スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和なカナル 平和なテムズ川

気がつくと、一ヶ月以上ビクトリアパークに居ついてしまっていた。
夏真っ只中、カナルのボート住民達はボートの屋根に寝転んで日焼けしたり、テーブルとイスを外に出してくつろいだり、公園で昼寝をしたり、一輪車を乗り回す人もいるかと思えば、ジャグリングボールでジャグリングをしたり、フラフープをしたり、ギターを弾いたりする人達などもいて、自由なぐらい思い思いに夏を満喫していた。
イギリスの夏は、夜の9時を過ぎてもまだ周りがよく見えるぐらいに明るい。小さい子供達が遅くまで外で遊んでいたり、お年寄りまでもが夜の散歩を楽しんでいたりする。ボート住民達もボート暮らしというよりも、外で暮らしているのかというぐらい一日中外にいた。
わたしはなんだか大きい規模のキャンプにでも来ているかのような、ホリデー気分になれた。仕事から戻っても外はまだ明るいので半日得した気分になり、ついつい遅くま外で寛いでしまったりしていた。

AはWと赤ちゃんと一緒にコーンウォールから戻り、ボート生活を再開した。わたしと旦那は彼らに会いに電車で出かけた。
その頃ちょうどWの母親も遥々南アフリカから来ていて、彼らのボートに滞在していた。そのせいかWはいつもより大人しいような気がした。
赤ちゃんはまだまだとても小さくて、Wの大きな両手にすっぽりと収まるぐらいだった。AもWもどちらかと言えば大きめなのに、こんなに小さな赤ちゃんが産まれるんだなあと思った。
赤ちゃんはMAちゃんと名付けられた。Aが女の子が産まれたらいつか付けてあげようとずっと決めていた名前だった。MAちゃんは誰が見てもすぐわかるぐらいにWにそっくりだった。顔立ちはそんなに悪くないW。MAちゃんもキレイな女の子になるだろうなあと思った。
Aは大変だった出産の話をしてくれて、無事にMAちゃんが産まれてきてくれて人生の中で一番幸せな時だと言って、目に涙を浮かべた。
小さなボートでの暮らし。母親と父親、その横におばあちゃん。小さなMAちゃんは三人に大切に包まれながら、本当に安心しきって眠っていた。

カナルでもテムズ川でもボート住民達は平和だった。
2009年の夏、わたしは人々の幸せを遠くで見ながら心地の良い気持ちで、自由気ままな夏を過ごした。
翌年の夏は大きなお腹で、まだ見ぬ子供を待ちわびながら過ごすことになるとはこれっぽっちも思いもせずに。


いつもブログを見てくれている皆様へ
ブログはまだ2009年の段階にいますが、現実は2014年もあと本当に残りわずがとなりました。
今年は良いことも良くないことも含め、本当に色々とありすぎた年でした。早く皆さんに今の状況やこれまでの出来事をお伝えしたいぐらいです。
皆さんのコメントや拍手に本当に支えられて、ボート生活だけではなく、精神的にも乗り切ることができました。本当にありがとうございます。
11月に入ってからは、まさかまさかの連続でドラマチックに日々が過ぎ去りました。
それでも、平和に新しい年を迎えることができそうです。
また2015年も引き続きブログを続けていきたいと思っていますので、どうかよろしくお願いします。

