スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水門作業

一週間とは本当にあっという間だ。もう同じ停滞場所には居れないので、わたし達は違う場所に移動しなければいけない。
また今回も早朝の出発だった。12の水門を通過するまでちょうどいい停滞場所がないので、全ての水門を通り抜けないといけない。Tも旦那もボートを動かすときは目的地まで一気に行くような性格だ。寄り道などほとんどしない。それでも1日がかりの移動になりそうだった。

TとJのボートを先頭にして2隻のボートが行く。すぐに最初の水門が見えてきた。わたしは何を思ってか、スニーカーにジャージのマラソン仕様で12の水門を開ける準備万端だ。
わたしとJはボートから降りて水門に向かう。まず初めに水位を調節するソルーサーをあらかじめ持参していた鉄のネジを使って回して開ける。これがまた中々重くて、両手でよいしょ、よいしょと回すのだ。ハンドル作動で大きな鉄の棒を持ち上げるのだから、女の細腕では結構キツイ。と思いきや、Jはなんなく片手で普通に回してくれた。
そしてソルーサーが開き、水門の内側に水を貯める。時間がかかるので、その間話をしたり、景色を見たりして待つ。上流側の水と水門の内側の水が同じ高さになったら水門を開けることができる。門はJと二人で体重を掛けながら両手で押しても重くて、少しずつしか開かない。
水門が開くと、待機していた2隻のボートが中に入る。そしてわたしとJはまた重い門を閉め、ソルーサーを閉じる。
今度は下流側の水門のソルーサーを開けて内側の水を水門の外に出して下流側と水位を合わせるのだ。今度はわたしがソルーサーを上げることにしてハンドルを回す。
重い。。。
両手で力いっぱい回しても、中々ソルーサーが上がりきらない。Jがやった方のソルーサーは軽くて、こちら側が重いのか?
わたしがあまりにもチンタラしているように見えるのか、門が開くのを待っているTと旦那が大丈夫かと声を掛けて来て、結局Jがハンドルを途中から回すことになった。
Jはまた片手で回す。それもかなり普通に。。。
えっと、何かコツでもあるんでしょうか?わたしとJの腕の太さはほとんど変わらないのに、何が違うんだ?
ソルーサーが上がって下流側と水位が同じになると、わたしとJはまた二人で門を開ける。
ボートが水門から出ると、わたしとJはそれぞれのボートに飛び乗る。
一つ目の水門通過だ。これで約10分の作業。のんびりと景色でも見ながらあと11の水門、大変なのはソルーサーと水門を開けるだけだ。そう考えると行けるだろうと思った。

大きなテムズ川とは違い、カナルは川沿いを歩いている人達や橋がすぐ近くに感じる。景色がカナルの流れのように静かに変わっていく。なんだか自分が穏やかな人になっていくような気がした。
もう覚悟していたからか、ソルーサを上げる作業をJが全て受け持ってくれたからか、無理なく水門を通過して行く。4つ目の水門を難なく通過して、わたしはジャージ姿で意気込んでしまった自分に笑った。水門を開けるなんてそんなにキツイ作業でもない。時間はかかるがこのままのんびりとやっていけば、あと8つの水門なんて簡単に通り抜けてしまえる。
余裕で5つ目の水門にたどり着いたとき、わたしは目を疑った。
「何これー!?」
わたしも旦那も思わず叫んでいた。
想像もつかなかった景色がそこにあったのだ。

次回に続きます。
スポンサーサイト

その頃テムズ川では。。。

新しい場所に移動して三日目ぐらいにSが訪ねて来た。ドラマチックにテムズ川を旅立ったが、まだボート仲間のコミュニティから車で20分ほどの場所なので、簡単に行き来できる。
わたしはといえば、ロンドン圏内に入ったが駅が遠いため、通勤時間は10分ほど長くなったのだ。
と、話は逸れたが、Sは旦那に会いにやって来たのだ。旦那もSを見ると分かりやすいぐらい感動的な顔をして歓迎した。
Sが「お前がいなくなって、なんだか急につまらなくなってしまって、本当にさみしい。」と言うと、旦那も「オレもだ。。」と言っている。
ちょっ、ちょっと、そこにわたしが入る隙間はあるのか。。?
この短い間に、Sの奥さんは子供を連れて家出なるボート出をして離婚訴訟を起こし、ボート仲間達は天気が良くなったのをいいことに、騒ぎまくっているのだと言う。
実はわたしはその前日の夜にAから電話があって、その全ての話を聞いていた。AがWの文句も含め、話を大きくして言っているのかと思ったりもしたが、本当にボート仲間達は更にパワーアップしたようだった。
なんだか、すごくいいタイミングでテムズ川を出たなあとわたしは思った。自分に関係のないことでもその場にいるだけでストレスになる。
それに比べて、ここはなんて平和なんだろう。よく考えてみると、これが普通なのだ。今までよくやってこれたもんだ。
周りが静かなので、旦那のビールの本数も減った。余計なバーベキューパーティーやなんやでお金を使わなくてもいい。これからロンドンの中心部に入ると、通勤も短くなるので交通費も安くなっていく。
これだ!これこそがわたしがしたかったボート生活!

