スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナルに行く前に

カナル(運河)への移動は翌月の旦那の誕生日に決まった。あと4週間ほどあった。旦那とWは、それまでにまた色々なところにボートを移動して過ごすことに決めた。
ボートコミュニティの場所には、一年近くいたことになる。移動している間も他のボート仲間達には会えるのだが、わたしは少しさみしい気持ちになった。それでも、Wのボートとわたし達のボートは、何もなかったようにその場所を離れた。

相変わらず、どこに停滞するかはWの気分次第だった。旦那は毎回楽しそうにWとつるみながら後をついて行った。
結局同じ町の中で、停滞場所だけが変わるので、わたしも文句はなかった。大変なのはWの彼女のAだった。彼女は車で仕事に行くので、いちいち駐車する場所を心配しなければならなかったし、妊娠中期の体には酷な場所もあった。

ある日Wは、わたし達がテレタビーランドと呼んでいる原っぱの前に滞在することにしたが、先客のボートが二隻すでに止まっていたので、その横の背丈ほどもある柵の前にボートを止めた。ボートから下りて柵を登らないと原っぱに出ることはできない。駐車場も道路も、原っぱを抜けないと行けないので、イヤでも柵は登らないといけない。
わたしでも中々困難な柵なので、妊娠中期のAにはムリがあった。柵を登るだけではなく、足を踏み外したら川に落ちてしまう。
旦那が、この場所はAにはムリがあるし危険なので、場所が空くまでここに滞在するのはやめようと言うと、Wは自分がいたいのだから何が悪いと主張して、しばらく口論になった。そのうちAが仕事から戻って来て、柵の真ん前にボートがあるのを見て絶句していた。
かわいそうになった旦那が、折りたたみのイスでAが柵を越えるのを手伝っていたが、Wはわざとらしいと笑って、どうでも良さそうだった。
翌日、わたしは休日で、街を一人でブラブラとしていると、急に大雨が降り出したので、急いで目の前にあったパブに飛び込んだ。窓の外を見ると、なんと、大きなお腹のAが両手になにやら重そうな買い物袋を担いでずぶ濡れで歩いているでないか。
わたしはびっくりして雨の中を飛び出し、Aをパブの中の入れてあげようとすると、AはWにビールを買って来いと頼まれていて、その後すぐに仕事に行かなければいけないので、雨宿りをしているヒマはないのだと言った。
車はどうしたのかと聞くと、ちょっと散歩に出たついでにWから電話がかかって来たので、駐車場においたままだと言う。
Aは両手に6本づつのビールを持っていた。12本のビールなどわたしにとっては容易いことだが、妊婦に買って来てくれと頼むとは、Wも無神経すぎると思った。
WはAの体のことなどは考えないのだろうか? Aもなぜムリだと言わないのだろうと不思議に思った。
もちろん、わたしがその12本のビールを持つことにして、雨の中Aとボートに戻った。
二人で歩いていると、Aが突然泣き出した。お腹が目立つようになってきてから、Wの態度が冷たくなってきたのだと言う。わざと酷いことを彼女にしているとしか思えないのだと言う。
こんなことを聞いてしまうと、放っておいてカナルに移動してしまっていいのか、それとも面倒なことになる前に移動してしまった方がいいのか分からなくなる。
Aはその夜、仕事から戻るとわたしのところにやって来て、泣きながらWの文句を言い続けた。そして、それはほとんど毎晩のように続いた。
わたしは時々眠くて目を開けているのも困難だったが、同じような話を何度も繰り返すAに、彼女の気がすむまで付き合った。
そして思った。カナルに行くという選択はある意味わたしにとっていいタイミングだったのだろうと。
わたしがここに居ようが居まいが、結局のところAは自分の人生を自分で決めるだろうし、わたしのしてあげれることは何もないんだろうと思った。

あともう少しでテムズ川での生活も終わる。Aには新しい命がやって来て、新しい選択をすることになるのかもしれない。
わたしと旦那も新しい環境に移動するのだ。
もしも本当に友達という絆が持続するのであれば、離れていてもわたしはAのことを思っているし、Aもここでわたしが少しでも支えになろうとしていたことを忘れないでいてくれるだろう。
本当に互いに思いやるという友人関係が存在するんだったら。

