スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムデンタウン

次にわたし達が向かった場所はカムデンタウン。
ここはわたしがロンドンに来た時に一番初めに観光に来た場所だ。
通りにはパンクやハードロックの人達が好みそうな洋服屋や雑貨屋がならび、週末にはヒッピー達が好みそうなマーケットが並ぶ、若者の街だ。
初めのうちはよく遊びに行っていたが、いつの間にか行かなくなってしまった。
前のようにワクワクした気持ちでカムデンライフを楽しむことができるか自分でもわからなかったが、わたしはカムデン滞在を楽しみにしていた。

パディントンからカムデンタウン方向に向かって流れる運河をリージェンツカナルと言う。景色が洗礼されていて、ボートで渡ると気持がいい。ロンドン動物園の前を通り、観光用のボートとすれ違う。何年か前に歩いて見た景色を今はボートの上から眺めている。変な感じだ。
到着すると停滞場所はさすがに混んでいるが、ラッキーなことにボートが一隻移動したので、そこにすぐにわたし達のボートを止めて、その横に並んでT達のボートを止めることができた。
カムデンマーケットはカナル沿いにあるので、歩いて3分ほどで行ける。昼から朝方まで遊んだとしても帰ることを心配しなくていいのだ。なんだか妙に感動的だ。
感動的と言えば、夕方になると屋台の食べ物が全部1ポンドという破格な価格で提供される。彼らもさっさと残り物を売ってしまいたいので、テイクアウトの大きいサイズの入れ物にたくさん詰め込んでくれる。
色んな種類の屋台があるが、わたしは中華でチャーハンや酢豚、焼きそばなどを一色単にして一つの入れ物に詰めてもらった。半分は夕食、残り半分は翌日のお弁当にして、たったの1ポンド。安上がりだ。
旦那とわたしは、共通の友達がマーケットの中にあるクラブでDJをやり始めたと聞いたので見に行くことにしていた。
案の定Wもやってきたのであまり驚かなかったが、電気屋のSまでやってきたので、わたしは少しビックリした。
Sはボート仲間達と外で騒いだり、パブでカラオケしたりするのが好きなので、クラブに行くこともあるのかあ、と思った。
すると、Sはクラブに行くのは初めてで、カムデンに来たのも初めてだと言う。何に感激しているのかわからないが、到着早々、「なんだ、ここは!?ロンドンにこんなところがあるのか!?」と、40代のSは相当興奮して、はしゃぎ過ぎるくらいはしゃいでいた。

楽しみにしていたクラブはオープン前からすごい行列だった。旦那とわたしの友人は一番手の前座で、どうやって聞いていいか、踊っていいか分からない謎のDJをして、次のDJに追いやられるようにしてプレイを終了した。
これで一体いくら報酬をもらえるのかと聞くと、ドリンク一杯だけだと言う。人気があるクラブでプレイできるだけで満足なのだと彼は言った。
DJの世界もそんなに甘くないようだった。
楽しかったのも最初の2時間ほどで、わたしは飽きてしまったので一人でボートに戻ることにした。旦那を含めた男達はどこに行ってもお酒があれば楽しいので、しばらくは遊んでいれそうな勢いだったが、旦那がいくらボートがすぐそこでも、色んな人がウロついているからと言って、わたしをボートまで送ってくれた。
確かに色んな人がカナル沿いをウロついていた。
わたしの知り合いが前にここにボートを止めて、鍵をかけて出掛けたのにもかかわらず、ドアを壊されてテレビから電話の充電器まで根こそぎ盗まれてしまったことを思い出した。
若者が集まって楽しい街も、気を抜くと何があるのか分からないのだ。
たった数年前なのに、若かったからか勢いがあったからか分からないが、わたしは怖いという感覚が鈍っていた。楽しいことばかりしたかったし、遊ぶことばかり考えていたのだと思う。
今は、ちょっと遊んでも翌日のことが気になったり、ボートが心配になったりする。
楽しみにしていたカムデンに来ても、前はここにこの店があったとか、今もまだあるんだなあとか、前の記憶とばかりかさなって、ワクワクやドキドキはしなかった。
旦那は楽しんでいるようだったので、「カムデンの滞在期間が一週間っていうのはあっという間だね。」とわたしが言うと、旦那は「一週間で十分だな。」と言った。そして「前みたいにスペシャルな場所じゃなくなった。」と続けた。
ふうん、そうなんだ。
なんだかわたしの意見と一緒だったので、やっぱりわたしの旦那なんだなあ、と訳のわからないことを思った。

Wはもう少しで子供が産まれるからか、しばらく遊びすぎたからか、一晩遊んでまたテムズ川に帰って行った。
Sだけは、仕事が終わってからもわざわざ毎日やって来た。よっぽどカムデンが気に入ったのか、一人で色んなところを歩き回り、たくさん買い物して、若者達に話しかけたり、写真を撮りまくったりと、とんだおのぼりさんになっていた。
わたしは旦那に「わたしもロンドンに来たての頃は、Sみたいな感じだったのかなあ。。」と言うと、旦那が言った。「オレも同じことを思ったよ。。。」
わたしが楽しみにしていたカムデン滞在は、まったく関係のないSが誰よりもエンジョイしたのだった。