皆様、良いお年をお迎えください。


スポンサーサイト

影響されまくる旦那

ビクトリアパークの停滞場所にいて気がついたが、たくさんあるボート生活者のほとんどが知り合い、または仲間同士で、ほとんどコミュニティー化していたのだ。
停滞期限はあってないようなものだった。ロンドン中心部と違って取り締まりが甘かったのだ。長く停滞しすぎてカナルを管理している機関に警告を受けてからやっと移動するという感じだった。
もちろん短期滞在者も多いし、新しいボート住居者達にも寛大だ。皆がとてもフレンドリーなので、居心地は悪くなかった。
気がつくと、旦那は数日でたくさん友達ができていて、特にMAという旦那より少し年上のモッズスタイルを少し崩したような兄ちゃんと仲良くなった。
MAは古着屋さんで働いていて、彼にはSHというロック好きそうな若い彼女がいた。そして黒いかわいい猫と一緒にわたし達と同じサイズのボートで暮らしていた。
モッズスタイルやロックと言えば、よく考えると、今までどの場所に停滞してもカナルの住民はオシャレさんが多かった。みんなそれぞれに個性的で、しかもアーティストや映画のダイレクター、デザイナーと、クオリティの高い仕事をしている人達が多かった。同じボート住居者なのにテムズ川の住民達とは種類が違った。テムズの住民はエンジニアや修理屋、大工などが多い。だからかどうかは何とも言えないが、彼らはオシャレなどとはかなり縁遠い。同じところと言えば、両者ともお酒好きでパーティー好き、そしていつもお金がなかった。
それでも、おしゃれさん達はよくちょっと高めのパブやバーに集まって飲むのが好きなようだった。スタイルは違っても稼いでいる分を娯楽に使うところはテムズ川の住民達とあまり変わらない。
ということで、と言うかなんなのか、なんだかいつの間にかわたしと旦那も気がつけば皆と一緒にバーで飲んでいたりしていた。
って、これじゃあテムズ川にいたときとほとんど変わらないではないか!?
まだボートに必要なものは全て揃っていないし、借金だってある。
わたしも旦那も八方美人なのか、嫌と言えないのか流されやすい性格なのか、それともただ単に楽しいこと好きなのか、仲間とツルんでいたいのか、自分達もなんなのか分からないが、余計なお金を使うから今日は参加しませんと言えばいいのに、ほとんど毎日彼らと飲みに行き、夏という季節も手伝ってか、ビクトリアパークで行われる野外フェスティバルで浮かれまくって過ごした。
旦那は休日になるとMAと古着屋巡りをしたり、アートの展示会などに行ったりしだした。
旦那よ、いったい何が起こった?
しかも最近服も買ってないなどと言い出し、今まで絶対に思いつきさえしなかったモッズ風のジャケットまで買ってくる始末。。。
おいおい、今までTシャツとボロジーンズでハッピーに生きていたではないか。。。
これは大変だ。旦那が変わって行く!
わたしは旦那が少し遠い世界の人間になってきたようになって、そろそろ止めに入らなければと思いだした。
とは言え、今までのように酒を飲んで騒ぐわけでもなければ、バカのように飲みまくる訳でもなかった。バーで少し飲んで、ボートの前か公園でビール1、2缶で仲間と寛ぐといった感じだ。見た目も小綺麗になってきた。話し方さえ変わったような気がする。
これっていいのか?悪いのか?
でもまあ、影響されすぎというか、短期間でここまで変わるとは。。。
とりあえず旦那は新しい環境にすっかり馴染んでいるようだった。
わたしはと言えば、馴染むようにしているといった感じだった。当たり障りなく、問題も起こさないようにと。なにせテムズ川のコミュニティーの倍以上の大きさと人なのだ。安心感というよりは、正直に言うと気が張る。なぜだか自分でもなんとも言えないが。。。。

子供も産まれ、だいぶ離れてしまったWが来ることはほとんどなさそうだったが、また新しい仲間達の中で色んなことが起きそうな予感がした。

Wがお父さんになった

次にわたし達が移動したのはロンドン東部の下町にあるビクトリアパーク。
広い敷地内にはアヒルやカモが泳いでいる池があったり、ピクニックやボール遊び、マラソンなどができる広いスペースがあり、夏はコンサートやフェスティバルで賑わう市民の公園だ。
敷地が広いからか、停滞場所も広い。それでもたどり着くと、ボートがびっしりと止まっている。カナルにいるボート生活者は一体どれだけいるのだろうと思ってしまうぐらいにボートが多い。
わたし達はもうすでに停滞してあるボートの隣にわたし達のボートを止めて、彼らのボートにロープを繋いだ。場所がないときは、こうやって知らない人のボートにつなげて止めることになる。そのボートの持ち主も出てきて、ボートをつなぐのを手伝ってくれた。
周りのボートに住む人たちも、みんなフレンドリーで感じがいい。