わたしはテムズ川にいる仲間達の様子をその夜、カナル旅仲間のJに報告した。Jもわたしと一緒で彼氏のTのお酒の量が減ったのを喜んでいた。
「カナルに出て来て本当に良かった。テムズ川と違ってボートも安全だし、移動も楽だし。」
わたしが言うと、Jがニヤッと笑って「来週の移動はキツイわよ。」と言った。
なになに?何があるって言うの?
わたしが問いただすと、Jは「12個ある水門を1日で通るのよ。」と、脅かすように言った。
ひー!一つでも面倒で時間のかかる水門を12も通るの!?
わたしは驚いて旦那に言った。旦那はいつものようにのんきに「大丈夫だろう。」と言った。
いや、いや、大丈夫って、ボートを運転するのはあんただけど、水門を手動で開け閉めするのはわたしだよ。。。
わたしは真剣にテムズ川に引き返そうと説得してみたが、笑って流されてしまった。
来週わたしは無事に12の水門を開け閉めして目的地までたどり着くのだろうか。。。。

テムズ川から離れて平和になったと思ったのもつかの間、またまた疲れそうなことが起きそうでわたしは心配になった。

カナル始めての夜

テムズ川最後の大きい水門を抜けるとそこからカナル(運河)になる。そこはわたしが始めてテムズ川に出たときのスタート地点だ。カナルでの生活もここから始まる。
水門から出ると、専用の停滞場所がすぐに現れた。わたし達はまずこの場所で停滞期限いっぱいの一週間を過ごすことにした。

しょっぱなから興奮することばかりだった。停滞場所の目の前には共同のシャワーとトイレがあり、ボートのトイレの汲み取り、水の補給ができて、コインランドリーまであった。
カナル沿いにはレストランがいくつかあり、近くには商店街、バス停、ガーデンセンターもあった。
TとJはカナルとテムズ川を何度か行き来しているので、ボートでまったりとしていたが、わたしと旦那は大浮かれでボートを飛び出し、新しい街散策に繰り出した。
過ごしやすくて、いつまでも停滞していたい場所だった。必要なものが全て目の前にそろっていて夢のような場所だ。
短期の停滞場所の向かいには、買うか借りるかしてボートを置ける場所があった。たくさんのボートがあった。こんなところに住めるとはラッキーなボート住居者達だ。

わたしと旦那はカナル沿いにあるレストランの前で足を止め、カナル始めての夜をレストランで過ごすかと話したが、毎日予算ギリギリの暮らしをしているので、結局自炊することにした。
共同のシャワー室でわたしも旦那も、久しぶりにおもいっきりシャワーを浴びた。わたしはドライヤーで髪を乾かすことができたので、すごく嬉しくて、時間をかけてブローしてしまった。
コンクリートむき出しの、誰が使ったかわからないようなシャワー室。ボート暮らしをしていなかったら使うことなどほとんどないだろう。と言うか、あまり使う気にはなれないと思うが。それなのに、今はそこはわたし達にとっては天国のようだった。

さっぱりした後、二人で夕食を作り、ボートの屋根に座って食べた。こうやって夕食を食べると、カナル沿いのレストランで食事するのとあまり変わらないような気がする。
4月下旬、まだ少し寒いが日は長くなってきて、夕食どきでもまだ薄明るい。カナルはテムズ川に比べて本当に狭くて、向こうがわのボートがすぐ近くにある。まだ薪ストーブを使っているボートがいくつかあって、煙突から煙が出ている。窓から人影がぼんやりと見えて、そこにも色んな暮らしがあった。
カナルはほとんど流れがなく、穏やかで安心できる。カナルの水はテムズ川に繋がっているので同じ水なのだが、環境が変わると性質まで変わるのかと思うと、水も生きているみたいだ。
少しして、TとJも夕食を持ってボートから出て来て、わたし達のボートの前にあるベンチに座った。
四人だけの静かな夜だった。
一年以上賑やかな環境で暮らしてきたので、四人共あまりの静けさになぜか笑ってしまった。
わたし達四人は、翌日から一週間ここから仕事に行くのだ。変な感じだ。
毎週住む街が変わるなんて、なんだか面白いし、ワクワクする。
わたしと旦那は修学旅行に来た小学生のように浮かれた。不思議なことに景色が変わると、同じ内装のはずのボートの中まで変わったような気分になる。

夜も更けてから、旦那と二人でカナル沿いを歩いた。マンションも目の前にあり、ボートもたくさんあり、レストランもあるのにやけに静かな場所だった。その中で、家を抜け出した子供の気分で、旦那と一緒にどうでもいい話をして笑った。
わたし達のカナルの旅一日目は、平和なスタートだった。