スポンサーサイト

マインド ザ ギャップ

わたし達が停滞していた場所は、リトルヴェニスのすぐ横、正確に言えばパディントン駅の真裏。と言うことは、駅で行われているほとんどの音が聞こえてくるのだ。
普段、エンジンや発電機でうるさいのに慣れてしまったので電車の音などなんでもなかったが、アナウンス音がすごかった。
「マインド ザ ギャップ。マインド ザ ギャップ。」
電車とホームの隙間に気をつけてという意味だが、これが朝6時頃から夜12時過ぎまで3から5分ごとに流れ続けていた。
わたしと旦那が「マインド ザ ギャップ。」と独り言を言ってしまうぐらい、頭の中にこびりついてしまった。

Wが帰ってしまった翌日、わたし達のボートに静けさが戻ったので、「マインド ザ ギャップ」が更によく聞こえた。気になるので、夕食を済ませたらその辺を散歩しに行こうかと話していると、旅仲間のTがやって来た。
3日間呑んだくれたので彼女のJがカンカンで、機嫌を取りたいので食事に連れて行ってあげたいが、彼女の機嫌が相当悪いので怖いから皆で食事にいかないかと誘いに来た。
いやいや、Tさんよ。自分の不始末は自分で解決してくださいよ。旦那は3日間好き勝手に呑んだくれて十分お金を使ってくれて、これ以上使われたら困るのでその相談には乗れないねえ。
と、わたしが言おうとしたら、旦那は即答。「オッケー!」
おい、おい、わたしが何か言おうとしたら、「マインド ザ ギャップを聞きすぎて頭がおかしくなりそうだから、外で食事しよう。」と言った。
えー、どんな理由よ!
「よし、決まった!」Tは嬉しそうにJを呼びに行ってしまったのだ。
ちょっとー。わたしの意見はどこに?
わたしと旦那は次の停滞場所で行きたいところがあったので、これ以上ムダにお金を使うのは避けた方が良かった。
でも、頭の中では皆でレストランに行ったら楽しいよなあと言う自分もいて、結局はそっちの自分が勝ってしまった。
そしてTが連れて行ってくれたレストランが素敵だったので、誰よりもはしゃいでしまったのは、よりにも寄ってわたしだった。。。
今でもあるのだろうか。パディントン駅の裏側から出てカナルを右にして歩いて行くとすぐに看板が見える。トルコレストランだ。西洋人がお洒落なトルコレストランを作ったと言うような外見で、とても素敵なところだが、味はどうだろうと思ったが、意外にもとても美味しかった。値段もリーズナブルで安心できる。
旦那はビールを頼んだが、TはJに気を使ってお酒は飲まなかった。
T、がんばっている。
そんなことなど、どうでもいいようにJはTの事を完全ムシ。笑顔でわたしと旦那には話しかけるが、Tの顔は絶対に見ないのだ。
T、がんばって機嫌とってるんだけど、まるで存在していない人みたいに扱われている。
なんだかちょっとだけ居心地が悪いなあと思っていると、旦那が帰り際に言った。
「あの二人が仲良くなって良かったなあ。」
は!?どこが?
旦那、全然気付いてない!
4人で帰るときも、わたしと旦那とJが三人で並んで歩いている後ろで、Jの機嫌取りに失敗したTが打ちのめされた様子で肩を落として歩いていた。
これでも旦那、全然気付いてない様子。。。

4人でボートにたどり着き、さあ、お互いのボートに入ろうとしたとき、うな垂れたままボートに乗り込もうとしたTが足を踏み外して川に落ちた!
Tは体半分が川にはまっているのに、Jは完全に彼をムシしてわたし達に「楽しかったわ。おやすみ。」と言って中に入ってしまった。
そして同時に聞こえる「マインド ザ ギャップ。マインド ザ ギャップ。」とホームから流れるアナウンス。
ダメだ、ちょっとおもしろすぎる。
わたしは笑いを堪えるのに必死だが、旦那は普通にTを陸に上げる手伝いに集中している。マインド ザ ギャップが聞こえていないのだろうか?
Tはコントみたいに「オレの人生なんて。」だの「最悪だ。」だのとブツブツ言いながら、たっぷりと水を含んだスニーカーとジーンズを脱いでからボートに入って行った。
またバックグラウンドでは「マインド ザ ギャップ」が聞こえる。
旦那はボートに入ると、堪えきれずに大笑いした。なんだ、旦那もガマンしてたんだ。

人の不幸をネタにするなんて、Tには本当に申し訳ないと思いつつも、その夜わたしと旦那はベットの中で「マインド ザ ギャップ」と聞こえてくるたびにクスクスと笑いながら眠りについた。
その日最高におもしろいネタを提供してくれたTにとっては、最高に最悪な夜だったに違いない。

