スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の悲しみ

2011年9月中旬、それは突然やってきた。
なんでもない普通の朝だった。旦那は仕事に行き、わたしは娘に朝食をあげていた。
珍しいことに義姉から電話がかかってきたのだ。義姉は旦那に電話をしても、わたしにかけてくることなどない。どうしたんだろうと思い電話にでると、旦那に電話をしても応答がないのでわたしにかけて来たのだと言い、「マム(お母さん)が死んだかもしれない。」と言った。
寝ている間に心臓が止まり、朝には亡くなっていたのだそうだ。
誰よりも元気で良く働き、世話好きで頼り甲斐のある義母だった。前日までピンピンしていたのだ。誰がその夜に亡くなってしまうなんて想像できただろう。
言うまでもなく旦那はパニックになり、Pが車を出してくれたお陰で、なんとかその日は早いうちに旦那の実家に向かう列車に飛び乗ることができた。
こんな時は、ボート仲間達は本当に頼りになる。帰りがいつになるか分からないわたし達のために、留守の間ボートを見てくれるし、何かあればすぐに連絡が来る。

義母が亡くなった最初の一週間はイギリス版ドッキリカメラかもしれない、そうであって欲しいと願い続けた。葬式などが始まって、やっと事実と向き合うようになった。そして悲しみと同時になぜか怒りまで込み上げてくる。歳をとってからも孫達の面倒をみて、自分の旦那のために家事を完璧にこなし、その上子供達の心配までして、どうして自分の旦那よりも10歳も若いのに先に行かなけれないけないのだろうか。
義母はボート暮らしのわたし達の貴重な理解者のうちの一人だった。クリスマスになると、湯たんぽや携帯ラジオ、保存のきく缶詰などボート生活で活躍しそうなものを買いためてたくさん持たせてくれる。娘のために細々とした赤ちゃん用品からおもちゃまで、どこかで見つけては買ってきて次に会う時まで渡すのを楽しみにしていた。わたしの母が来た時は、母に娘をいっぱい抱っこさせてあげて、「自分はイギリスにいて、日本にいる彼女よりも多く孫娘にあえるから。」と言っていた。それなのに、義母が楽しみにしていたわたし達の娘の初めての誕生日の2週間前に帰らぬ人となってしまったのだ。
ボート生活が辛くなって義母の元に長く滞在したときも、ずっとわたしの世話をして気にかけてくれた。不便な生活の中で義母がいる家はわたし達にとって憩いの場所だった。彼女がいなくなってしまった家は、もう前と同じように寛ぐことはできない。
旦那や家族はわたし以上に混乱と悲しみの中にいただろう。わたしですら立ち直るまで時間がかかったのだから。

最愛の母を亡くして旦那は弱気になってしまったようだった。ボート生活が少し行き詰まると、もうこんな生活をやめて家に住みたいと言うようになった。貧乏でタフな生活は、仲間がいて楽しいときは張り切って毎日を過ごすことができるが、精神的なダメージをうけると、がんばる気力が薄れてしまう。しかも、じゃあ家に移りましょうかと言ってすぐにできるわけではない。ボートのローンと家賃の二重払いは到底ムリだし、ボートを売りに出してもすぐに売れるかは分からない。旦那はこれからのことを考えるのすら困難なようだった。
それでも冬はやって来る。薪割りやら、水汲みやら、寒さの中やることはやらなければいけない。義母のいないクリスマスをやっと乗り越えて、ハッピーとは言えないニューイヤーを過ごし、春が来るまで相当辛くて悲しい思いをしていただろう。それでも、旦那はわたしや娘の前では絶対に泣かなかったのだ。
わたしもまた、子育てをしながらの冬のボート生活は辛かったが、旦那にそれを愚痴ったりイヤな顔を見せないようにして過ごした。旦那のために、状況を何も知らない娘のために、できるだけいつものように、普段のようにと思いながら毎日を送っていた。

ある時ふと思った。
義母はボートで暮らしているわたし達をどんな風に見ていたのだろう。楽しそうに見えていたのだろうか、それとも大変そうだと思っていたのか。言いたいことや助言したいことはたくさんあっただろうに、黙っていつも理解を示してくれていた。気苦労はかけていなかっただろうか。
何をどんな風に思っても義母に問いただすことはできない。
今わたしと旦那ができることは、義母が良くやったと喜んでくれるように、毎日精一杯暮らしていくことだけだ。