テムズ川は相変わらず何も変わらない。わたし達がやって来た日と全く同じだった。
わたしもテムズ川を見習って生きたいと思った。
スポンサーサイト

Jの気持ち


2009年3月、いつものように旦那がまた突然言った。
「来月、カナル(運河)に移動する。」
いつも言うだけ言って人をびっくりさせておいて何もしないので、わたしは軽く受け流した。
旦那曰く、酔っ払って仲間と騒ぎながら過ごす毎日も楽しいが、そろそろ飽きてきたと言うのだ。
わたしはとっくの昔に飽きている。バカ騒ぎも特別なときにだけにするから楽しいのであって、毎日、しかも永遠にやり続けるとなるとうんざりしてくる。ボート生活を始めて約一年半で気付くとは、旦那よ。。。
と言うか、Wや仲間達はもうずっとこうやって仲間達と騒ぎながら暮らしているのだから、そんな血を持って生まれて来たとしか考えられない。
どうせ旦那は今だけ飽きたと言っているだけで、来月には気が変わってまだいると言い出すだろうと思っていたら、今度は本気のようだった。
ボート仲間のTとJというカップルも一緒にカナルに行くことになったのだ。
彼らも同じような毎日に飽きてきたし、仕事もロンドン方面なのでカナルに移動した方が楽になると言うのだ。わたし達と理由はほとんど同じだ。
特に彼女のJは、彼が毎晩遅くまで飲んで遊んでいるのがすごく嫌だったらしい。

少しして、わたしはWとAのボートで、AとJと3人で話した。
Aのお腹は6ヶ月にしてはとても大きかった。ボートにはすでにたくさん赤ちゃんの服やおもちゃなどがあって、妊婦用の雑誌が積み重なってあった。スキャンでお腹の子供は女の子だと分かったので、名前まで決めてあって、壁にはすでにその子の名前がついた木のプレートがかかっていた。
Aは子供が産まれる前にわたし達がカナルに行ってしまうのをとても残念がった。それでも、子供が産まれる喜びは隠せないらしく、妊娠の経過やこれからのことなど、Aの話は遅くまで続いた。
夜も更けたので、わたしとJはそれぞれのボートに帰ることにして外にでた。Jがボソボソと言った。
「人の幸せに付き合うのも疲れるもんだわ。」
わたしは、ひとりごとだと解釈して何も言わなかった。気になっていたこともあったからだ。
だいぶ前にJと話した時、彼女は彼氏のTと結婚することを話し合っていると言っていた。子供もいたら素敵なのにと言った。Aの妊娠を本当はどう思っているのだろう。
わたしは聞けないまま自分のボートに入ろうとした。
「もう少しで40になるのよ。わたし。」
Jが突然言ったので、わたしは自分の心が読まれた気分になって、なんだか一人で焦って、「おー!わお!」などとわけの分からないリアクションでアタフタとしていると、Jは少し笑った。
「あなたはいい人ね。カナルに一緒に行くことになって良かった。おやすみ。」
わたしも「グッ、グッドナイト。」と言って、彼女がボートに戻って行くのを見守った。

いつも、クールで落ち着いたJ。何があっても取り乱さない。わたしが何かお願いしても快く聞いてくれて、わたしを外国人としてではなく、人として対等に話してくれる。わたしの中での貴重な一人。
そんなJを少し理解したような、もっと分からなくなったような複雑な夜だった。

Jの思いを色々と考えたが、結局分からないまま、わたしは彼女がAのように幸せな顔で自分のことを話す日が早く来てくれるように願った。

大雪

わたしが嫌だと言っても、静止したまま動かないでいても、冬は予定通りにやって来る。
これはデジャヴかと言いたくなるぐらいに、クリスマスも正月も通帳に記載されてる金額まで、去年と何もかも一緒だった。違うのは薪ストーブが付いて暖かくなったくらいだ。
わたしはこのまま同じことを繰り返して歳を取って行くのかと思い、恐ろしくなった。

2009年の1月に入ると、なんだか急に寒くなった。テムズ川に氷の塊が浮いていて、ストーブ無しでは確実に過酷な冬になっていたと思う。
わたしと旦那は毎朝起きるたびにANのことを心配した。彼はシェパード犬二匹、猫二匹と一緒に釣り用の小さなクルーズボートに住んでいる。狭い空間にペット達とどうやって住んでいるのか、かなり謎なのだが、暖房設備がないので、夜どうやって寝ているのか、そっちの方がもっと謎だった。いくらペット4匹に囲まれているとしても、マイナスの気温は冷たいテムズ川の上では更に過酷だ。なので、わたしと旦那は、ANが凍死していないかと毎朝心配した。

