スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳直前、娘がついに歩いた!

2012年8月末、娘もあと1カ月で2歳になろうとしていた。
相変わらず歩く気配もなく、立とうとすらしない。それなのによく喋るのでバランスが悪い。
わたしも旦那も周りの知人達も、もう娘にいつ歩くのだのと言うのも飽きてきた頃、それは突然やってきた。

まだ夏の太陽が眩しい暖かい週末、わたし達3人はボートのすぐ目の前にある広場でピクニックをしていた。
ボートの中は暑いし狭いので、天気がいいとわたし達はいつも外で敷物を敷いて過ごす。食事をしたり、おもちゃを出して娘を遊ばせたり、時にはコインランドリーで乾かしたばかりの大量の洗濯物を畳んだり。
その日もわたし達はランチを食べてから、のんびりとくつろいでいた。娘はご機嫌で、お尻でぴょんぴょんと飛び跳ねながら芝生をあちこち移動して喜んでいる。
旦那はまたもやビール片手に通りかかったボート仲間と話しをしている。わたしは残り物をつまみながら見慣れた平和な風景を眺めていた。
少しするとぴょんぴょんと飛び回っていた娘が突然止まった。何か面白い物でも見つけたのだろうかと思いながら彼女を観察していると、手をついてお尻を持ち上げ、何を思ったか立ち上がったのだ!
ムリやりさせないとつかまり立ちすらしなかったくせに、何の予告もなく、まるで立ったことがあるかのように普通に難なく立ち上がったのだ。
何、なにー!?
もしかして、娘、わたし達が寝ているときとか、見ていない隙に立つ練習でもしてたのかー!?
とにかくわたしは世界がひっくり返ったのではないかというぐらいに慌てて旦那を呼んだ。
旦那も大慌てで持っていたビール缶をボート仲間に渡し、娘の2メートルほど前にしゃがんで手を広げた。
「ここまでおいで。」
わたしはあたふたとケータイを探す。写真、写真、いや、動画かー!
娘は両手を前に伸ばして手を広げた旦那の方に向かってトコトコと歩いた。
歩いたー!!!
娘が歩いた!ついに歩いたのだー!!!
2歳の誕生日を目前に、娘はやっとやっと歩こうと思いたったのだ!
娘は数歩進んで旦那に抱きついた。たった数秒ほどの出来事だったが、人類が空を飛んだぐらい大きな出来事だった。
わたしと旦那は嬉しくて「イエーイ!!」と発狂し、周りのボート仲間達も拍手喝采だ。
広場を散歩している人達は何が起こったのだろうと不思議そうにしている中、わたし達はキョトンとした娘を抱きかかえながら、大喜びではしゃいだ。
だって、ほんの数分前までは、まさか娘が歩き出すなんて思ってもいなかったのだ。

こうして何の警告もなくいきなり歩き始めた娘。約2年間足を全く使っていなかったので、歳の割には足が小さい。その小さな足でバランスが取れるだろうかと心配したが、その翌日、少し歩くのを怖がっておぼつかない足取りだったが2日目からは普通に歩いていた。
今まで歩かなかった期間は一体なんだったのだろう。。。
娘が歩くまで、わたしと旦那は待って待って、心配して泣いて、時には悔しい思いすらした。それなのに、歩き出してしまうとなんてことはない。
歩いたと喜んだと思ったら、今度は違う心配が増えた。ボートから一人で勝手に外に出ないかとか、川沿いで遊んで滑って川に落ちないかとか、突然いなくならないかとか、心配は本当に尽きない。

またテムズ川に過酷な冬がやって来る。歩き出した娘はどんな冬を過ごすのだろう。ボートの中は狭くて歩き回るのは不自由だろうし、寒くてもどんどん外で遊ばせなければいけないだろう。
一つ変化があれば、また違う変化が付いてくる。嬉しいことや感動的なことがやって来ても、大変なこともやっぱり一緒についてくる。人生ってなんだかシーソーみたいなもんだなあと、川沿いを念願の長靴で危なっかしそうに歩く娘を見ながら思った。
スポンサーサイト

