかったのに、3、4日後に郵便物をチェックしに行くと、手紙は届いていた。しかもすぐに送ってくれたらしく、日付は保健婦さんと話した翌々日になっていた。
わたしは嬉しくて嬉しくて涙が出そうになった。
これでボート生活から抜け出せるのかもしれない。やっと人並みの生活ができるのだ。どんなに小さな家でもいい。もともと物なんてほとんど持っていないのだから。ベット一つ入るぐらいの部屋でいいのだ。暖かくて水や電気が使えて、トイレが普通につかえたら、本当にそれだけでいい。
わたしは旦那に手紙を見せて、これでまたお役所にお願いしよう、と言った。
旦那はいつになくネガティヴだ。どんな手紙を提出したって役所は何もしてくれないから時間のムダだと言う。いつもポジティブで元気ハツラツの旦那は、過酷な冬を過ごして相当疲れていた。
わたしは少しでも旦那を元気付けてやりたくて、翌日朝一で娘を連れて役所に出向いた。
朝から子連れのお母さん達や若者がたくさんいる。みんな色々な事情を抱えてそこにいるのだ。わたしは長くかかるだろうと思い、娘のためにおもちゃやお弁当まで準備していたが、それほど待たされずにさくさくと事は済んだ。
係の人は保健婦さんの手紙を読むと、「住まいが子供を育てる環境に適していないので、一時的に住宅補助を受ける事ができるはずだ。必要な書類を渡すので申し込みをしてください。」と言った。
おおっ!なんと、手紙一つでこんなにも簡単に受け入れてもらえるとは!
旦那はあんなにネガティヴでどうでもいいと言っていたくせに、「家に住めるぞー!」と、まるでもう決まったみたいに周りに言いふらして喜んだ。

申込書はすぐに受理され、お役所から面接にきて下さいと言う連絡がきた。どんな話をするのだろうか、住宅の空きがあったら、今すぐにでも引っ越すことができるのだろうか。
ワクワクしながら行くと、話しはそう簡単ではなさそうだった。
まず、わたし達は働いていて収入があるので、ボートのローンを返していても、家賃は少しも補助してもらえないが、最初の月の家賃と敷金などはお役所が全額貸してくれるのだそうで、その家を出るときにそのお金を全額お役所さんに返済しなければいけない。
なので、ボートを1ヶ月以内に売ってしまわないと、家賃とローンの2重払いになってしまうのだ。
そして家は自分で探し、いい物件があったらすぐにお役所の生活福祉課に連絡して、役所が補助してもいいような物件か調べてもらい、それが受理されてから初めて不動産屋、または大家に役所から直接お金が振り込まれるのだと言う。
この他にも細かい決まりがいくつかあり、そう簡単には生活保護も受けれないようになっているんだなあと、感心させられた。
と言うか、感心している場合ではないのだ。ここまでやっとこぎつけたのに、このチャンスを逃してなるものか!
絶対に次の冬までに住む場所を見つけ出すんだー。
こうしてわたし達の部屋探しが始まった。
わたしと旦那はこれで辛いボート生活から抜けれると喜んだ。何か明るい未来すらそこにあるような気がした。
その時点でわたし達は無垢すぎた。
人生、本当にそんなに甘くないのだ。
スポンサーサイト

ママ友

2年間の子育てで、わたしにもママ友ができた。イギリスに住んでいながらイギリス人のママ友はなぜかできないが、数人の外国人ママさんと日本人のママさん達だ。
みんな子供が幼稚園に行かない日などは、集まって子供達を遊ばせたり、情報交換などをする。
ボートに住んでいると知って態度を変えたり無視するような人達もいる中で、親切で理解力のあるお母さん達もたくさんいた。
わたし達のボートが狭いのと、すぐそこが川で危険、トイレの使い方も普通の家とは違って不便なこともあって、いつもわたしと娘は人様の家にお邪魔してばかりだ。
どこの家にお邪魔しても、あたりまえのことだが、あたりまえのものが普通にある。お風呂、食器洗い機に掃除機、アイロン、電子レンジ。。。
ママ友の家に遊びに行ってバスルームを見るたびに、本当にヨダレが出るぐらいにバスタブを見入ってしまう。
生活の次元がまったく違うので、わたしはだんだん自分の生活が恥ずかしいと思うようになり、家に招待したりランチをご馳走したりしてあげれない状況に、わたしはだんだん人の家にお邪魔するのが申し訳ない気持ちになってきた。
そして、しばらく髪が洗えなかったら、自分が脂っこくて臭いんじゃないかと心配になり、だんだん人と関わるのも怖くなってきた。
そんなわたしを察してか、それともやはりわたし達の生活感と彼女達の生活感が合わないと思われたのか、ただ単に忙しくなったのかは知らないが、お母さん達からのお誘いもだんだんと減ってきた。
それでも娘は「〇〇ちゃんの家に行こうよ。」などと言い出すので、余計にわたしを悲しくさせる。