長い長いわたし達の冬はまだまだ続く。
スポンサーサイト

現地のお母さん達が怖い。。。

わたしのイギリス生活が少し長いからと言って何でも知っているわけではない。特に育児サークルや子供グループなどとは今まで無縁だったので、どこに行っていいかすら分からない。
とりあえず、近くの地域センターなどをネットでチェックして赤ちゃんを遊ばせるようなグループをいくつか抑えておいた。かと言っていきなり飛び込むのも勇気がいるので、日本人用のコミュニティーのサイトから近くのグループを見つけて参加してみることにした。

日本人のお母さん達はみんな優しくて、とても話しやすい。お陰で精神的にも楽になってきた。少人数のグループだが、娘と同じくらいの子供から話ができるくらいの子供までいる。居心地がいい。
何度か通ううちに楽しくなってきたので、その勢いで現地の子供グループに参加することにした。
初めてで緊張していたが、特に問題なく小さな娘を遊ばせることができた。狭いボートと違ってスペースもあり玩具もたくさんある。他の赤ちゃん達も周りにいて娘は楽しそうだ。
4、5回通うと同じ年ぐらいの赤ちゃんがいる人たちと少しづつ話すようになった。挨拶をかわしたり、短い会話をしたりしだしていい感じだ。

ある日わたしはボートの外で娘を抱っこしながらボート仲間数人と話をしていた。そこを現地の子供グループで少し話をするようになったイギリス人のお母さん2人が子供をベビーカーに乗せて前を通りかかったのだ。
彼女達はわたしを見て「あら!」と言うような顔をして、わたしも散歩中なのかと尋ねてきた。
わたしはちょっとご近所さんと話をしているのだと言うようなことを言うと、彼女達はボート仲間達ともいい感じに話をして、わたしに「ボートに住んでるなんてステキね。」と言って、笑顔で去っていった。
ボート仲間達は、「感じのいいママ友ができて良かったじゃないか。」と言ってくれて、わたしもなんだか分からないが、ちょっと嬉しい。
翌週に気分を良くして張り切ってグループに行くとあの川原で偶然会ったお母さん2人がいるので、ハローと挨拶しに近づいたら、完全無視。目も合わせてくれない。
なんだ、どうしたんだろう?
少ししてわたしは思った。ああ、そうだった。わたし達は地域の新聞に酷いことを書かれて、テムズ川のジプシーだとレッテルを貼られたんだった。誰もそんな変わった人とは付き合いたくないし、子供にも付き合ってほしくないだろう。
日本人のお母さん達が大らかで理解力があったので、ボートの話をしてもみんな快く聞いてくれていたが、この界隈に住んでいて事情を分かっていたらそうはいかなだろう。
わたしは急に寂しくなり、その子供グループに参加するのを止めてしまった。
小さい娘には広い場所で遊んでもらう機会を作ってあげたいので、わたしは他のグループに通いだした。赤ちゃんマッサージや童謡を歌ったり、読み聞かせなど無料のイベントはできる限り全て参加した。その際はどんなによく話をするようになっても、他のお母さん達にはボートに住んでいることは一切言わないようにした。
外に出るときも、中に入るときも、辺りを見回してから行動するようになった。
旦那もボート仲間も、そんな人達は気にしなくていいと言うが、そうはいかない。自分一人だけならわたしもいちいち気にしないが、娘のことを考えると彼女には嫌な思いをさせたくない。まだ小さいから分からないと周りは言うが、その小さな子供達もどんどん大きくなって、親とまったく同じことをしだすのだ。

この頃、わたしはボートに住んでいる貧乏家族という自分の現状を恥ずかしいと思うようになっていて、少しずつ自信をなくしていた。いつの間にかボート生活から抜け出したいと考えるようになっていた。
今思えば、旦那やボート仲間達が言っていたことは正しかったのだと思う。わたしの生活を偏見の目で見るような人がいても気にすることはなかったのだ。仲良くなったママ友の中には、わたし達の生活を尊重してくれて、手助けしてくれる人もいてくれるのだ。
そんな貴重な暖かい友人ができるまで、わたしは一人で人目を気にしながらビクビクとボート生活をしていたのだった。
それでもどんなに不安で辛くても、人にはそれを見せないようにしていた。娘のためにいっぱい明るい歌を歌い、小さなことでも声を出して笑うようにした。
そんなわたしを旦那は、彼が仕事をしている間、ただのん気に子供を遊びに連れ出すだけなので平和でいいなあと思っていたようだ。それこそのん気である。