ロンドンの端っこまで来てしまえば、南の郊外に住んでいるWはもう来ないだろうとわたしが安心していると、旦那のケータイがなった。偶然にもWからだった。
Aが前日、予定日よりも2週間ほど早く出産したという報告だった。難産で、最終的には帝王切開だったが、母子ともに健康で2日後にボートに戻るのだと言う。
わたしは嬉しくて飛び上がったが、よく考えると帝王切開して3日間しか入院できないってどういうこと?
イギリスでは、出産した当日に家に帰されるというのは聞いたことがあるが、帝王切開でも入院期間が短すぎないか?
しかも、お祝いにその足でコーンウォールに一ヶ月ほどホリデーに行くのだと言う。
コーンウォールって言ったら、イングランドの南西端、彼らの場所から車で6時間はかかる。
出産後は1ヶ月は運転できないって聞いたことがあるし、Wは運転はしないし、電車で行くのだろうか?
思考回路がまったく分からないし、考えたくもない。ただ、産まれたばかりの赤ちゃんと、お腹を切ったばかりのAの体が心配だった。
わたしはAに電話しようかと迷ったが、まだ病院にいるのだから、しばらくしてから連絡することにしたが、翌日Aから電話があった。
A曰く、エンジニアのおじさんANが車で連れて行ってくれて、コーンウォールにいる叔父夫婦の家にお世話になりに行くのだと言う。
子供は早く産まれただけあってとても小さいく、Aはサポート無しでボートで育てるのが不安で、ホリデーも兼ねて赤ちゃんとWと一緒に行くのだと言う。
確かにボート生活という環境で小さい赤ちゃんと暮すのはたいへんだ。十分な水も使えないし、体力も使う。
Wのことだから、Aや産まれたばかりの赤ちゃんなどお構い無しに、自分で勝手に浮かれてホリデーに行くことになったのだろうかと思っていたので、Aの話を聞いて安心した。

この間まで、酔っ払って騒ぎまくっていたWが父親になったのだ。
わたしと旦那は、子持ちが誰よりも似合わない男が人の親になったんだなあと、笑った。
きっと彼もこれからAと赤ちゃんのことを考えて、少しはまともになってくれるんだろうなあ。と言うか、絶対にそうなって欲しいと思った。
ボート生活をしながら子育ては大変だろうけど、助け合ってステキな家庭を築いて欲しいとわたしと旦那は心から願った。

切り詰めようと思うと、また思わぬことが舞い込んでくる

カムデンでの滞在も期限が切れて、次に向かうのはロンドン中心部の北東寄りにあるエンジェル駅から歩いてすぐの場所だ。
イズリングトンというエリアで、またもや生活に便利な場所だった。
駅の前の通りには色々な種類のレストランが並び、裏側の通りには骨董品店がいくつかあり、アンティークマーケットもやっている。
スーパーマーケットや洋品店、セレクトショップも多く、週末は生活雑貨中心の蚤の市や、少し歩くと新鮮な食材を扱ったファーマーズマーケットも行われている。
コンサートホールやシアターなどもあり、カフェやバーなども充実していて遊べるところはたくさんある。
実はここ、わたしが当時働いていた場所から歩いて10分もないのだ。しかもそこはボート停滞期間が2週間。少しの間だが、徒歩で仕事に通えるなんて今まで経験したことがなかったので、少し嬉しい。時間も交通費も浮くのだ。これまで2つの滞在先で予想以上の出費になってしまったので、これからは本格的にセーブしていかないといけない。

少し出費を減らさないとと思うと、思わぬことが舞い込んでくる。Sがまたどこからか、原価の半額でインバーターを売っているところを見つけてきたのだ。
インバーター。これから先のことを考えると本当に必要だ。

(インバーターの説明は、ここで少ししてあります。)
コンセントの交換

インバーターを入手するということは、バッテリーも近々必要になる。バッテリーと言っても、たった一つだけ購入しても意味がないのだ。家電を使える電圧を蓄える容量を充電できるバッテリーというと、3つは必要だと電気屋のSが言うので、その最低個数の3つは購入しなければいけない。
今のうちに手頃価格でインバーターを購入しておいて、次はバッテリーを買うためにかなりの節約が必要になりそうだった。
生活のためとはいえ実際、何が悲しくて趣味でもないのにインバーターやバッテリーのために貯金しなければいけないのだろう。。。
旦那は安くインバーターが買えると聞いて、とても浮かれている。。。
そしてすぐにSにお願いしてインバーターを購入してきてもらった。そして旦那はSの指導のもとインバーターを取り付けた。これで、ボートの中にあるすべてのコンセントが使える。

あともう少しでボート生活に必要な物がそろう。無事にバッテリーまで入手できたら、少しは自分のために貯金できるようになるだろうかと思った。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。