Aが違う世界に行ってしまったと思った出来事

6月末、初夏の眠ってしまいそうなぐらい心地よい太陽と緑の匂いが町中を幸せな空気にさせる季節、そんな時期にMAちゃんは産まれた。わたし達家族は彼女の誕生会のためにAの家に行った。車には1週間分の洗濯物と着替え、シャンプー類などを積んで。。。
誕生会の準備の手伝いをする代わりに、洗濯機とお風呂を借りることになったので、家族揃ってキャンプに行くみたいな大荷物で友達の家に行くわたし達。
なんか、もう普通に暮らしたい。。。
とにかくわたし達は朝一でAの家に行き、身支度を済ませて誕生会の準備に取り掛かった。

イギリスの子供の誕生会は日本人のわたしにとっては少し異常だ。家族や友達を招待して、小さい子供は親同伴で参加する。数週間前に招待状を配り、そこから何人ぐらいの人がが来るかとか、食べ物は何を出そうか、どんなアクティビティーをするかなどを考える。
子供が大体7歳ぐらいになるまでは、親が同伴で誕生会をするが、その後は仲良しの子供たちだけで家やレストランでパーティーをしたり、映画や劇場に連れて行ったりと少しずつ楽になるが、出費はどちらにしろかなり多い。
Aは今回はMAちゃんのために約20人の子供たちとその兄弟、親を呼び、Aの家族と友人も招待した。
いったいどんな大きい家なのか?と疑問に思うだろう。Aの家はリビングなども大きいが、庭が広いのだ。何人もの人がごちゃごちゃいてもまだ子供たちが走って遊べる広さ。
空気で膨らます巨大クッションのジャンピングハウスをレンタルして、トランポリン、ミニプールまで買った。大量の食べ物に飲み物、ビールやワイン、飾り付けの風船や垂れ幕、そしてパーティーの最後に子供たち全員に配る「お楽しみ袋」。
一体いくら使ったんだろう?
バースデーケーキはWが出来合いの城型ケーキに飾り付けをした。Aにプリンセスのお城にしてと言われたのにもかかわらず、チョコレートを塗りたくっておばけ屋敷にしてしまい、Aがカンカンに怒ってしまった。
娘はMAちゃんが大好きなので、大人達が誕生会の準備をしている間、二人で本当に楽しそうに遊んでいる。赤ちゃんの頃からの仲良しなので、わたし達が放っておいても二人でよく遊んでくれるし、あまりケンカもしないので助かる。
旦那とWは風船で庭や家中を飾り付けながら、すでにビールを飲んでバカな話ばかりしている。
わたしとAも準備しながら世間話をする。
わたしはAに保健婦さんに言われて役所に連絡して住宅を申し込んだが断られ、そのあと市民相談協会に連絡して酷いことを言われた話をした。
Aは「ボートの生活を思い出すだけで気分が悪くなるのよ。わたしは本当にラッキーだったわ。あなたが今でもボートに住んでいるのが信じられない。娘のためにも良くないわよ。」と言って、わたしに、「バカねえ、やり方を間違えたのよ。旦那と別れて暴力を振るわれたから行くところがないと言ったら、家を与えてもらえるわよ。」と、アドバイスした。
あはは、そんなことができたらとっくにやっている。
そしてAは思い出したようにわたしに言った。
「そうそう、誕生会に来る他の親達にボートに住んでるって言わない方がいいわよ。色んな目で見る人がいるから。」
そしてAもボートに住んでいたとは誰にも言わず、Wがボートに住んでいるとも言わず、ボートを所有しているのだと言っているのだと言う。
ふーん、そうなんだ。なんか、ちょっとショック。。。。
とわたしが思っていると、横で旦那が黙って立ってわたし達を見てから、何も言わずにどこかへ行ってしまった。
わわわっ、聞いてたんだ。旦那。。。。
そんなこともお構いなしにAはボート仲間達のことまで見下した言い方で、関わりたくないと言った。
って言うか、わたし達家族もあなたのパートナーのWもその仲間なんだけど。。。
Aは準備が終わると、皆が来る前に着替えると言ってブランド名がジャーンとついているラメラメのワンピースに、高いヒールのサンダルを履いて颯爽と現れた。
って言うか、A、陸に住み始めてから変わりすぎだよ。
悲しいと言うより、ちょっと面白すぎる!