この時期わたしはある意味孤独で、逃げ場がなかった。
そして、あっと言う間に辛い冬が近づいていた。

春が来て、コミュニティーが変わっていく

2011時、4月。またテムズ川にも春がやって来た。
3月までに立ち退けと警告が出されたのに、あれはなんだったのかと思うぐらい役所からは何の音沙汰もない。その代わり、ボートコミュニティーが少しずつ変わりつつあった。
ボート仲間の間では、好き放題勝手なことをやり過ぎてどちらかと言うとどうでもいいような存在のALという男が、酷く古くて大きなボートを2隻も手に入れて、「テムズ川で格安で夢のような暮らしをしよう!」とどこかに張り紙をして阿漕な商売を始め、コミュニティーのすぐ目の前に居座り出したので、それに飛びついた若者や学生たちが増えだした。
ボート仲間達も仕事をしてないようなものなので、若者達と仲良くなったりして、すっかり浮かれている。
Wがいなくなって静かになったと思ったら、休みなくまた賑やかになった。
旦那はすぐに新しい仲間に飛びこむタイプではないので、気にしていないような素振りをしながら少しずつ様子見で中に入って行っているようだ。そんなことよりも、少しは育児のヘルプでもして欲しい。
外に出ると座禅を組んで瞑想している若者や、花輪を頭に乗せたヒッピーから、大きなキャンパスに不思議な抽象画を書いてるものまで、コミュニティーは春と共に天国になってしまった。。。。
わたしはその中でほとんどいるかいないかの存在で、時々ヒッピー達の横を娘を抱っこ紐で抱え、大きなゴミ袋を両手に抱えて通り過ぎているだけだ。
彼らは特に自分達以外のことには興味がないらしく、たとえボート仲間の誰かが困っていたとしても気にもしない。
時代も少しずつ変わるものだなあ。
そんなことをと思っているある日、ワイドスペースの大きいカナルボートに住むPと言う男がいきなりやって来てコミュニティーに居座った。
彼は45から50歳ぐらいのイギリス人で、体格がよく、頭は丸刈りで、怖そうだけど優しい目をするヤクザの親分を思わせる風格だった。ボートには同年代ぐらいの彼女と犬と一緒に住んでいる。そしていつも似たような風格の友達や子分みたいな人達がボートにやって来る。
なんだかよくわからないが、すごく気前がいい。ボート仲間や若者全てにテイクアウトの中華をご馳走したり、お酒を振舞ってパーティーをしたりする。
そして皆に優しい。ほぼ引きこもり気味でどうでもいいような存在のわたしにすら気をかけてくれる。
旦那もPは宝くじでも当たったんだろうか?それにしても太っ腹だしいい奴だ。と絶賛だ。
いつの間にかみんなPのボートに集まるようになり、ボートコミュニティーにまたまとまりが戻って来た。
若者達でさえ、わたしが通りかかると手を振ってくれるようになった。
なんだかPの影響力がすごい。

コミュニティーの状況も少しずつ良くなり、暖かくなってわたしの気分も良くなってきた。
川の流れを気にしなくてもボートを動かすことができるようになって、少しずつ薪ストーブも使わなくなったので、少し楽になる。
わたしは出産後7ヶ月目にして初めて何か行動を起こしたいという気になった。
長いようだがあっという間だった。毎日育児と家事、ハードな冬のボート生活に追われて、やることがたくさんあったので、それはそれで充実していた。それに小さな可愛い娘を毎日独り占め感覚で世話をするのも楽しかった。できればこのまま引きこもって娘といてもいいくらいなのだが、そうはいかない。娘だって春の空気を吸って自然に触れたいだろうし、他の子供達と触れ合うことも必要だろう。
そろそろわたしも外の世界に出なければ。