そんな冬のある日、ロンドンに大雪が降った。一晩で雪国にワープしてしまったのかと思ったぐらいに積もった。ボートは雪に埋れて、いつもの外装とは変わって、少し神秘的にも見えた。

20140815062622b8d.jpg

ほとんどのバスや電車が止まってしまい、道路も閉鎖され、何人もの人達が仕事に行けなくなった。ロンドン中の学校が休校になり、その日一日が突然休息の日になった。
テムズ川の広場では子供だけではなく、大人までもが楽しそうに雪で遊んでいる。見知らぬ人にあまり声を掛けないイギリス人達が、すれ違いざまに挨拶をしたり、微笑みあったりしている。公園や広場ではたくさんの雪だるまが出現して、雪滑りを楽しむ子供達のはしゃぎ声が響いた。
もちろん、ボート仲間達も朝から雪で遊び、子供達以上に浮かれまくった。
Wは創作活動が大好きなので、半日かけて大きな人の顔をリアルに作った。他のボート仲間達も手伝っている。
わたしも日本で昔から親しまれている二段重ねの雪だるまを作った。鼻もミカンでつけてあげた。
旦那もわたしの横に雪だるまを作った。三段重ねので鼻は人参。
あれ?旦那の雪だるまは背が高くてスタイルがいいし、鼻も高いぞ?
そうか、イギリス人が雪だるまを作ると、こうなるのか。
二つの雪だるまを見比べて、余計なことに感心した。

誰もがうんざりするぐらいに長くて寒いイギリスの冬。貧乏生活は全く変わらず、暖房設備のないボート仲間を心配したりする変な環境だが、薪ストーブと大雪のおかげで楽しい冬になった。

予想外の出費

2008年10月。イギリスは秋真っ只中だった。もう水でシャワーを浴びるのに限界があった。
夏中わたしは少しだけお金をセーブできた。と言っても貯金などとは言えない金額で、少し息を吹きかけたら飛んで行ってしまいそうな額だ。
旦那はあと少しで銀行口座マイナスから脱出できそうなところだった。
それでも、ボイラーを買うにはまだまだ全然足りない。
そんなとき、電気屋のSがタイミングの悪い、いい話を二つ持って来た。一つはSがよく行くボートセンターで在庫処分で残ったボイラーを半額で処分したいと言っていたと言うのだ。在庫は一つしかないので、今買わないとすぐに無くなるだろうとのことだった。
二つ目はSとANが新しい発電機を買う予定だが、2つ以上買うと一つに対して二割ほど安くなるということで、わたし達も一緒に買わないかと言う。
必要なものが二つもバーゲン価格で買えるチャンスだ。でもわたし達にはお金がない。
旦那が言った。
「二人でまた銀行口座マイナスにして買おう。どっちにしろ買う予定のものだ。マイナスにしてまた少しずつ埋めていくのと、貯金してから買うのは、あまり変わらないだろう。」
えー!またマイナスにするのー?しかも、少しではない。大きいマイナスだ。
わたしに考える余裕は無かった。
旦那が言うには、ボイラーは冬前に絶対必要だし、発電機を買えば、いつもWのに頼らなくてよくなる。だからいつでもカナル(運河)に移動することができる、と言うのだ。
発電機までムリに買わなくてもと思っていたが、いつでもカナルに移動できると聞くと、やっぱり自分達の発電機が欲しくなる。

結局、次の週にはボイラーも発電機も買ってしまった。
旦那はボイラーを交換して大喜びだ。温かいシャワーをいち早く浴びて幸せそうだ。そして、念願の発電機が届いて、感動している。発電機のエンジン音を聞いて、「オレ達だけの音だ。すばらしい!」と、訳の分からないことを言った。
わたしは、ついに買ってしまったかと、少しショック状態だった。
3ヶ月後にはクリスマスが、正月がくる。12月末にはボートのライセンスも払わなければいけない。私書箱のお金も払わなければいけないし、ボートの保険だってある。インバータとバッテリーだって必要だし、ボートのローンは容赦無く毎月引き落とされる。このまましばらくマイナス生活から抜け出せないような気がして、気が遠くなりそうだった。
旦那はそんなことなど考える性格ではないので、満足そうにわたしに言った。
「オレ達の生活も、中流階級並みになったなあ。」
は?中流階級?
旦那よ、明日からは人並み以下の食生活だよ。。。
発電機もせっかく買ったが、ガソリン代が高いから、しばらくはあまり使えないよ。。。
そんな中流階級生活って聞いたこともないけど。