変な休日

イタリア、ヴェニス。運河に囲まれた街。それにちなんで名付けられたリトルヴェニス。
優雅な運河に浮かぶ、かわいいボート達を見ながら旦那と過ごすロマンチックな夕暮れ。
って、夢みてたわたし、完全に期待外れ。
一週間しかない停滞期間。なんで休日の貴重な日にWが耳元で騒いでいるんだ。。。?
Wの彼女のAから電話があった。
「W、2日も帰って来ないし、電話もつながらないのよ!来月には子供が産まれるっていうのに、何やってるのよ!」
わっ!すごく怒ってる。でも話の様子では、ここにWがいることを知らないらしい。うーん、言うべきかどうか?
と考えながらも、Wの声が電話越しに聞こえないように遠くまで歩いて行くわたし。
言いたかったらWが自分でどこに行ってたかAに言うだろうし、ここはとりあえず黙っていよう。と、なんでだかWのために配慮までしているわたし。。。
それにしてもWよ、もうすぐお父さんになるんだよ。身重のAをもう少し大事にしてやってくださいよ。
そして、Jもカンカンだった。機嫌が悪すぎて、わたしですら挨拶するのに気が引けた。
男3人は、浴びるほどビールを飲み、パブに行くやらクラブにいくやら、3日間ジャンクばかり食べて、飲んで過ごしていた。
わたしは怒る気力もなく、一晩だけ彼らと一緒にパブに行ってみたが、あまりの飲みっぷりに目が回りそうになった。
3日間でこいつら一体いくら使ってくれるんだ。。。悲しい。

せっかくの休日にバカ男達と過ごすのも時間のムダなので、わたしは一人でリトルヴェニスの周りを散策して、センター街まで出かけた。
たくさんの通りを抜けて、ロンドンに来たばかりの頃を思い出した。どこの通りを歩くのも、いちいちワクワクしたりドキドキしていた。今はすっかり普通になってしまったロンドンの景色も、あの頃は一つ一つが感動だった。あの頃から貧乏だったし、英語も下手くそだった。旦那がいてボートに住んでと、状況は変わっても中身は全然変わっていないわたし。。。
色んな出来事を思い出しながら街を歩きまわった。一人でブラブラ歩くのも悪くない。
夕暮れ時になって、センターから歩いて帰る途中でリトルヴェニスの裏側から5分ほど先に、かっこいいバーがあることを思い出した。その頃仲が良かった友達数人と2度ほど行ったことがある。どの友達も皆それぞれの国に帰国してしまってロンドンにはいない。みんなどうしているんだろう。と思うと、なんだか懐かしくなった。
たくさん歩いて喉も渇いていたし、時々は自分にご褒美もいいんじゃないかと思い、バーで一杯飲んでからボートに戻ろうかと考えた。実際わたし、お酒は好きだけど、一杯飲んだら結構酔っ払ってしまうので、とても安上がり。そのままいい気分でボートに戻れるし、うるさい男3人を流してあげることもできる。
よし、決めた。
中に入ると、バーは名前も内装もあの頃のままだったが、かかっている音楽の種類が変わっていた。音楽が変わると雰囲気も変わるもんだと思うか思わないか、なんか聞こえる。音楽とは別に聞き覚えのある声が。。。。
わっ!
またしてもここにW!カウンターでビールをオーダーしているではないか!
しまった!このバーからわたし達のボートまでは非常に近い。バッタリ出くわしても全然おかしくないのだ!やられた。。。
Wはわたしを見て大喜びでなんだか言っている。そして上機嫌で一杯おごってくれた。
まあ、いいやと思い、Wについて行って旦那とTがいるテーブルに行くと、あれ?お姉ちゃんが2人お付きではないか。
なんだかわたしを見るお姉ちゃん達の視線が冷たい。怖いよー。
わたしは彼らのただの友達ですってことにしようかと、アタフタしていると、旦那が「オレのワイフだ。」と素直に紹介するので、わたしはなぜかもっと動揺。
お姉ちゃん達の反応が恐ろしいなあと思っていると、あれ?なんだか安心しているみたい。急に優しい顔になった。
ああ、そうか、お姉ちゃん達はWかT狙いなんだな。あーあ、モテない旦那よ。

その夜、アジアのちんちくりんなわたしとモテない旦那は、完全に輪の中から外れてしまい、結局2人で踊ったり冗談を言ったりして、勝手に楽しい夜を過ごした。
思わぬ展開で休日の夜を旦那と過ごすことができたので、いいんだか、悪いんだか分からないが、わたしの思い出の場所に旦那も加わったので( おまけのWとTもいるが。。)、わたしは面白いもんだなあと思った。
向こうではWとTがお姉ちゃんをそれぞれお付きにして楽しそうだ。
って言うか、これでいいのか?今頃きっとAもJもカンカンだよ。

結局男3人は「何故そんなに!?」とツッコミたくなるぐらいに潰れてしまい、お姉ちゃん達は帰ってしまった。
わたしは酔っ払い3人を誘導してボートに戻った。
ロンドンに来たばかりの頃、リトルヴェニスを見て感動した。その頃のわたしが、今のわたしを想像できただろうか?
ライトニングされた夜のリトルヴェニスは映画でも見ているかのように綺麗だった。その感動だけは、今も変わらず一緒だった。

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。