春と共に少しずつ色んなことが変わりつつあった。
もしかしたら何かいいことがあるかもしれないとすら思った。
でもいつものように、そんなわたしの予感は外れた。
今思えば、この春を栄にボート生活は変わっていったのではないかと思う。
わたしはこれからのことなど深く考えず、その時はただ「今」だけのために生きていた。

立ち退きの警告が出た


わたしはよほど疲れが溜まっていたのか、安心したのか、旦那の両親の家では初日から丸3日間高い熱をだした。
義母はわたしの世話から娘の世話まで献身的にしてくれて、わたしは時間になるとベットの上で娘に母乳をあげるだけで良かった。おかげでわたしはかなり回復して、クリスマスには旦那も来て、家族で楽しいクリスマスを迎えることができた。この時ばかりは、わたしはボート暮らしのことをすべて忘れるようにしていた。
わたしがリラックスしているからか、娘がそんな時期なのか、クリスマスが終わったあたりで娘の泣く量が急に減った。わたしと旦那の仲も回復していった。
娘が産まれてから初めての年越しは、ボートで家族3人、ボート仲間達に囲まれながら過ごしたいという旦那の希望で、わたし達は年越し数日前にボートに戻ることになった。

帰省日の前日、ボート仲間から連絡がありコミュニティーのボート全てにお役所から立退きの警告の紙が貼られたのだという。なんともご丁寧に彼らは護身用にリバーポリスを引き連れてやって来たのだそうだ。ボート仲間達は見た目は小汚く、騒ぐのが大好きだが、基本的に草食動物タイプなので、怒る人も反論する人もいない。黙って警告を受けるだけだ。
警告の紙には、3月までに立退かないと罰金をとるか法的手段を取るということが書いてあった。なぜ3月かと言うと、冬場のテムズ川は流れが早く、満潮と干潮の差も激しいので、安全上ボートを無理やり動かさせることはできないのだ。
実は昨年もこの時期にまったく同じ警告を頂いた。でも、コミュニティーがある場所は誰か個人の土地でお役所の管理下にないので、法律というものが存在しなかった。ただ、近くの住民達、ほとんどが長く住んでいるお年寄り達がコミュニティーの存在を良く思っていなかったので役所に文句を言った結果だった。
とりあえず旦那はいつものことで、法律が確定しないうちはどんなに脅しを受けても動く権利はないから心配ないと言った。
問題はこの後だった。
わたし達がボートに戻るとボート仲間の1人が地域版の新聞を持ってきた。ありもしないようなことが事実のように書かれ、わたし達ボート住民は「テムズ川の海賊」などと表現されている。しかも、違法滞在者の外国人をかくまっていて、子供もいると書かれている。
あれ?ちょっと待った。このボートコミュニティー、完全なる外国人ってわたしだけではないか。ってことは、子供がいる違法滞在者とはわたしのこと?
旦那に聞くと、わたしは旦那と結婚して正当なビザを持っているのでわたしのことではない、と言う。
いやいや、どう考えたってわたしのことだろう。
と言うことで、もともと近くの住民には良く思われていなかったわたし達だが、新聞記事のせいで、わたし達のことを知る地域住民の範囲が広がってしまったのだ。

わたし達は誰も冬の間はどうすることもできなかった。
わたしと旦那はメールや電話、時には徒歩で停泊場所を探しまわったが、空きがないのだ。あったとしても、高い。異常に高い。ボートのローンを払いながら払える額ではない。こんなんだったら、結構いい家に住めるか、小さいマンションが買える勢いだ。やっと見つけても、遠すぎる。環境はいいだろうが、旦那は確実に仕事を辞めて新しい場所で職探しをしなければいけなくなる。
娘のギャン泣きも落ち着き、旦那との仲もようやく元に戻ったのに、また次なる問題がやってくる。考えるだけでストレスになるので、春まで何も考えないことにした。それでなくても、冬のボート暮らしは過酷なのだから。

そのころ、コミュニティーの中でWは一番安心できる位置にいた。過酷な冬もほとんどAのところにいたので乗り切ることができた。そして、コミュニティーの場所が面倒なことになってきたので、Wはさっさと自分の大きなボートを売り、釣り用の小さいボートだけで身軽に動き回ることになった。
わたしも娘を抱え、水も汲みに行けずトイレも汲み取れない状況で大変だったので、何度かAの家に寝泊まりして自分を充電しながら、なんとか春まで過ごした。

