スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢の始まり

2週間とはあっという間に過ぎるもので、わたし達は次の場所に移動しなければいけない。
これから先は本格的にロンドンの中心部に入る。人気の場所なので、中心地の停滞期間は1週間づつになる。
TとJもこの先までボートを移動したことはないので、初めての経験だ。Tは特に張り切っている。
向かう場所はパディントンベアで有名なパディントン駅の真裏、リトルヴェニスと呼ばれるところだ。
歩いて移動してもいいが、バスに乗ると10分ほどで中心街に出る。四方に個性的な街があるので、1週間じゃ到底足りない。と言うことで、旦那とTは休日と合わせて3連休を取っていた。なぜそんなに浮かれる?
実際考えてみると、ロンドンの中心地なんてよく来ていたではないか。何がそんなに珍しい?
わたしとJは残念ながら移動当日仕事だったので、夕方パディントンで落ち合うことにした。
わたしが仕事に行く前にJが言った。
「2人で3連休取るなんて、何かおかしいわ。」
うーん。確かにおかしい。これから何週間かはロンドン中心部に停滞するのだから、今有給使わなくてもねえ。

その日の昼過ぎ、わたしは旦那から着信があったので昼休みに電話をした。旦那が出ると思いきや、大音量の音楽と共にWの大きな声が耳に響いた。
「いえーい!人生は最高だー!オレ達はベイビーを探しに向かってるんだー!」
旦那はボート操縦中で、Wがかわりに出たらしい。っていうか、なんでー!?
しかも、言ってること意味不明なんだけど。。。
わたし、とりあえず「ハ、ハロー。」と言ってみるが、それ以上言葉が出ない。
なんで、なんでWが旦那とボートに乗ってるんだ?
後で旦那に聞くと、「リトルヴェニスなんてすごいところに行くから、Wに電話で言ったら移動の日は一緒に行くっていうから、休みを取ったんだ。言ってなかったっけ?」
いや、聞いてないです。まったく。はめられた気分です。。。
って、ちょっと待って、それでなぜ三日も連休を取る? まさか、Wが3日間もうちのボートに居候するのでは!

とんでもないカナルでの生活の始まりだった。
このままで、安らぎの生活は来るのだろうか。無事にお金をセーブしてインバーターとバッテリーを手にすることはできるのだろうか?
上を見るとわたしの頭の上に灰色の雲があるんではないかというぐらいに気持ちが暗くなり、重い気分でパディントンに向かった。
スポンサーサイト

「買ったつもり」「飲んだつもり」

節約、節約と思いながら楽しそうなものが何でもあるところで暮すのは結構キツイものだ。
わたしも旦那も、気になるバーや洋品店などがあると、ついつい足が行ってしまう。物は買わなくても見ているだけでいいが、クラブやバーを見つけて中に入り、飲まないわけにはいかない。わたしは一杯で雰囲気を楽しんで十分満足できるが、旦那が飲む一杯は一瞬で終わる。結局何杯か飲んでその後面倒なのでテイクアウトなんかで夕飯を済ませようとしたからには、すぐに破産寸前だ。
ということで、一つの滞在場所につき、1日だけ外食か、飲みに出る日を設けることにした。新しい停滞場所は2週間滞在可能だったので、その1日がとても貴重だった。
それでも外食なんてできるのだから文句は言えないが、できることならやってみたい。毎日のように外食して、どこかでゆっくりと飲んで、休日はおしゃれなカフェでランチして、その後雑貨などを買いに繰り出し。
わたしと旦那、そんなことばかり考えていたので、そのうち「買ったつもり」「飲んだつもり」で出歩いてばかりになった。
服屋に入ったら試着だけして「買ったつもり」、バーの窓からどんなもんかと中を覗いて「飲んだつもり」というように。旦那なんかは缶ビール片手に店の中を覗き込むので、かなり怪しい。
TとJはさすが何度かロンドンカナルで生活を送っていただけあって、浮かれもせずいつも通りに暮らしている。それに比べて、わたしと旦那、毎日が発見の日々で観光者のようになっていた。
それでも、仕事から戻ると二人でボートで地味な夕食を食べてから「飲んだつもり」に出掛けて、週末はマーケットで見て回るだけでも十分楽しめたし、なかなか順調にお金をセーブしていた。このまま行くと、念願のバッテリーとインバーターを買えそうだ。これがあれば、発電機で電化製品を使いながら電気の充電もできるので、燃料費がかなり節約できる。
この先しばらくは停滞場所がロンドンの中心地になっていく。場所も楽しそうなところばかりだが、「買ったつもり」「飲んだつもり」でなんとかやって行けそうだとわたしは大喜びした。旦那のビールの本数もテムズ川にいた時にくらべて激減した。そして何よりも、二人だけでいる時間が増えた。お金なんて使わなくても、旦那と小さなことを共有しあっている毎日が楽しいのだ。