さよならテムズ川


2008年4月。旦那の誕生日の前日、わたし達はテムズ川に浮かぶ小さな小島で最後の夜を過ごした。一緒にカナルへ向かうTとJのボートを含め、ほぼ全員の仲間達のボートがそこに集まって、旦那の誕生会とわたし達のお別れ会を含めたパーティーをかなり盛大にした。
ボート仲間達の他にも、なんだかよく分からない人達まで現れ、狭い小島がフェスティバルみたいになった。
旦那とTは翌朝からボートを操縦するので、早めに切り上げたが、パーティーは明け方まで続いていた。

翌朝早くから二隻のボートにエンジンがかかった。テムズ川からカナルに出る大きな水門は、前持って予約して水門係りに開けてもらわなければいけないので、予約時間に間に合うように、出発は朝の7時を予定していたのだ。
エンジンの音がすると同時に仲間達は半分眠たそうな目をしながら、わたし達を見送ってくれた。
わたし達それぞれが全員とハグをして別れの言葉を交わし、わたしは最後にAと、子供が産まれたら一番で見に来ると約束してハグをした。旦那はWと「ブラザー!」と言いながら、肩を組み合っていた。
旦那とすごく仲が良くなったSは、とてもさみしそうだった。旦那もWと離れるより、Sと離れることの方が名残惜しく感じたと、後で言っていた。
ロンドンからこの場所までは、車で30分。バスと電車を乗り継いで1時間程度なのに、それはまるで遠い国に移住しに行くかのようなドラマチックな旅立ちだった。
TとJのボートが先に島を離れ、わたし達のダイアモンドがそれに続いた。
旦那とわたしが「本当に今までありがとう!」と手を振ると、仲間達は皆一斉に手を振った。わたし達が見えなくなるまで、皆ずっと手を振り続けていた。

約1年と4ヶ月。信じられないくらいに色んなことがあった。新しくボート生活を始めたわたしと旦那を快く迎えてくれた仲間達。大きな家族のようだった。その仲間達が見えなくなり、降っていた手を下ろしてわたしは前を向くと、大きな水門が見えた。ここを通ったら、しばらくしてカナル(運河)に出る。新しい生活が始まる。
カナルではどんな出会いがあり、どんなことがあるのだろう。わたしは期待より不安の方が大きかった。
旦那は清々しい顔をしている。彼は新しいことをするのが大好きなので、本当は今にも踊り出したいくらいに浮かれていた。
「バイバイ、テムズ川。」わたしが言うと、旦那は「またいつか。」と言って敬礼した。

次回からはカナル(運河)での生活と移動の様子を更新していきます。

ちょっと怖くなってきた

カナル(運河)に移動するまでもう何日もなかった。わたしは変に慎重派なので、カナル情報を密かに仕入れたりした。
聞くところによると、ロンドンのカナルではボート生活者を狙った犯罪が多いという。ボートの中に人がいるのに窓やドアを叩き割って侵入され、脅かされている間に貴重品や電化製品を持って行かれてしまった女性がいると聞いたときは、とても怖くなった。
ティーンエイジャー達が面白半分でボートに石などを投げて窓ガラスを割ったり、ちょっとした盗難などはよくあるのだという。
怖い目にあうのも嫌だが、やっと手に入れた発電機や貴重なケータイなどが盗まれたり、窓ガラスを割られたら、今でもギリギリの生活がもっと苦しくなる。
なにか問題が起きたら、助けてくれる仲間はもういないのだ。安心できるコミュニティもないし、1、2週間の滞在で移動しなければいけない。規定の停滞場所に止めれるスペースがなかったら、場所によっては遠くまでまた移動しないと場所がなかったりするのだ。
わたしは心配になり旦那にそのことを言った。旦那はそんなことを気にしていたらやりたいこともできない。そんな話があったとしても、カナルに長いこと住んでいる人達はたくさんいるのだから、そこまで危険なところではないだろう。と、軽く流された。
それでもやはり心配なので、一緒にカナルに行くことになっているTとJに言ってみると、二人は自分達も一緒にいるのだから、何かあったら助け合おうと言ってくれた。
二人がいるのは心強かった。
実際わたし、顔も英語もそのまま外国人丸出しなので、新しい環境に行くのをためらうことがあった。世界各国どこに行っても、小さいことから大きいことまで差別する人達はいるのだ。もうそろそろ慣れてもいいころなのに、嫌な思いをするのが面倒だった。
あんなに行きたかったカナル。いざ行くとなると、なんだか足踏み状態になってしまう。好き放題やってうるさいと思ったことさえあるボート仲間達がとても恋しくなってきた。

コミュニティから離れても、仲間達はいつもやって来る。わたしが仕事から戻ると、嬉しそうにハローと声をかけてくれる。わたしに安心感を与えてくれる人達。
この人達に出会ったというだけで、これから先に何かがあったとしても強い気持ちでいれる気がする。
これだけでもういいではないか。
わたしは心配するのをやめた。どこに行っても自信を持ってやって行ける。
テムズ川での生活を残りわずかにして、わたしは今あるものに感謝した。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。