どうか春には地域の人々が、小さい記事になったわたし達ボート住民のことを忘れて欲しい。わたしは冬中そんなのことを願っていた。

産後クライシスの回避方

母が日本に帰ってしまってからしばらくわたしは落ち込んだ。洗濯物を畳んだり、料理を作るたびにわたしは母を思い出した。なんだかんだと結局母が色んなことをしてくれていたのだった。
娘は相変わらず毎日泣き続け、わたしと旦那は産後クライシスさながら、最悪な夫婦仲になってしまった。
娘は泣き止まず、わたしも旦那も寝不足。それに加えてケンカが絶えないので、旦那も薪を割ると言って外に出たきり戻って来ない。
わたしはぎゃん泣きする娘を抱っこ紐で抱えながら、夕食を作ったり娘をお風呂に入れたりする。旦那はエンジン作業や力仕事は得意だが、掃除は全くダメだった。ボートは毎日床掃除や窓拭き、ホコリ取りなどをしないとすぐに汚くなる。夏はドアを開けておくので砂ホコリが多いし、冬は薪ストーブの煤で真っ黒になる。そして虫が多い。小さい蛾は何匹も群れをなして飛ぶし、クモも大きいのから小さいのまであちこちにいる。その虫達から娘を守るのにとても神経を使う。なんども大きなクモが娘の寝ている顔の上にぶら下がっていてビックリすることがあった。

娘が1日中泣く赤ちゃんで、ボートの中でやることがたくさんあるのと、旦那が外にばかりいることでわたしはかなりいっぱいいっぱいになっていた。
そのうちボートの中に閉じこもるようになり、めったに外に出なくなった。少し外に出ると、買い物をしていても娘は泣き続けるので、どこにも行けなかった。
そんな時わたしを精神的に助けてくれたのは、なんとインターネットだったのだ。ネットでは娘が泣き止まないと検索すると、出てくる出てくる。同じように悩んでいるママ達が。
わたしは初めどうやったら泣き止むのかとほぼ神頼みで検索していたのだが、そのうち同じような人がたくさんいて、今苦しくても時間が経つと解消する悩みだと知って、何度も励まされ、一人で泣いたのだった。
ネットのおかげで少し楽になったとはいえ、体力的にはまったく楽にならず、髪は抜けるし歯はボロボロだし、時々もうろうとしてくるので、わたしは日々家に住むことばかりを夢に見るようになった。

11月も半ばになり、季節は冬。あと1ヶ月ちょっとでクリスマスが来る。毎年クリスマスは旦那の実家に行く。旦那の家族、甥っ子姪っ子たちのプレゼントを準備しなければいけないし、カードも買い始めなければいけない。やらなければいけないことはたくさんあった。この状態でそれらをすることにはムリがあったので、わたしはクリスマスより1ヶ月早く旦那の実家に娘と二人で行くことはできるかと旦那にお願いした。それを聞いた旦那は二つ返事でオッケーを出し、なぜか喜んでいるようにも見えた。実際、修復不可能なぐらいに夫婦仲が落ち込んでしまっていたので、娘のことを考えても、少し離れて暮らすことはお互いにとっていいような状態だったのだ。
そんなことで、約1ヶ月、わたしはボート生活から離れることになった。

その頃、WのパートナーのAの事情も変わってきていた。
彼女は国から家を与えられて、共同で住んでいた借りの住まいから出られることになった。
与えられた家はまだ借りの住まいだが、それでもMAちゃんの部屋があり、Aの寝室とリビング、駐車場に大きな庭まであった。
もちろんお風呂もあるので、Aは気を使ってわたしにいつでも娘と一緒にお風呂や洗濯機を使いに来てと言ってくれた。
Wはもちろん、タダで一軒家住まいが味わえるので大喜びだ。AもWもクリスマスが早くやって来たようだと嬉しそうだった。
わたしもAとMAちゃんにちゃんとした家が与えられて嬉しかった。暮らしは大変でも、ゆっくり休める家があるのは素晴らしいことだ。
わたしもまた、旦那の両親の家でしばらくゆっくりできることが嬉しくて待ちきれなかった。
これで少しでも体力を取り戻して、旦那とまた元のように仲良く暮らしていけるようにと心から願った。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。