誕生会は思ったよりも遅くまで続き、わたし達はAの家に泊まることになった。娘とMAちゃんは大はしゃぎで遅くまでベットで遊んでいた。
たぶん、これからここにお邪魔しに来ることはあまりなくなるだろうから、今のうちにいっぱい楽しんでね。と、わたしはなんとなく思った。
娘はMAちゃんが大好きで、わたしもAが大好きだった。
Aはわたしの貴重なイギリス人の友達の一人だ。なかなか仲良しになってくれないイギリス人の中でも、彼女だけはいつもわたしを対等に扱ってくれた。
それなのに、今はまったく違う世界で生きているような気がする。
洗いあがったわたし達の洗濯物や、キレイになったわたしの髪とか、なんだか今はちょっと虚しい。
Aが顔をしかめて「汚い」と言ったボート仲間達は、そんなことを言われているとも知らず、この夜も平和にバカ騒ぎして過ごしているだろう。
夜が更けて静かになると、なんだか急に寂しくなった。そして全然眠れない。
こんな時に限って旦那は酔っ払ってソファーで大イビキをかいている。
Aとのことをたくさん、たくさん思い出した。
人は変わる。環境や状況で別人のようになれるのに、でも別人ではないのだ。
変わったように見えてもAはAなのだ。わたしに優しくしてくれて、今でも必要なときは助けてくれる大切な友人だ。
どんな状況であれ、彼女やMAちゃんが幸せでいることが一番なのだと思った。

翌朝、わたし達はAの家を後にした。
キレイになった洗濯物やシャンプーなどを車に積んで、「ありがとう。」とAに言ったとき、こうやってAに世話になっている自分が恥ずかしくなった。
お風呂に入れるのはすごく嬉しいし、娘をたっぷりのお湯で洗ってあげたいけれど、Aに見下されているんだろうかと思いながら世話になるのは気が引けたし、マジメに生きていて、バカだと言われるのもなんだか腑に落ちない。
車を運転している旦那が「大丈夫か?」と、前触れもなく聞いてきた。
わたしは大丈夫だと言ってから、「Aの家、遠いからあまり頻繁に行けないね。」と言うと、旦那は「そうだなあ。」と言っただけだった。
娘が後部座席でまたいつものように楽しそうに歌っている。
大きい家も、庭もお風呂もない暮らしだけど、貧乏で大きい誕生会もやってあげれないし、ブランド物の服も着せてあげれないけど、娘はいつかわたし達が親で良かったと言ってくれるだろうか?
何が良いことで何が悪いことなのか、わたしの中でさっぱり分からなくなってしまった。
ただ1つだけ分かることは、たとえAが違う世界に行ってしまったとしても、わたしも(旦那も)Aも、大事な子供のために一生懸命生きているということだけは一緒なのだ。

人生そんなに甘くない

わたしは優しい保健婦さんに言われたことを旦那に事細かく話した。
旦那は、保健婦さんが言うように役所に相談したら、ボートが売れるまで一時的にでも家を借りれる援助をしてもらえるかもしれないと乗り気だった。
わたし達はその時まだ家賃並みの額のボートのローンを毎月支払っていたので、家を借りても家賃と二重払いは絶対に無理だった。生活もギリギリで貯金も無かったので敷金などを払うこともできなかった。
条件は揃っている。特に過酷な冬のボート生活、狭い環境で娘を窮屈な思いにさせていること、そして、住所が定まっていないので娘の学校が決まらないなどだ。
わたしも旦那も大きい家などいらなかった。共同アパートでも狭い部屋一つだけでもいいので、一時的にボートから出て、ボートを売りに出す準備をしたかった。ボートさえ売れればある程度のまとまったお金が入るので、今よりはなんとかなる。