そんな中、わたしとずっと関わりあってくれるママ友達もいる。
ボートコミュニティーのすぐ近くに住むフランス人のママ友は、なぜだかすごくわたし達の世話を焼いてくれる。ローカル新聞にわたし達ボートコミュニティーのことが載ったら、新聞を持って自転車でわたしのところまで慌てて持ってきてくれたり、嵐の日は、わたしがいくら遠慮しても、せめてわたしと娘だけでもと言って家に泊めてくれたり、わたしが頭を掻いてると、「もう、いつも勝手にシャワー使っていいって言ってるでしょう。」と言ってタオルを渡してくれる。
彼女には娘と同じ歳の男の子がいて、二人とも仲良く遊んでくれる。彼女のパートナーもイギリス人で、うちの旦那と気が合うらしく、家族ぐるみで付き合うようになった。
日が経つにつれて、彼女はママ友から、信頼のおける友人に変わった。
彼女のおかげで辛いボート生活を何度乗り切ることができたか。
そしてもちろん気軽に日本語で付き合える日本人のママ友達も少しだけれどもわたしと仲良くしてくれる。子供抜きでお茶したりグチを言い合ったり、一緒に日本を懐かしんだりすることもある。
本当に少数だけれども、今でもわたし達と付き合ってくれるママ友達、友人達、ボート仲間達。
彼らがいてくれたおかげで、わたしは本当に救われた。
そしていつか彼らが困った時は、わたし達が同じように助けることができるように、わたし自身が強くなって成長していきたい。
ボート生活は大変で生活はみすぼらしいけど、わたしはたぶん普通に家で暮らしていた時よりも、本当に心ある人とそうでない人が見分けやすくなったのではないかと思う。傷つくことも多いけど、感謝の気持ちで人に接することができるようになったのは、ボート生活のおかげなんだろうなあ、と思う。
思い出すのも嫌になるぐらい辛かった2012、13年の冬、そしてその後も、わたし達家族を助けてくれた全ての人達をわたしは絶対に忘れない。
冬が来るたびにわたしは全ての人達のことを思いながら、聞こえないありがとうを言う。
そして、これから来るこの冬も。。。。

生活が厳しくなっていく

2012年11月、ボート生活を始めてから5度目の冬がやってきた。川の水が増し、流れも速くなるので頻繁にボートを動かすことができなくなる。月に一度水を補充してトイレを汲み取ることができるか出来ないかなので、夏よりもセーブしてやっていかなければいけない。そんな厳しい冬が始まってすぐに、酷いニュースが飛び込んできた。
わたし達がいつも利用している供給所が11月中旬から3月まで工事のために水門ごと閉鎖すると言うのだ。
水門が使えなければ、その先にも行けない。反対方面は流れがもっと早いし、冬は水門さえ開けられない日がほとんどだから、わたし達ボート生活者は約4ヶ月間、水も無くトイレも汲み取れないということになる。
冬の間だけでも工事する水門の向こう側に移動するしか方法がなかったが、行ったところで停滞場所がないのだから、行っても意味がないのと、わたしと旦那が仕事に行くのに時間も交通費も倍になってしまうので、この案にはムリがあった。
と言うことで、わたし達は4ヶ月間、水無しトイレ汲み取り無しで過ごさなければいけなくなった。
なんと恐ろしい。。。
わたしと旦那、ボート仲間達総出で、水門が閉鎖される前日ギリギリに水を補充してトイレをキレイにしに行った。
予備のタンクも3つ購入して、旦那はポータブルトイレも購入した。これで週に一度、旦那が車で30分先の破棄場まで捨てに行き、水は旦那が毎日こっそりと職場のキッチンから汲んで来る。それでなんとか3月まで持ちそうだ。
と言うか、汚物を車で捨てに行ったり、こっそり水持って来たりとか、一体どんな生活なんだか。。。。