秋真っ只中、わたしの気分はすでに暗くて寒い冬真っ只中だった。

インターネット

ボート生活を始めてから、もう少しで一年が経とうとしていた。
わたしはその間、インターネットカフェなるものを利用していた。30分から1時間の利用で1から2ポンドと悪くはなかった。でも、わたし達が停滞している町にはインターネットカフェがないので、バスで30分ほどロンドン側に行かなければいけなかったので、なかなか不便だった。それに加え、旦那がサイドビジネスとしてやっているエンターテイナーの仕事を増やすために、まずホームページを開きたいと言い出したのだ。そうなると、ネットカフェでは間に合わない。
確かにエンターテイナーの仕事はエージェントからごくたまに仕事が入るくらいで、あまり家計には役立っていなかった。ホームページを作ってもう少し宣伝したら、もっと仕事が入ってくるかもしれない。
わたし達はさっそくケータイ電話の店に行って、電話線が無くてもインターネットが使える手段はあるかと聞きに行った。
今はモバイルインターネットやフリーインターネットなど色んな手段があるが、たった6年前なのに、その頃はスティック状のパソコンに直接繋げるドングルという物しかなかった。しかも、3Gバイトで日本円で月に約5千円もして、バイト数を超えると追加料金が異常に高かった。
バイト数が少なかったら、ホームページに写真をアップロードする数も限られる。月の支払いだけでも結構になるのに、追加料金ってことになったら大変なことになる。
実際、ホームページだって、作るのも宣伝するのもお金がかかる。世の中はお金がある人が得をするようにできてるのだ、ムリにホームページを作って時間もお金も損するんだったら、余裕ができてから考えてもいいだろうとわたしが言うと、旦那は、自分が毎月払うから契約しようと言った。

ドングルはケータイ屋に行ったその日に契約して、わたし達はさっそくボートに戻ってそれを使うことにした。
わたしも家でインターネットが使えるので、なんだか少し嬉しかった。
ワクワクしながら旦那と二人でドングルをパソコンにセットして、ダウンロードなどの手順を踏み、さあネットに繋げようと試みたが、繋がらない。どうやら電波が悪いらしい。
川の上で、しかも民家から離れた自然の中、ケータイの電波が悪ければ、インターネットの電波も悪いだろう。その上、わたし達のボートは鉄板でできているので、更に電波をシャットアウトする。
外に出てみると、かすかに電波をキャッチしてネットのブラウザが現れたが、非常に遅かった。こんな状態なら冗談ではなく、写真を一枚アップロードするだけで1時間はかかりそうだった。
その頃、イギリスのネット環境は日本に比べて少し遅れていた。日本で映画を一本ダウンロードするのに数分で済むところが、イギリスではすごく時間がかかっていた。その上ドングルとなると、更に遅い。
旦那がしびれを切らしてケータイ屋に電話をして契約を解約したいと言ったが、契約期間は一年で、その前に解約したら解約金を数百ポンド払わなければいけないと言われ、使えなければ意味がないので、そんな契約は関係ないと旦那が文句を言ったが、それなら正式に書面で苦情を言ってくれと言われ、面倒臭いので契約をそのまま続行することにした。

それから、わたしと旦那はいつもパソコンごと外に出てインターネットをすることになった。
ボート暮らしは現代の生活に合っていないのではないだろうか。テレビも見たければネットもしたい。ケータイも充電しなければいけないし、発電機は重要だ。
昔、テレビなどなかったような時代では、発電機など使っていなかっただろうし、シャワーだってなかっただろう。何もなければその暮らしで満足できるのだか、今の時代ではネットやケータイを使わないとなったら、とても不便だ。
時代が新しくなって便利になっていく度に、わたし達の生活は不便になっていく。
ボート暮らしは果たしてわたし達に合っているのだろうかと、今更ながら考えた。

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。