旦那はさっそく役所の住居手当係に電話をした。
でも、その電話も10分ほどで終了してしまった。
ボートを所有して住んでいるということは、持ち家があるとみなされて援助はできない。わたしも旦那も、二人とも働いているので尚更だと言われて話は終わってしまった。生活がどんなものかとか、話も聞いてくれない。
なんだかボートを持っていて、仕事をしているのが悪いみたいだ。
仕方がないので、これ以上何をしたらボート生活から抜け出せるか、市民相談協会に相談してみることにした。
こうなったら後には引けない。住めるなら一刻も早く陸に住みたい。
イギリスにはシチズン アドバイス ビューロと言う無料の相談協会が各地域にある。ボランティアで市民に幅広く色んなアドバイスをしてくれる。Aも最初はそこでアドバイスをしてもらって、役所から家を与えてもらうまでに至ったのだ。
近くの相談協会は月曜日から金曜日までの9時から12時までしか開いていないので、旦那は仕事があるし、わたしが電話をすることにした。
何年もイギリスに住んでいて、旦那もイギリス人のくせに、わたしは電話で会話するのが苦手だ。旦那や友人ならもちろんなんともないのに、役所とか銀行とか、いちいちドキドキしながら電話しなければいけない。
この日も本当に緊張した。怖いので、その相談所のレビューまで見て調査したり、ノートに細かく言うことをまとめたりして、やっと受話器をつかんだのだ。
電話に出たのは若い感じの女の人の声だった。
ああ、緊張する。わたしの発言でちゃんと理解してくれるかなあ? レビューは良かったし、みんな親切で親身になってくれたって書いてるし、きっと大丈夫。
わたしはメモ用紙を見ながら(たぶん)分かりやすく状況を話すと、女の人はすごく不機嫌な声でわたしの話の内容とは関係ないことを言ってきた。
「あなた何人?ビザはあるの?ボートに住んで住居税は払っているの?」
ビザはもちろんある。住む場所が定まっていないので住居税は納めていないがリバーライセンスは払っている。というと、「税金も納めてない人にアドバイスはできないわっ!」とバッサリ言われ、「仕事をしているので税金は納めてます。」と言い返すと、「だったらアパートでも借りなさいよ!」と叫ばれる始末。
全然相談所の役割を果たしていないではないか。
わたしは緊張して電話して更に追い込まれたので、すごく動揺して相手の名前さえ聞くのも忘れてしまっていた。
なんだか良く分からないが、人生やっぱりそんなに甘くないのだ。っていうか、わたし、なんで叫ばれたんだろう?なんか悪いことしたっけ?
わたしは旦那が仕事中だと分かっているのにどうしても話したくて、その後すぐに旦那に電話した。そして旦那が出た途端、涙が出てきて止まらない。
旦那は、なんだなんだとわたしの話を聞き、「なんでそいつの名前を聞かなかったんだ。オレが今から電話する。」と言って切ってしまった。
少しして旦那から電話がかかってきて、「若い声の女の人が出て、役所が援助できないと言うならそれ以上何もできないから、何度も役所に掛け合うしかないのでは、と言われた。」と言った。そして、わたしに酷い対応で叫んだ人がいると苦情を言うと、「他にもメンバーがいるのでどの人か分からないが、探し出して言っておくと言っていて、彼女はすごく感じのいい人だった。」と言った。
はあー?それって、わたしと話した人と同じ人なんじゃない?なんかおかしくない?
わたしはなんだか、本当に気が抜けて、全ての一連がどうでも良くなった。
期待したりドキドキしたり、緊張したり泣いたり。なんかもうイヤだ。

わたしと旦那は、国からの援助を諦めた。もう、ローンが終わるまでボート生活を続けるしかないのだ。ローンの支払いが終わって少ししたら貯金もできる。そしたら敷金だって払えるし。
あと、2年半から3年の我慢だ。一生ではない。
と言っても、はあ、長い道のりのような気がする。

なんだか上手く行かないので、わたしはちょっとヤケクソでナンバーズを2口買った。これが当たったら、役所に頭なんて下げなくても、相談所に叫ばれなくても、堂々と家に引っ越せる。と言うか、もしかしたら家を一括で買えることになるかもしれない。
そして、ナンバーズは見事に外れた。またムダなお金を使ってしまったのだ。
やっぱり人生、そんなに甘くなかった。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。