なんとか乗り切れそうだと思ったが、思っていたよりも過酷だった。クリスマス、正月休みが入ったせいで、旦那は職場が休みになり水を持って来ることができなくなった。
暗くなるとこっそりと公園などから水を汲んできたりして、旦那は重いタンクを毎日担ぐのにうんざりしてきて、更に週に一度と言えども、トイレの汚物を捨てに行くのもイヤになっていた。それプラス毎日の薪割りと木や石炭の調達、コインランドリー。やることが多い。
わたしも水やトイレをセーブして暮らすのに飽きてきた。
寒い冬にゆっくりとお風呂に浸かることばかり夢見て毎日を過ごした。

ボート仲間達は日に日にみすぼらしくなっていく。薪ストーブのせいで、さらに薄汚れていく。彼らは春が来るまでシャワーを浴びなくてもいいと思っているようだ。いつもキレイにしているのは、親分のPと彼のパートナー、そしてかろうじてわたし達家族だけだった。
彼らはトイレも近くのレジャー施設に走って行く。ちなみにこのレジャー施設、ビール1本分の値段でシャワーが浴びれる。シャワーよりもお酒が大事なのか。。。と思うと、同じボート仲間ながら、思考回路がさっぱりわからない。
わたしは2、3日頭を洗わないと頭が重い気がして元気がなくなるのに、彼らは元気だ。もう、汚いというのが普通の感覚になっているのだろう。。。。
そして彼らは、燃料費を節約するために皆で焚き火をして冬を乗り切り、水がないので色んなところから調達してきたりしてその冬を乗り切った。
こんな状態なので、もちろん近所の住民達からもっと嫌われ、攻撃されるようになり、わたし達ボート住民はいつのまにかローカル新聞の記事の常連になってしまった。
こうなったらお役所さんも黙っているわけには行かず、春になったら立ち退けという警告をまた出さなければいけなくなった。
それでも、わたし達が停滞している場所は法律的にはお役所の管理下にないので、法律が変わるまで役所からの警告は無意味なものだった。
わたし達ボート住民は、なぜここまでしてこうやってコミュニティーでボート暮らしを続けているのか、誰もわからない。彼らは好きな生き方をしているんだと主張するわりには、お金があったら豪邸に住みたいなどと言う。本当は、ボート暮らしの他に選択はないのだと思う。
わたしと旦那もそうだった。せめてボートのローンが終わるまでは、ボート生活をし続けるしかないのだ。
氷点下の寒い朝にボート仲間が1人でも外に出てこなかったら、凍死したのではないかと心配して様子を見に行ったり、わざわざレジャー施設まで行ってトイレをかりたり、シャワーを浴びるのを我慢したりして生活しているなど、すぐ目の前に住んでいる地域住民は想像もつかないだろう。
先祖代々から同じ家に住んで、小さな頃から慣れ親しんだ自然と川をボート住民達に邪魔されて不快な思いをしている住民達の気持ちはよく分かるが、向こうはとうていこちら側の気持ちは分からないだろう。

どうにもできないまま、わたし達は皆、何か大きい変化が起きるまでボートで暮らしていくしかなかった。たとえ水が無くてトイレが使えなくなったとしても、そうやって暮らして行くしかないのだ。
わたしはこの時の冬が永遠に続くのではないかと思うぐらい長く感じた。冬が終わったとしても、短い夏が終わるとまた冬が来る。地域住民の力で法律が変わったら、次の冬が来る前にここを立ち退かなければいけなくなる。
そうなったら、わたし達は皆、行き場を失ってしまう。
厳しい生活の中で先が見えないまま、ボート仲間達の結束だけが強くなっていった。
そこしずつ何かが変わり始めていた。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。