季節は夏になって行く。カナルの生活もどんどん楽しくなって、貯金にも心にも余裕が出てきそうだった。
って、人生そんなに素晴らしくできていない。実際晴れた日が長く続かないように、カナル生活にもまた嵐のようなドラマがたくさん待っていたのだ。
その時はもちろん、この先にどんなことがあるのかも考えずに、やっぱりカナルに来て良かったと思った。テムズ川の仲間がまだ恋しいと思うこともあったが、離れて暮すのは自分達にとっていいことだと思った。

長かった1日

夕刻も過ぎ、だんだん暗くなり始めてきた。
1日の出来事を4回にわたってお送りしているだけあって、もう4人共クタクタだ。
Tが最初に停滞しようと思っていたところにたどり着いたが、ボートがたくさんあり過ぎて少しも入る隙間がなかった。仕方なく、次の停滞場所を探す。でも、そこもいっぱい。
これなのだ。カナルだけではないが、停滞場所がボートの数よりも少なすぎるので、遅くまでさまよい続けなければならない。
そう思うと、テムズ川にいたときのコミュニティーの場所は、本当にラッキーだったのだ。
結局予定よりも遠くまで来てしまい。停滞場所を確保してボートを止めた頃には夜の10時を回っていた。
わたしと旦那は翌日仕事だったので、ボートから降りるとすぐに近くのバス停や駅はどこで、どのルートで仕事に行くか見に歩かなければならなかった。
TとJは近くでテイクアウトの夕食を買うというので、4人で大通りまで行くことにした。が、通りに出るも出ないも、1分先のカナル沿いに大型有名スーパーがあったのだ。そしてその目の前はバス停。すぐ近くに色々なテイクアウトの店やらコインランドリー、パブやカフェ、なんでもある。またまた便利なところにやって来たのだ。
そこから20分ほど歩くと、映画にもなったノッティングヒルという町があって、週末は大きなマーケットをしている。おしゃれなお店やバーもたくさんある。
わたしと旦那は疲れも吹き飛び、夕食を後回しにして通りかかったバーに立ち寄った。浮かれすぎて旦那は汚い川の水にまみれて薄汚れ、わたしはジャージ姿だということをすっかり忘れていた。気がつくとわたし達はなんだか浮いている。そう、ここはロンドンのほぼ中心部、ボート仲間達と騒ぐテムズ川沿いとは違うのだ。周りを見てもいつもの仲間はいない。おしゃれな若者に紛れながら、なんだか自分達だけ違う世界にいる気分だった。
なんだか気が抜けて、わたしと旦那は二人でハンバーガーとフライドポテトを食べ歩きしながらボートに戻った。
ボートに住む前は普通にロンドンで生活していたのだ。それなのに、たった一年半テムズ川の自然の中で暮らしていただけで、ロンドンが少し違う風格に感じる。
少し戸惑いながらわたしと旦那は、新しい場所で佇んでいるわたし達のボート、ダイヤモンドを少しの間見ていた。
この場所もまた静かだった。

色んなことが頭の中でグルグルとしていたが、長い1日で疲れていたのか思いつくことが上手く整理できなかった。色んなことが凝縮していた1日だったが、わたし達のベットはいつも通りの安らぎをくれたので、わたしは何も考えずに眠りにつくことができた。
翌日からまた新しい場所で新しい暮らしが始まるのだ。

恐ろしいゴミ地帯

わたしとJは何もしないまま、旦那とTがボートを運転しながら残り二つの水門を通過して、それでもまだ楽勝だと彼らは意地を張っているので、女二人でクスクス笑っていると、なんだかちょっとした異変に気がついた。
カナルにゴミが浮いているのだ。スナック菓子の袋からボトル、スーパーの袋やらありとあらゆるゴミだ。
わたしは近くでゴミの埋め立て地でも作っているのかと思いJに聞くと、いやいや、住民達が投げ捨てているゴミなのだと言う。
この地区、ミニインドと言われるぐらいインド人が多く住んでいて、確かに、見える景色はインド語の看板やカラフルな民族衣装を身につけた女性達。車に乗っている人も、歩いている人も、どこを見てもインド人だらけ。
インドではゴミを集める仕事をしている人の仕事がなくならないように?人々はそこかしこにゴミを捨てるそうな。
でも、その習慣を他国でやってしまうのはどうだろう。
のんきな旦那はインドの街中をボートで横切っているみたいだと、旅行気分だ。
ボートが進むにしたがって、ゴミはどんどん増える。しまいにはカナル全体がゴミで覆いかぶされ、ボートはそれをかき分けながら進んで行く。
ちょっと酷すぎる。。。
少しすると、わたし達のボートが急に止まった。エンジンは普通にかかっているはずなのに、ガガガッと変な音がして前に進まなくなったのだ。
ゴミ溜めのなかで立ち往生してしまったので、ボートは後で直すことにして、T達のボートにつないでわたし達のボートを引っ張ってもらうことにした。
目的地まであと半分あったが、水門はもうないので、あとは進むだけだ。
少し進んだところで今度はTのボートも同じ症状で止まってしまった。
仕方がないのでゴミ川の中で4人で苦戦しながら、近くにあった木にロープをくくりつけボートを止めた。
岸も川もゴミだらけで、何の匂いだか分からない苦痛な匂いの中、旦那とTはそれぞれエンジンをチェックしたが、何の問題もなく、プロペラとつながっているハッチを開けて悲鳴を上げた。
プラスチックのスーパーの袋がたくさんプロペラに引っかかっていたのだ。青や白やオレンジの色んな種類のナイロン袋がびっしりとプロペラに絡まっているではないか。
プロペラはゴミだらけで汚い水の中。そこに手を入れて少しづつナイロンを取らなければいけない。
さっきまでご機嫌だった旦那も含め、わたし達全員がゴミを平気でカナルに投げ捨てる人達に激怒したが、怒ったところで状態はかわらない。とにかくやれることをしないことには、どうにもならない。
旦那もTもかがんでハッチに両手を突っ込み、引っ掛かっているナイロンを取り除き始めた。Tはブツブツと文句を言いながら、旦那はヤケになって力尽くでむしり取っている。開けたハッチの横に立っているだけで異臭がするのに、その中に上半身を突っ込んで作業をする男達。。。
わたしとJは、ただただその光景を同情しながら見ているしかできなかった。
旦那は前夜、共同のシャワーで思いっきりシャワーを浴びた。そして、もうしばらくシャワーは要らないなと、冗談を言って笑った。キレイになったばかりの旦那が、1日も経たないうちにどんどん汚くなっていく。飛び散った川の水が髪にかかり、服にかかり。。。
わたしは悲しくなってなんだか泣きたくなった。
反対岸を見ると、どこかのおっさんがカナルに向かって用を足しているではないか!普段はあまり何も言えないわたしだが、思わず叫んでいた。
「あんたの見たくもない汚いものが丸見えなのよっ!トイレでやりなさいよっ!アニマル!」
さすがの旦那もTも手を止め、Jもビックリしてわたしを見たが、3人共「よく言った。」と言ってくれた。
わたしは本当に悔しくて悲しかったのだ。前夜、思いっきりシャワーを浴びてピカピカになった旦那は、今日の移動が楽しみだと言った。わたしが、新しいカナル生活を記念して新調したTシャツを着ていた。さっきまで、ご機嫌でインドの町にいるみたいだと浮かれていた。その旦那が、なんだか分からないものが混ざったゴミだらけの川の水にまみれながら、どうでもいい人達が捨てたナイロンの塊を無心にむしり取っているのだ。
旦那は絡まったものを取り終えると、エンジンをかけたがまたすぐに止まってしまった。何かがまだプロペラに引っ掛かっているのだ。旦那もTもそんなことを何度か続け、やっとボートが動き出し、ゴミ溜め地帯から脱出するまでに1時間以上を費やした。
旦那もTも朝の姿と比べると、かなりボロボロになってしまった。

わたし達が渡ってきたテムズ川もカナルも、本当に美しかった。自然も動物も自由に生きていた。人間の勝手な行動でボート乗り達だけでなく、全ての生き物の自由を奪ってしまう。
わたしがどんなに願っても、変えられない状況はたくさんあるのだ。そう思うと悲しくなるが、わたし達だけでもこの美しい景色を大事にしていこうと思った。
2隻のボートはまた何事もなかったように進んで行く。わたし達もまた気持ちを切り替えて行かなければいけない。

本当に長い長い1日ですが、目的地まであと少し。もう少しお付き合いください。
また次回に続きます。

引き続き水門で

わたしと旦那は5つ目の水門の前で、口を開けたまま少しの間固まってしまった。
旦那はすごいなあと言う気持ちで。わたしは本当に、マジですかー!と絶句して。
5つ目の水門のすぐ後にまた水門が見え、その後ろにまた水門、そしてまたかすかに水門が見えるのだ。一体いくつの水門が続いているのかと聞くと、6つだと言う。そして、少し離れて7つ目があるのだと言う。
水門の前でのんきに休んでいられないので、一気に6つ通過しなければいけない。ということは、水門には門が二つづつあるので、12の門を立て続けに開け閉めすることになる。ゆっくり景色を見ながら、休み休み水門を通過するなどと言ってられない。水門を通過したら、すぐに次の水門に歩いて言って、ソルーサーを開け、門を開け閉めするのだ。と言うことは、Jは重いソルーサーを12回も上げなければいけないのか。いくら何でも彼女一人にやらせておくわけにはいかないので、わたしは半分のソルーサーをやると決意した。

5つ目の水門に歩み寄り、やるぞー!とわたしは意気込んだ。一気にやると、そのうちなれてきてすぐに終わるだろう!
旦那とTはボートを操作する係りなので、こんなに水門を作った人達はすごいだの、興奮する景色だだの、観光者みたいになっていて呑気だ。
水門の大きさも小さいので、すぐに水がたまって休むヒマがないようなものだ。6つ目の水門から、すでに門が重く感じる。
8つ目あたりでわたしは疲れてきた。この辺でソルーサーを上げるのをJと変わってあげようと思っていたが、門を押すだけで精一杯で、なんだか力が入らなくなってきた。
お尻で押したりしてみたが、やはり両手で体重を掛けて押すのが一番だった。
わたしは暑くなってきて上着を脱ぎ、半袖に。Jはノースリーブになっていた。旦那とTは薄手のジャンパーを着ている。わたし達女二人がたくましく感じる。
それでも、途中で力がはいらず、ちょっと怠けて水門のバーを押すと、なんだか水門は普通に開いていく。。。これって、Jが一人で開けているようなもんだよ。
すごい。さすがに何度かここを通過したらツワモノだ。
かと言って、Jにすべて任せてしまうわけにはいかない。9つ目の水門でわたしがソルーサーを上げると言った。両手でハンドルをつかんで一気に回す。最初に回したときよりは、少しマシだった。
でもやはり、10個目の水門で、わたしは疲れ切っていた。Jも少し動きがスローになっている。
この水門を越えたら、次の水門まで少しあるので、移動の間ボートに乗って休める。もう少し。と思ったところで、見兼ねた旦那がボートから下りて言った。
「ここはオレが門を開け閉めするから、二人とも大丈夫だ。」
そしてわたしにボートの舵をとって、水門に入ってくれと言って行ってしまった。
えー!ボートの操作するの?こっちの方が大変だよ。
ボートにはブレーキがない。ギアと速度で調節して止めるのだ。しかも、右に行きたければ舵は左にとり、左に行きたければ右に、ややこしい。
すごい任務を任されたわたしは、緊張して門が開くのを待った。門が開くとTが先にボートを入れて、わたしがエンジンを掛けた途端、旦那が飛び乗ってきた。そしてボートを水門の中に入れると、ボートのロープをわたしに渡して、さっと門を閉めに行った。軽々とソルーサーを上げ、出口の門も簡単に開けた。そしてまたボートに飛び乗り、舵をとった。
なあんだ。旦那。ひとりで何でもできるじゃん。
わたしがそう言おうとしたら、旦那が言った。
「そんなに大げさに疲れた顔しなくても、これぐらい簡単じゃないか。」
はあ?連続してある水門の最後のところでいきなり出てきて、何を言う!立て続けにやってみいっ!
Tも、「一人でここを通過する人はいっぱいいるんだ。水門を開けるより、この狭い場所でボートを操作する方が大変だよ。」と言って笑った。
二人共、何?なんですか。素直に「良くやったね」とか言えない性格ですか?
Jが呆れた顔をしてわたしに言った。
「残り二つの水門は、全部、彼らがやるみたいね。良かったわ。」
と言うことで、いきなり水門開けの仕事は終了した。

わたしとJは、後は男二人に任せてボートに座り、目的地までのんびりと景色でも見ながら楽しむことにした。
体をたくさん動かした後だったからか、春の風がとても気持ちよく感じた。
目的地までまだあるが、後はもう呑気にボートに乗っていればいいのだ。と、思っていると、わたし達の運命なのか?と言いたくなるように、また問題が発生した。。。
わたし達、その日のうちに目的地まで到達するんでしょうか。。。

また次回に続きます。

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。